福岡女子大学
福岡女子大学 地域連携センター
地域連携センター 女性生涯学習研究部門 産学官地域連携 地域交流部門
研究者データベース
英語版へ
研究者詳細情報
国際文理学部 食・健康学科
研究者一覧へ戻る
小林 弘司
准教授

小林 弘司

コバヤシ ヒロシ

略歴

1974年7月22日 熊本に生まれる。
1999年3月   九州大学 農学部 食糧化学工学科 卒業
2001年3月   九州大学大学院 生物資源環境科学研究科 修士課程 修了
2004年3月   九州大学大学院 生物資源環境科学府 博士課程 修了
2004年4月   九州大学ベンチャービジネスラボラトリー 中核的研究機関 研究員
2005年4月   Mount Desert Island Biological Laboratory 博士研究員
2007年4月   株式会社 IBC プロジェクトマネージャー
2007年9月   福岡県産業・科学技術振興財団 研究員 (プロジェクトリーダー)
2011年4月   福岡女子大学 国際文理学部 食・健康学科 講師
2017年4月   福岡女子大学 国際文理学部 食・健康学科 准教授
                  現在に至る

取得学位

博士 (農学)

研究テーマ

食品危害因子の迅速検査法の開発
Campylobacter jejuni の損傷と回復に関する研究
SPRセンサによる細胞毒性評価法の開発
微生物由来揮発性化合物による微生物の同定法の開発
冷凍食品を媒介とする薬剤耐性菌の移入状況に関する研究
CAS冷凍下における細菌の生残性に関する研究

主要研究業績等

  • 草場悠里,山内良子,小林弘司,島村智子, 伊藤裕才, 受田浩之, 穐山 浩, 石川洋哉(2018) 既存添加物チャ抽出物におけるDPPHラジカル消去能と他の抗酸化能との活性相関/既存添加物チャ抽出物におけるDPPHラジカル消去能と他の抗酸化能との活性相関 日本食品保蔵科学会誌, 印刷中
  • Kobayashi H., Yamauchi R., Minami I., Kajiya A., Nagafuji S., and Hiroya Ishikawa. (2018) Antioxidant and Antibacterial Capacities of Fukugetin and Xanthones from Fukugi (Garnia Subelliptica) Food preserv. sci.44(1), 3-8, 2018-01

学会発表

  • 南 育子,鈴木敦弓,井口鈴音,小林弘司, 石川洋哉(2017) リポソームを用いた抗酸化反応系におけるロスマリン酸と各種抗酸化物の相互作用解析 日本農芸化学会2018年度大会 名古屋
  • 小林 弘司、中原 萌、緒方 千晶、皆川奈緒、山内 良子、石川 洋哉 (2017)  Evaluation of cytotoxicity by Surface Plasmon Resonance (SPR) sensor using cell-immobilized sensor chip 日本農芸化学会 2018年度大会(名古屋・名城大学)
  • 岡田朋恵、米満希咲、石田みどり、石川洋哉、小林弘司(2017) 加熱損傷Campylobacter jejuniの損傷 日本食品微生物学会 第38回学術総会(徳島 郷土文化館)
  • 菊池 佑美佳 、太田香穂 、宮野敬之 、小林弘司 、石川洋哉(2017) 超高速GCを用いた南阿蘇産ハーブ類の香気特性評価 第54回化学関連支部合同九州大会 福岡県
  • 草場悠里、山内良子、宮野敬之、小林弘司、安田みどり、石川洋哉(2017) 熊本県南阿蘇産ハーブ類の熱水抽出物の各種抗酸化能評価 第54回化学関連支部合同九州大会 福岡県
  • 太田香穂 、川本友梨亜 、小林弘司 、石川洋哉(2017) 電子嗅覚ノーズとにおい嗅ぎGC/MSシステムを併用した 各種抗酸化物によるリノール酸由来異臭成分の生成抑制挙動の解析 第54回化学関連支部合同九州大会 福岡県
  • 岡田朋恵、米満希咲、山内良子、石川洋哉、小林弘司(2017) Campylobacter jejuniの緩衝液中での生残性 第54回 化学関連支部合同九州大会
  • 菊池佑美佳、山内良子、宮野敬之、小林弘司、石川洋哉(2017) 南阿蘇産ハーブ類の香り特性評価 日本食品保蔵科学会 第66回大会(高知県立大学永国寺キャンパス)
  • 草場悠里,山内良子,小林弘司,島村智子,受田浩之,穐山浩,石川洋哉(2017) 既存添加物チャ抽出物のDPPHラジカル消去能と他の抗酸化能との活性相関 日本食品保蔵科学会 日本食品保蔵科学会 第66回大会(高知県立大学永国寺キャンパス)
  • 小林弘司、米満希咲、岡田朋恵、石川洋哉(2017) 加熱損傷 Campylobacter jejuni の緩衝液中での消長および薬剤の影響 損傷菌セミナー2017、東京都江東区豊洲シビックセンター
  • Hiroshi KOBAYASHI, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto(2017) Simultaneous detection of Major Food-poisoning Bacteria by Immunochromatography and Surface plasmon resonate biosensor Gender Summit 10 (OIST, Okinawa, Japan)
  • Tomoe Okada, K. Suda, R. Yamauchi, H. Ishikawa, and H. Kobayashi(2017) Recovery of heat-injured Campylobacter jejuni on plating method Gender Summit 10 (OIST, Okinawa, Japan)
  • 岡田朋恵、須田京子、山内良子、石川洋哉、小林弘司(2016) Campylobacter jejuniの加熱損傷からの回復に関する研究 第53回 化学関連支部合同九州大会

所属学会

食品科学工学会,食品衛生学会,食品微生物学会

外部資金の獲得状況

2018-2020年度 基盤研究C(研究代表)細菌由来の揮発性化合物を指標とする食品危害細菌検出法の開発
2015-2017年度 基盤研究C(研究代表)培養細胞固定化センサチップを用いたSPRセンサによる細胞毒性評価法の開発
2013-2014年度 若手研究B(研究代表)C.jejuniの損傷,VNC化および回復に関する基礎研究
   2014年度 FBCC産学連携プロジェクト(研究代表)柚子を活用した新規機能性食品・化粧品の開発
2011-2012年度 研究活動スタート支援(研究代表) 「カキ培養細胞を用いたノロウイルス濃縮法の開発」
   2011年度 地域イノベーションクラスター創成事業「安全・安心のためのバイオエレクトロニクス技術の研究開発と
        センシングLSI化」 (受託研究)

担当講義科目

学部

担当科目 開講期 開講年度 内容
国際社会における食の安全・安心 前期 2018年度
国際食文化論Ⅱ 前期 2018年度
英文講読 前期 2018年度
食品安全学 前期 2018年度
微生物学実験 前期 2018年度
食・健康科学基礎演習 後期 2018年度
微生物学 後期 2018年度
食品安全学実験 後期 2018年度
食・健康科学総合演習 後期 2018年度
卒業研究演習 通年 2018年度
卒業論文 通年 2018年度
世界の食と文化 1Q 2018年度

大学院

担当科目 開講期 開講年度 内容
食品衛生学特論 前期 2018年度
食品衛生学特別演習 後期 2018年度

関連領域

  • 文化・歴史
  • 食健康
  • 産学官連携
  • 国際交流
 

高校等への出前講義テーマ

食品の安全・安心

フォト研究紹介


ページTOPへ