福岡女子大学
福岡女子大学 地域連携センター
地域連携センター 女性生涯学習研究部門 産学官地域連携 地域交流部門
研究者データベース
英語版へ
研究者詳細情報
国際文理学部 環境科学科
研究者一覧へ戻る
猪股 伸幸
准教授

猪股 伸幸

イノマタ ノブユキ

略歴

1991年 九州大学理学部生物学科卒業
1993年 九州大学大学院理学研究科生物学専攻修士課程修了
1996年 日本学術振興会特別研究員DC
1997年 九州大学大学院医学系研究科分子生命科学専攻博士課程修了
1997年 日本学術振興会特別研究員PD
1997年 九州大学大学院理学研究院 助手
2007年 九州大学大学院理学研究院 助教
2011年 福岡女子大学国際文理学部 准教授
2015年 福岡女子大学大学院人間環境科学研究科修士課程 准教授

取得学位

博士(理学)

研究テーマ

生物の進化メカニズムに関する研究

研究概要

自然界には多種多様な生物が存在しています。彼らは様々な環境にうまく適応し、また、共存しているようにみえます。同じ種であっても違いは存在します。これらは進化の結果に他なりません。では、生物の進化はどのような仕組みで生じているのでしょうか。この疑問に答えるべく、遺伝学、集団遺伝学、分子進化学、分子生物学の手法を使って研究を行っています。主な研究材料として遺伝学実験に利点のあるショウジョウバエを用いていますが、共同研究では、アジア熱帯林のフタバガキや汽水域のマングローブなどの樹木や熱帯メダカも対象にしています。進化遺伝研究で得られる知見は、環境保全や生物多様性のあり方を考えるきっかけとなります。

現在は主に以下の研究課題に取り組んでいます。
・ 適応進化の遺伝基盤
・ 重複遺伝子の分子進化
・ 遺伝子発現調節の進化
・ 生物の系統地理

主要研究業績等

  • Akira Ooyagi, Daniel F. Mokodongan, Javier Montenegro, Ixchel F. Mandagi, Noriyuki Koizumi, Yoshiyasu Machida, Nobuyuki Inomata, Sergey V. Shedko, Arief A. Hutama, Renny K. Hadiaty, Kazunori Yamahira(2017) Phylogeography of the eight-barbel loach Lefua nikkonis (Cypriniformes: Nemacheilidae): how important were straits in northern Japan as biogeographical barriers? Ichthyol Res DOI 10.1007/s10228-017-0597-0, Online ver. (in press)

関連専門分野

集団遺伝学
分子進化学

所属学会

日本遺伝学会
日本進化学会

外部資金の獲得状況

平成29年度~平成31年度 科研費 基盤研究(C) 代表「同所的に生息する湖沼性淡水魚の体色の類似化と色覚の関連性に関する研究」
平成26年度~平成27年度 科研費 挑戦的萌芽研究 分担「スラウェシ島の湖沼性淡水魚における体色の多様と類似化に関する研究」
平成23年度~平成25年度 科研費 基盤研究(C) 代表「遺伝子発現調節の進化メカニズム」
平成22年度~24年度 科研費 基盤研究(B)・一般 連携「最終氷期以降の分布拡大に伴う森林樹木の遺伝的適応に関する集団遺伝学的研究」
平成21年度~23年度 受託研究 環境省・地球環境研究総合推進費 研究参画者「熱帯林の減少に伴う森林劣化の評価手法の確立と多様性維持」
平成17年度~平成19年度 科研費 基盤研究(C) 分担「連鎖不平衡解析による細胞外・細胞膜分子間の相互作用の検出と種間比較」
平成17年度~平成19年度 科研費 基盤研究(B)・海外学術調査 分担「Material collection for comprehensive phylogeny of the family Dipterocarpaceae」
平成17年度~平成19年度 科研費 若手研究(B) 代表「重複遺伝子の進化機構の解明」
平成15年度 第27回 山田科学振興財団研究援助 研究協力者「自然集団変異を利用した嗅覚・味覚受容体遺伝子間の機能ネットワークの構築」
平成13年度~平成15年度 科研費 基盤研究(B)・海外学術調査 分担「Internet based DNA database for genetic studies on tropical species from South Eastern Asia」
平成13年度~平成15年度 科研費 基盤研究(B)・一般 分担「Genetic Variation and Reproductive Biology of Fragmented Dipterocarps in Thailand」
平成13年度~平成14年度 科研費 奨励研究(A) 代表「環境変化に応答する遺伝子の同定と進化機構の解明」
平成13年度 第13回 加藤記念研究助成 代表「アミノ酸及び遺伝子発現調節領域における変異の適応度(生存競争)への効果について」
平成11年度~平成13年度 科研費 基盤研究(B)・一般 分担「熱帯林における生物間相互作用の遺伝と進化:樹木-外生菌根菌-昆虫間共生と特異性」
平成10年度~平成12年度 科研費 基盤研究(A) 分担「種分化にかかわる遺伝子の同定と解析」
平成10年度~平成11年度 科研費 奨励研究(A)代表「ショウジョウバエにおける多重アミラーゼ遺伝子族の発現分化と適応進化」
平成8年度〜平成9年度 科研費 特別研究員奨励費 代表「Drosophila属における重複アミラーゼ遺伝子についての分子進化学的研究」

担当講義科目

学部

担当科目 開講期 開講年度 内容
環境生命論および実習Ⅰ 前期 2017年度
生命科学演習Ⅴ 前期 2017年度
保全生物学 前期 2017年度
生命科学基礎実験 前期 2017年度
遺伝学 後期 2017年度
分子進化学 後期 2017年度
環境生命論および実習Ⅱ 後期 2017年度
卒業研究演習 通年 2017年度
卒業論文 通年 2017年度

大学院

担当科目 開講期 開講年度 内容
進化遺伝学特論 前期 2017年度
環境自然科学特別演習Ⅳ 後期 2017年度

活用可能な分野(社会への貢献等)

理科教育等における遺伝学実験のアドバイス
高大連携(スーパーサイエンスハイスクール等)

関連領域

  • 環境科学
 

キーワード

進化 適応 遺伝 変異 重複遺伝子 ショウジョウバエ

高校等への出前講義テーマ

DNAから読み解く野生生物の過去・現在

フォト研究紹介



ページTOPへ