NEWS&TOPICS

NEWSTOPICS

2017.05.15活動報告

「イノベーション創出力を持った女性リーダー育成プログラム」第3期開講しました

5/13(土)社会人学び直し大学院プログラム「イノベーション創出力を持った女性リーダー育成プログラム」第3期開講しました。

冒頭挨拶は福岡女子大学 渡辺副理事長より頂戴いたしました。

 開講式には、
 前 福岡県副知事
 現 公益財団法人福岡県女性財団 理事長 
     福岡女子大学客員教授 海老井 悦子様
 をはじめ、講師陣など多くの方にご出席いただきました。
 受講生は緊張の中にも、新しい学びに期待を高まらせています。


 海老井理事長からは
「女性リーダーは現在の社会では欠かせない存在であり。今まで各職場では女性をターゲットとして育成の仕組みが殆ど取り組んでおりませんでしたが、今非常に重視されております。」また、「リーダーシップ、リーダー像、チームワークの大切さ」についての生のメッセージを頂きました。


海老井理事長講演の様子 

 続いて、該当講座「イノベーション創出力を持った 女性リーダー育成プログラム」の
コーディネーター 岸先生より「学び直しとは?学び直しプログラムの学び方」というテーマで特別講義を行いました。



講座中、今まで皆さんがなんとなく理解していたような、「イノベーションって」について、岸先生よりとても分かりやすく解釈頂きました。それから 岸先生のご自身の経験を通して、「学び直しってなんですか?」「なぜ、必要ですか」について語って頂きました。

その後は、受講生相互の交流を兼ねてミニワークショップを実施。ほとんどの人が初対面の中でしたが、みなさん、早くも打ち解けた様子で、楽しそうに語らう姿が印象的でした。
ワークショップでは、「とりあえずやってみる」を実践、ゲーム感覚で「自己紹介も兼ねて 全員の名前をすばやく覚える方法を編み出せ」というテーマで受講生間に意見を交換しあいました。「とりあえずやってみる」を深め、再編し、関心があることを広げていく・・・そんな1年間にしていけたらと思っています。




1期生と2期生からは「学ぶ旅」にかけたステキなお祝いメッセージも届きました。


 

 学内見学、そしてランチへ


午後からは、オープニングスペシャルセッションとしてモジュール3「イノベーションを実践する」をご担当いただく九州産業大学聞間理先生の進行で レゴ®シリアスプレイ®ワークショップを行いました。

 レゴ®シリアスプレイ®はモジュール3の初日にもテーマ設定、チームづくりのためのツールとして活用します。講座開講日であるこの日は簡単なワークから始まり、それぞれの受講生が今の自分の状態を見つめ、それを形作り、周りの人と共有し、再度振り返る・・・というワークを繰り返していきました。




個性豊かな、その人らしさがあらわれるモデルがたくさん出来上がりました。
このモデルがどう変化していくのか、これから1年間が本当に楽しみです。


 講座の様子は随時、このウェブサイト上でお知らせしていきます。


 <お問い合わせ>
 福岡女子大学 女性学び直し支援室
manabi@fwu.ac.jp
 092-692-3198