福岡女子大学
福岡女子大学 地域連携センター
地域連携センター 女性生涯学習研究部門 産学官地域連携 地域交流部門
研究者データベース
英語版へ
研究者詳細情報
国際文理学部 環境科学科
研究者一覧へ戻る
岩﨑 慎平
准教授

岩﨑 慎平

イワサキ シンペイ

略歴

2005年 千葉大学法経学部総合政策学科 卒業
2007年 京都大学大学院地球環境学舎環境マネジメント専攻修士課程 修了
2010年 京都大学大学院地球環境学者地球環境学専攻博士課程 修了
2010~2012年 日本学術振興会特別研究員(総合地球環境学研究所)
2012年 龍谷大学地域協働総合センター 博士研究員
2013年 福岡女子大学国際文理学部環境科学科 講師
2016年 福岡女子大学国際文理学部環境科学科 准教授

取得学位

博士(地球環境学)

研究テーマ

環境配慮に向けた生活行動および環境資源管理に関する研究

研究概要

環境問題は、人と自然との関係の在り方、ひいては私たち一人ひとりの生活の在り方を問い直すことが求められる。本研究室では、生活者の視点に立ち、私たちの生活条件を規定する「環境資源」に着目し、以下の課題を中心としてアジアで暮らす人の営みと環境変化の相互作用を追究する。

1.環境情報に基づく人々の態度・行動変容の評価
2.環境資源管理に係る歴史的変遷の解明と当事者の対処行動の分析
3.環境変化に伴う地域コミュニティ問題の評価・分析

主要研究業績等

関連専門分野

・行動科学
・社会心理学
・コモンズ研究
・農村開発

所属学会

・生き物文化誌学会
・国際開発学会
・日本環境教育学会

外部資金の獲得状況

1.科研費 若手B(平成26~28年度)「海岸侵食に伴う漁村社会の生活・生業変容に関する研究」
2.科研費 特別研究員奨励費(平成22~24年度)「汽水湖漁業にみるコモンズの生成と流域環境ガバナンスへの射程」
3.科研費 特別研究員奨励費(平成19~21年度)「途上国地域の自立的発展に向けた地域開発のあり方」

担当講義科目

学部

担当科目 開講期 開講年度 内容
持続可能社会の設計 前期 2017年度
環境生活論および実習Ⅰ 前期 2017年度
環境生活学 前期 2017年度
環境影響評価実験 後期 2017年度
環境生活演習Ⅴ 後期 2017年度
都市環境生活論 後期 2017年度
環境生活論および実習Ⅱ 後期 2017年度
卒業研究演習 通年 2017年度
卒業論文 通年 2017年度

大学院

担当科目 開講期 開講年度 内容
生活環境管理学特論 前期 2017年度
環境マネジメント特別演習Ⅱ 後期 2017年度
国際インターンシップ 通年 2017年度
国際研究活動 通年 2017年度

活用可能な分野(社会への貢献等)

・アンケートのデータ活用(環境教育やボランティア活動に基づく態度・行動変容の評価)
・環境配慮行動の促進に向けた社会実験

関連領域

  • 社会システム
  • 環境科学
 

キーワード

社会的ジレンマ、環境配慮行動、ナッジ、コモンズ、生活行動、生態系サービス、野外調査

高校等への出前講義テーマ

・湿地に生きる人々とワイズユース
・社会的ジレンマにみる環境問題
・エコな態度と行動:意思決定について考える
・環境配慮行動に向けた取り組み

ページTOPへ