福岡女子大学
福岡女子大学 地域連携センター
地域連携センター 女性生涯学習研究部門 産学官地域連携 地域交流部門
研究者データベース
英語版へ
研究者詳細情報
国際文理学部 食・健康学科
研究者一覧へ戻る
太田 雅規
教授

太田 雅規

オオタ マサノリ

略歴

1995年 産業医科大学医学部卒業
1995年臨床研修医
1997年 株式会社住友金属和歌山製鐵所・財団法人和歌山健康センター 産業医
1999年 産業医科大学産業生態科学研究所健康開発科学 専門修練医
2001年 産業医科大学産業生態科学研究所健康開発科学 助手
2005年 博士(医学)取得
2006年 産業医科大学産業生態科学研究所健康開発科学 講師
2008年 Medical College of Wisconsin 博士研究員
2009年 産業医科大学産業生態科学研究所健康開発科学 講師
2012年 産業医科大学産業生態科学研究所健康開発科学 准教授
2012︎年 産業医科大学男女共同参画推進センター副センター長
2015年より現職.
労働衛生コンサルタント、日本産業衛生学会指導医, 日本医師会認定産業医, 日本医師会認定健康スポーツ医

取得学位

医学博士

研究テーマ

(1)生活習慣病や介護予防としての健康増進活動の実践的研究やそのメカニズムの解明
(2)特定保健指導のデータ解析と健診と食の基礎パターン分析
(3)学校における食育についての実践的研究
(4)スマートフォンを利用した血管年齢指標の測定の確立とそれを利用したオーダーメイド型運動処方システムの開発および効果の検証
(5)ストレス解析による非アルコール性肝障害発症機構の解明と防御
(6)食と労働適応能力との関係について

研究概要

生活習慣病や介護予防としての健康増進活動の実践的研究やそのメカニズムの解明
 栄養素や食品摂取の多様性との関連についても検証を行う予定である。また、遠隔による生活習慣病管理についての研究も行っている。

労働適応能力に関する研究
 仕事の要求を成し遂げる労働者の能力である労働適応能力を測定する方法や高める方法について、特に高年齢労働者対策の視点で実践的研究を行っている。

特定健康診査・特定保健指導についての研究
 集団のフォローアップデータを用いた効果の検証や将来予測の可能性についての研究を行っている。

主要研究業績等

  • Kazuaki Kawai, Hiroshi Kasai, Yun-Shan Li, Yuya Kawasaki, Shintaro Watanabe, Masanori Ohta, Toru Honda, Hiroshi Yamato(2018) Measurement of 8-hydroxyguanine as an oxidative stress biomarker in saliva by HPLC-ECD Genes and Environment 2018; 40: 5
  • 太田雅規(2018) 身体活動・運動のリスク管理(第13章) 江口泰正、中田由夫編. 「職場における身体活動・運動指導の進め方」大修館書店、東京、2018年1月、pp149-159.
  • 早渕仁美,上田晴陽,梅木陽子,江頭和佳子,太田雅規(2017) 小学校における「味覚の授業」が味の識別能力と食意識・食行動に及ぼす影響 日本食育学会誌. 2017; 11(4):323-333
  • Michishita R, Ohta M,Ikeda M, Jiang Y, Yamato H(2017) Effects of lifestyle modification on an exaggerated blood pressure response to exercise in normotensive females. Am J Hypertens 2017; 30(10): 999-1007
  • Ohta M, Higuchi Y, Kumashiro M, Yamato H, Sugimura H(2017) Decrease in Work Ability Index and sickness absence during the following year: a two-year follow-up study Int Arch Occup Environ Health. 2017; 90: 883-894.
  • Nishida Y, Tanaka K, Hara M, Hirao N, Tanaka H, Tobina T, Ikeda M, Yamato H, Ohta M(2017) Influence of a home-based exercise program on the urine pH in elderly female subjects: a secondary analysis of a randomized controlled trial. Eur Rev Aging Phys Act. 2017 May 16;14:7
  • Matsugaki R, Kuhara S, Saeki S, Jiang Y, Michishita R, Ohta M,Yamato H. (2017) Effectiveness of workplace exercise supervised by a physical therapist among nurses conducting shift work: A randomized controlled trial. J Occup Health 2017 Jul 27;59(4):327-335
  • 太田雅規、李知炯、松村健太、山越康弘、山越健弘(2016) スマートフォンを利用した血管年齢指標の測定の確立とそれを利用したオーダーメイド型運動処方システムの開発および効果の検証. 第47回「医学研究助成」研究報告書.平成26年度pp01-04
  • Michishita R, Ohta M, Ikeda M, Jiang Y, Yamato H.(2016) An exaggerated blood pressure response to exercise is associated with nitric oxide bioavailability and inflammatory markers in normotensive females. Hypertens Res 2016; 39:792-798.
  • 太田雅規(2016) 職場における健康保持増進活動の効果—生活習慣病及び仕事に関連する因子に着目して— 福岡県臨床外科学会会誌 2016; 38(2): 5-13
  • 道下竜馬、太田雅規、池田正春、姜英、大和浩(2016) 勤労者の労働時間,睡眠時間,休日数と運動負荷試験中の血圧反応との関係/Associations of the work duration, sleep duration and number of holidays with an exaggerated blood pressure response during an exercise stress test among workers 産業衛生学雑誌 2016; 58: 11-20
  • Nishida Y, Tanaka K, Hara M, Hirao N, Tanaka H, Tobina T, Ikeda M, Yamato H, Ohta M(2015) Effects of home-based bench step exercise on inflammatory cytokines and lipid profiles in elderly Japanese females: A randomized controlled trial Arch Gerontol Geriatr. 2015; 61: 443-451
  • Ohta M, Higuchi Y, Yamato H, Kumashiro M, Sugimura H(2015) Sense of coherence modifies the effect of overtime work on mental health. J Occup Health. 2015; 57 (3): 297-301
  • Ohta M, Eguchi Y, Inoue T, Honda T, Morita Y, Konno Y, Yamato H, Kumashiro M(2015) Effects of bench step exercise intervention on work ability in terms of cardiovascular risk factors and oxidative stress: a randomized controlled study. International Journal of Occupational Safety and Ergonomics (JOSE)2015; 21 (2): 141-149
  • 太田 雅規, 樋口 善之, 神代 雅晴, 大和 浩, 杉村 久理(2015) IT企業におけるストレス対処能力に着目した労働適応能力向上のための職場環境改善 J UOEH(産業医科大学雑誌); 2015: 37(1): 23-32
  • 大和浩、姜英、太田雅規(2015) 「たばこの規制に関する世界保健機関枠組条約」第8条「たばこの煙にさらされることからの保護」について 日本衛生学雑誌 2015; 70 (1): 3–14
  • Eguchi Y, Jinde M, Murooka K, Konno Y, Ohta M, Yamato H(2014) Stretching versus transitory icing: which is the more effective treatment for attenuating muscle fatigue after repeated manual labor? Eur J Appl Physiol. 2014 Dec;114(12):2617-23
  • Morita Y, Ohta M, Inoue T, Honda T, Konno Y, Eguchi Y, Yamato H(2014) Sense of coherence is significantly associated with both metabolic syndrome and lifestyle in Japanese computer software office workers. Int J Occup Med Environ Health. 2014 Dec;27(6):967-79
  • Hori A, Kasai H, Kawai K, Nanri A, Sato M, Ohta M, Mizoue T(2014) Coffee Intake is Associated With Lower Levels of Oxidative DNA Damage and Decreasing Body Iron Storage in Healthy Women Nutr Cancer. 2014;66(6):964-9
  • 太田雅規(2014) 働く高齢者のための健康・安全相談室 第2回 「高齢期に行う運動も、病気に対する改善効果はあるか」 エルダー、47ページ、2014年6月、発行:独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構、発売元:労働調査会
  • Ohta M, Kumashiro M, Eguchi Y, Morita Y, Konno Y, Yamato H(2014) The relationship between work ability and oxidative stress in Japanese workers Ergonomics. 2014 Aug;57(8):1265-73
  • 大和浩、太田雅規、中村正和(2014) 某ファミリーレストラングループにおける客席禁煙化前後の営業収入の相対変化.未改装点、分煙点の相対変化との比較 日本公衆衛誌 2014; 61(3): 130-135
  • Eguchi M, Ohta M, Yamato H(2013) The effects of single long and accumulated short bouts of exercise on cardiovascular risks in male Japanese workers: a randomized controlled study Ind Health. 2013 Dec 1;51(6):563-71.
  • 太田雅規(2013) マクロとミクロの視点から見た加齢に伴う変化, 加齢と運動. 神代雅晴編著, 「高年齢労働者のための職場づくり」 (2013年, 中央労働災害防止協会).
  • 太田雅規、大和浩(2013) 健康増進活動と産業医:運動を中心とした介入効果について 産業医科大学雑誌 第35巻 特集号 『産業医と労働安全衛生法四十年』: 141-149 (2013)
  • Takai J, Santu A, Zheng H, Koh SD, Ohta M, Filimban LM, Lemaître V, Teraoka R, Jo H, Miura H(2013) Laminar shear stress upregulates endothelial Ca2+-activated K+ channels KCa2.3 and KCa3.1 via a Ca2+/calmodulin-dependent protein kinase kinase/Akt/p300 cascade Am J Physiol Heart Circ Physiol. 2013 Aug 15;305(4):H484-93
  • 太田雅規、大和浩(2013) 講座 職場の健康管理「中小規模事業所における健康増進の取り組み」 日本義肢装具学会誌 2013; 29(4): 270-277
  • 守田祐作、井上智博、今野由将、太田雅規、大和浩(2013) ソフトウェア技術者における首尾一貫感覚および職業性ストレス要因と抑うつ感との関連についての比較検討 産業ストレス研究 2013;20:163-168
  • 太田雅規,江口泰正,井上智博,本多融,守田祐作,今野由将,大和浩(2013) 一般住民を対象とした慢性腎臓病に対する生活習慣修正指導の効果 日循予防誌 2013; 48(1): 1-8
  • Ohta M, Toyama K, Gutterman DD, Campbell WB, Lemaître V, Teraoka R, Miura H(2013) Ecto-5'-nucleotidase, CD73, is an endothelium-derived hyperpolarizing factor synthase Arterioscler Thromb Vasc Biol. 2013 Mar;33(3):629-36
  • 南里明子,木村安美,松下由実,太田雅規,佐藤匡央,三島徳雄,佐々木敏,溝上哲也(2012) 日本人の食生活パターンと抑うつ症状との関連 精神神経学雑誌 114巻 第107回学術総会特別号 2012; SS302-SS311.
  • Nanri A, Hayabuchi H, Ohta M, Sato M, Mishima N, Mizoue T(2012) Serum Folate and Depressive Symptoms Among Japanese Men and Women: A Cross-Sectional and Prospective Study Psychiatry Res. 2012; 200: 349-353
  • Ohta M, Tajiri Y, Yamato H, Ikeda M(2012) Effects of exercise therapy alone and in combination with a calcium channel blocker or an angiotensin-receptor blocker in hypertensive patients. Clin Exp Hypertens. 2012; 34(7): 523-529
  • Eguchi Y, Ohta M, Inoue T, Honda T, Morita Y, Konno Y, Yamato H(2012) Effects of transitory stimulation interval exercise on physical function: a randomized controlled pilot study among Japanese Subjects. J UOEH. 2012 Dec 1;34(4):297-308.
  • Ohta M, Hirao N, Mori Y, Takigami C, Eguchi M, Tanaka H, Ikeda M, Yamato H(2012) Effects of bench step exercise on arterial stiffness in post-menopausal women: Contribution of IGF-1 bioactivity and nitric oxide production. Growth Horm IGF Res.2012; 22: 36-41

学会発表

  • Y. Higuchi, M. Ohta, M. Kumashiro (2018) The deterioration tendency of health condition in age group and sex by follow-up ICOH 2018.April-May, Dublin
  • K. Kawai, Y.-S. Li, Y. Kawasaki, H. Kasai, S. Watanabe, H. Yamato, T. Honda, M. Ohta(2018) Salivary oxidative stress biomarker: 8-Hydroxyguanosine ICOH 2018.April-May, Dublin
  • Masanori Ohta, Yoshiyuki Higuchi, Hisamichi Sugimura, Masaharu Kumashiro(2018) Contribution of job satisfaction and overtime work to mental health:1-year follow-up study ICOH 2018.April-May, Dublin

関連専門分野

公衆衛生学、健康管理学、健康科学

所属学会

日本内科学会、日本高血圧学会、日本産業衛生学会(代議員)、日本公衆衛生学会(代議員)、日本臨床生理学会、日本健康支援学会、日本栄養改善学会、国際保健医療学会、日本循環器病予防学会、日本臨床栄養学会、日本健康・栄養システム学会、日本栄養・食糧学会、日本食育学会

外部資金の獲得状況

2017-2021年科研費基盤研究(A)・分担・「非アルコール性肝障害の発症機序解明および早期診断法の確立と予防法の提案」
2016-2018年科研費基盤研究(C)・分担・「太平洋島嶼国の肥満対策に資する食事調査ツールの開発」
2015-2016年科研費挑戦的萌芽研究・分担・「ストレス解析による非アルコール性肝障害発症機構の解明と防御」
2014-2016年厚労科研・分担・「化学物質特異的IgGのアレルギー診断と曝露モニタリングへの有用性に関する調査」
2013-2015年科研費基盤(C)・代表・「環境温度や実施時期に着目した運動効果と白色脂肪を褐色脂肪化する新規物質との関連性」
2012-2014年厚労科研・分担・「受動喫煙の防止を進めるための効果的な行政施策のあり方に関する研究」
2010年科研費基盤(C)・分担・「運動しやすい環境整備による運動習慣の獲得と酸化ストレスに対する効果」
2005-2006年科研費若手(B)・代表・「高齢者への筋力トレーニングを加味した有酸素運動が体力や酸化ストレスに及ぼす効果」

2016年文部科学省「スーパー食育スクール事業」受託事業
2017年文部科学省「つながる食育推進事業」受託事業

2014-2015年三井生命厚生財団・代表・「スマートフォンを利用した血管年齢指標の測定の確立とそれを利用したオーダーメイド型運動処方システムの開発および効果の検証」
2002-2003年(財)健康づくり事業団・研究代表「生活習慣修正指導の酸化的ストレスに対する効果と日常生活活動量の関与について」・研究代表
など.
  • 受賞歴

  • 担当講義科目

    学部

    担当科目 開講期 開講年度 内容
    実践疫学 前期 2017年度
    公衆衛生学実習 前期 2017年度
    食・健康科学基礎演習 後期 2017年度
    公衆衛生学 後期 2017年度
    保健医療福祉論 後期 2017年度
    食・健康科学総合演習 後期 2017年度
    卒業研究演習 通年 2017年度
    卒業論文 通年 2017年度

    大学院

    担当科目 開講期 開講年度 内容
    公衆衛生学特論 前期 2017年度
    公衆衛生学特別演習 後期 2017年度
    栄養健康科学特殊研究Ⅰ 通年 2017年度
    人間環境科学特殊演習 通年 2017年度
    人間環境科学特殊研修 通年 2017年度

    活用可能な分野(社会への貢献等)

    生活習慣病や介護予防としての健康増進活動
    人の仕事への適応を高める手段としての健康増進活動
    労働適応能力向上に着目した高年齢労働者対策

    関連領域

    • 食健康
    • 医療
    • 地域交流
     

    キーワード

    ヘルスプロモーション、生活習慣病、運動療法、労働適応能力、酸化ストレス

    高校等への出前講義テーマ

    運動を中心とした健康増進活動について
    75歳定年制に向けての課題
    産業医って何?

    ページTOPへ