福岡女子大学
福岡女子大学 地域連携センター
地域連携センター 女性生涯学習研究部門 産学官地域連携 地域交流部門
研究者データベース
英語版へ
研究者詳細情報
国際文理学部 食・健康学科
研究者一覧へ戻る
准教授

南里 明子

ナンリ アキコ

略歴

2002年 福岡女子大学人間環境学部栄養健康科学科卒業
2004年 福岡女子大学大学院人間環境学研究科栄養健康科学専攻修了 人間環境学修士取得
2008年 九州大学大学院医学系学府環境社会医学専攻修了 医学博士取得
2008年 国立国際医療センター研究所国際保健医療研究部研究員
2011年 国立国際医療研究センター疫学予防研究部栄養疫学研究室室長
2016年 国立国際医療研究センター疫学・予防研究科生活習慣病予防研究室(部の所管と名称変更)室長
2017年 福岡女子大学国際文理学部食・健康学科 准教授

取得学位

博士(医学)

研究テーマ

糖尿病や抑うつに関する栄養疫学研究

研究概要

 糖尿病やうつ病患者は、日本だけではなく世界的に増加しており、これら疾患が進行した場合には合併症や自殺を引き起こすため、発症を予防することが重要である。糖尿病やうつ病には、ストレスや喫煙、身体活動などの生活習慣が深く関与していることが分かってきているが、食生活についてはどの程度関与しているのかまだあまり分かっていない。これまでに、日本人が伝統的に食している米飯や魚、大豆製品などの摂取と糖尿病発症との関連を検討し、女性では米飯の摂取が少ないほど、また、男性では魚の摂取が多いほど、糖尿病のリスクが低いことを明らかにした。抑うつに関しては、血中の葉酸やビタミンD濃度との負の関連を報告した。さらに、個々の食品や栄養素だけでなく、食事全体を考慮した食事パターン分析を用いて、糖尿病や抑うつに関連する食事要因についての研究を進めている。

主要研究業績等

  • Nanri A, Mizoue T, Shimazu T, Ishihara J, Takachi R, Noda M, Iso H, Sasazuki S, Sawada N, Tsugane S; Japan Public Health Center-Based Prospective Study Group.(2017) Dietary patterns and all-cause, cancer, and cardiovascular disease mortality in Japanese men and women: The Japan public health center-based prospective study. PLoS One 2017;12:e0174848.
  • Nanri A, Nakagawa T, Kuwahara K, Yamamoto S, Honda T, Okazaki H, Uehara A, Yamamoto M, Miyamoto T, Kochi T, Eguchi M, Murakami T, Shimizu C, Shimizu M, Tomita K, Nagahama S, Imai T, Nishihara A, Sasaki N, Hori A, Sakamoto N, Nishiura C, Totsuzaki T, Kato N, Fukasawa K, Huanhuan H, Akter S, Kurotani K, Kabe I, Mizoue T, Sone T, Dohi S; Japan Epidemiology Collaboration on Occupational Health Study Group.(2015) Development of Risk Score for Predicting 3-Year Incidence of Type 2 Diabetes: Japan Epidemiology Collaboration on Occupational Health Study. PLoS One 2015;10:e0142779.
  • Nanri A, Mizoue T, Kurotani K, Goto A, Oba S, Noda M, Sawada N, Tsugane S; Japan Public Health Center-Based Prospective Study Group.(2015) Low-carbohydrate diet and type 2 diabetes risk in Japanese men and women: the Japan public health center-based prospective study. PLoS One 2015;10:e0118377.
  • Nanri A, Mizoue T, Poudel-Tandukar K, Noda M, Kato M, Kurotani K, Goto A, Oba S, Inoue M, Tsugane S; Japan Public Health Center-based Prospective Study Group.(2013) Dietary patterns and suicide in Japanese adults: the Japan Public Health Center-based Prospective Study. Br J Psychiatry 2013;203:422-7.
  • Nanri A, Shimazu T, Takachi R, Ishihara J, Mizoue T, Noda M, Inoue M, Tsugane S; Japan Public Health Center-based Prospective Study Group.(2013) Dietary patterns and type 2 diabetes in Japanese men and women: the Japan Public Health Center-based Prospective Study. Eur J Clin Nutr 2013;67:18-24.
  • Nanri A, Hayabuchi H, Ohta M, Sato M, Mishima N, Mizoue T.(2012) Serum folate and depressive symptoms among Japanese men and women: a cross-sectional and prospective study. Psychiatry Res 2012;200:349-53.
  • Nanri A, Mizoue T, Noda M, Takahashi Y, Matsushita Y, Poudel-Tandukar K, Kato M, Oba S, Inoue M, Tsugane S; Japan Public Health Center-based Prospective Study Group.(2011) Fish intake and type 2 diabetes in Japanese men and women: the Japan Public Health Center-based Prospective Study. Am J Clin Nutr 2011;94:884-91.
  • Nanri A, Foo LH, Nakamura K, Hori A, Poudel-Tandukar K, Matsushita Y, Mizoue T.(2011) Serum 25-hydroxyvitamin d concentrations and season-specific correlates in Japanese adults. J Epidemiol 2011;21:346-53.
  • Nanri A, Mizoue T, Noda M, Takahashi Y, Kato M, Inoue M, Tsugane S; Japan Public Health Center-based Prospective Study Group.(2010) Rice intake and type 2 diabetes in Japanese men and women: the Japan Public Health Center-based Prospective Study. Am J Clin Nutr 2010;92:1468-77.
  • Nanri A, Kimura Y, Matsushita Y, Ohta M, Sato M, Mishima N, Sasaki S, Mizoue T.(2010) Dietary patterns and depressive symptoms among Japanese men and women. Eur J Clin Nutr 2010;64:832-9.
  • Nanri A, Mizoue T, Takahashi Y, Kirii K, Inoue M, Noda M, Tsugane S.(2010) Soy product and isoflavone intakes are associated with a lower risk of type 2 diabetes in overweight Japanese women. J Nutr. 2010;140:580-6.
  • Nanri A, Mizoue T, Matsushita Y, Sasaki S, Ohta M, Sato M, Mishima N.(2010) Serum folate and homocysteine and depressive symptoms among Japanese men and women. Eur J Clin Nutr 2010;64:289-96.
  • Nanri A, Mizoue T, Matsushita Y, Poudel-Tandukar K, Sato M, Ohta M, Mishima N.(2009) Association between serum 25-hydroxyvitamin D and depressive symptoms in Japanese: analysis by survey season. Eur J Clin Nutr 2009;63:1444-7.
  • Nanri A, Mizoue T, Yoshida D, Takahashi R, Takayanagi R.(2008) Dietary patterns and A1C in Japanese men and women. Diabetes Care 2008;31:1568-73.
  • Nanri A, Yoshida D, Yamaji T, Mizoue T, Takayanagi R, Kono S.(2008) Dietary patterns and C-reactive protein in Japanese men and women. Am J Clin Nutr 2008;87:1488-96.

外部資金の獲得状況

平成21~23年度 科学研究費助成事業 若手研究(B)「葉酸の摂取及び血中濃度と抑うつに関する職域疫学研究」
平成23~25年度 国立国際医療研究センター国際医療研究開発事業「血中ビタミンD濃度とインフルエンザ発症に関するコホート研究」
平成25年度   上原記念生命科学財団 研究奨励金「脳由来神経栄養因子とビタミンDに関する疫学研究」
平成25~28年度 科学研究費助成事業 若手研究(A)「うつの予測因子としての脳由来神経栄養因子と食事・栄養要因に関する職域疫学研究」
  • 受賞歴

  • 担当講義科目

    学部

    担当科目 開講期 開講年度 内容
    公衆栄養学 前期 2017年度
    公衆栄養学実習 前期 2017年度
    実践栄養活動論 前期 2017年度
    食・健康科学基礎演習 後期 2017年度
    栄養マネジメント論 後期 2017年度
    食・健康科学総合演習 後期 2017年度
    公衆栄養学臨地実習 後期 2017年度
    臨地実習事前・事後指導 通年 2017年度
    卒業研究演習 通年 2017年度
    卒業論文 通年 2017年度

    大学院

    担当科目 開講期 開講年度 内容
    実践栄養学特論 前期 2017年度
    実践栄養学特別演習 後期 2017年度

    活用可能な分野(社会への貢献等)

    糖尿病や抑うつに関連する栄養素、食品、食事パターンについての情報提供(国内外の研究から)

    研究者としてのニーズ

    調査への協力やデータ提供(例えば健診データなど)
    糖尿病や抑うつ、栄養に関するバイオマーカーについての情報や測定技術

    関連領域

    • 食健康
     

    高校等への出前講義テーマ

    糖尿病や抑うつに関連する食事要因について(国内外の研究の紹介、解説など)
    人を対象とした調査実施の大変さや食事調査について

    ページTOPへ