福岡女子大学
福岡女子大学 地域連携センター
地域連携センター 女性生涯学習研究部門 研究支援部門 地域交流部門
研究者データベース
英語版へ
研究者詳細情報
国際文理学部 食・健康学科
研究者一覧へ戻る
准教授

南里 明子

ナンリ アキコ

略歴

2002年 福岡女子大学人間環境学部栄養健康科学科卒業
2004年 福岡女子大学大学院人間環境学研究科栄養健康科学専攻修了 人間環境学修士取得
2008年 九州大学大学院医学系学府環境社会医学専攻修了 医学博士取得
2008年 国立国際医療センター研究所国際保健医療研究部研究員
2011年 国立国際医療研究センター疫学予防研究部栄養疫学研究室室長
2016年 国立国際医療研究センター疫学・予防研究科生活習慣病予防研究室(部の所管と名称変更)室長
2017年 福岡女子大学国際文理学部食・健康学科 准教授

取得学位

博士(医学)

研究テーマ

糖尿病や抑うつに関する栄養疫学研究

研究概要

 糖尿病やうつ病患者は、日本だけではなく世界的に増加しており、これら疾患が進行した場合には合併症や自殺を引き起こすため、発症を予防することが重要である。糖尿病やうつ病には、ストレスや喫煙、身体活動などの生活習慣が深く関与していることが分かってきているが、食生活についてはどの程度関与しているのかまだあまり分かっていない。これまでに、日本人が伝統的に食している米飯や魚、大豆製品などの摂取と糖尿病発症との関連を検討し、女性では米飯の摂取が少ないほど、また、男性では魚の摂取が多いほど、糖尿病のリスクが低いことを明らかにした。抑うつに関しては、血中の葉酸やビタミンD濃度との負の関連を報告した。さらに、個々の食品や栄養素だけでなく、食事全体を考慮した食事パターン分析を用いて、糖尿病や抑うつに関連する食事要因についての研究を進めている。

主要研究業績等

  • Nanri A, Mizoue T, Goto A, Noda M, Sawada N, Tsugane S.(2023) Vitamin D intake and all-cause and cause-specific mortality in Japanese men and women: The Japan Public Health Center-based Prospective Study. Eur J Epidemiol
  • Nanri A, Fujiwara A, Miyake H, Kashino I, Mizoue T.(2022) Development, Relative Validity, and Reproducibility of a Short Food Frequency Questionnaire for the Japanese. Nutrients 2022;14:4394
  • Shimmura N, Nanri A, Kashino I, Kochi T, Eguchi M, Kabe I, Mizoue T.(2022) Prospective association of confectionery intake with depressive symptoms among Japanese workers: The Furukawa Nutrition and Health Study. Br J Nutr 2022;128:139-144
  • Nanri A, Yamamoto S, Konishi M, Ohmagari N, Mizoue T.(2022) Green tea consumption and SARS-CoV-2 infection among staff of a referral hospital in Japan. Clin Nutr Open Sci 2022;42:1-5
  • Nanri A, Eguchi M, Kochi T, Kabe I, Mizoue T.(2021) Green tea consumption and depressive symptoms among Japanese workers: The Furukawa Nutrition and Health Study. Nutrients 2021;14:167
  • Yoko J, Nanri A, Eguchi M, Kochi T, Kabe I, Mizoue T.(2021) Total, low-fat, and full-fat dairy consumption and risk of metabolic syndrome among workers. Clin Nutr ESPEN 2021;46:350-355
  • 南里明子(2021) 抑うつと栄養・食生活(特集「臨床に活かす!日本発の栄養疫学研究からのエビデンス」) 臨床栄養 2021;39(2):209-221
  • Nanri A, Liu T, Kochi T, Eguchi M, Kabe I, Mizoue T.(2021) Carbohydrate score and rice intake for breakfast, lunch, and dinner and impaired glucose metabolism in a working population: a cross-sectional study Clin Nutr ESPEN 2021;43:259-266
  • Nanri A, Nakamoto K, Sakamoto N, Imai T, Mizoue T.(2021) Green tea consumption and influenza infection among Japanese employees Eur J Clin Nutr 2021;75:976-979
  • Nanri A, Miyaji N, Kochi T, Eguchi M, Kabe I, Mizoue T.(2020) Eating speed and risk of metabolic syndrome among Japanese workers: The Furukawa Nutrition and Health Study. Nutrition 2020;78:110962
  • Nanri A, Takazaki A, Kochi T, Eguchi M, Mizoue T.(2020) Fish cooking methods and impaired glucose metabolism among Japanese workers: The Furukawa Nutrition and Health Study. Nutrients 2020;12:1775
  • Nanri A, Nagai C, Kochi T, Eguchi M, Kabe I, Mizoue T.(2020) Diet quality and depressive symptoms among workers Clin Nutr 2020;39:1951-1957
  • 南里明子(2020) 葉酸とうつ(特集1「うつと食事の関係」) 食と医療 2020;13:26-34
  • Nanri A, Kochi T, Eguchi M, Kabe I, Mizoue T.(2019) Demographic and lifestyle correlates of brain-derived neurotrophic factor in a working population: The Furukawa Nutrition and Health Study. Psychiatry Res 2018;272:581-586.
  • Nanri A, Mizoue T, Noda M, Goto A, Sawada N, Tsugane S for the Japan Public Health Center-based Prospective Study Group.(2019) Menstrual and reproductive factors and type 2 diabetes risk: the Japan Public Health Center-based Prospective Study. J Diabetes Investig 2019;10:147-153.
  • Nanri A, Nakamoto K, Sakamoto N, Imai T, Akter S, Nonaka D, Mizoue T.(2017) Association of serum 25-hydroxyvitamin D with influenza in case-control study nested in a cohort of Japanese employees. Clin Nutr 2017;36:1288-1293.
  • Nanri A, Mizoue T, Shimazu T, Ishihara J, Takachi R, Noda M, Iso H, Sasazuki S, Sawada N, Tsugane S; Japan Public Health Center-Based Prospective Study Group.(2017) Dietary patterns and all-cause, cancer, and cardiovascular disease mortality in Japanese men and women: The Japan public health center-based prospective study. PLoS One 2017;12:e0174848.
  • Nanri A, Nakagawa T, Kuwahara K, Yamamoto S, Honda T, Okazaki H, Uehara A, Yamamoto M, Miyamoto T, Kochi T, Eguchi M, Murakami T, Shimizu C, Shimizu M, Tomita K, Nagahama S, Imai T, Nishihara A, Sasaki N, Hori A, Sakamoto N, Nishiura C, Totsuzaki T, Kato N, Fukasawa K, Huanhuan H, Akter S, Kurotani K, Kabe I, Mizoue T, Sone T, Dohi S; Japan Epidemiology Collaboration on Occupational Health Study Group.(2015) Development of Risk Score for Predicting 3-Year Incidence of Type 2 Diabetes: Japan Epidemiology Collaboration on Occupational Health Study. PLoS One 2015;10:e0142779.
  • Nanri A, Mizoue T, Kurotani K, Goto A, Oba S, Noda M, Sawada N, Tsugane S; Japan Public Health Center-Based Prospective Study Group.(2015) Low-carbohydrate diet and type 2 diabetes risk in Japanese men and women: the Japan public health center-based prospective study. PLoS One 2015;10:e0118377.
  • Hori A, Nanri A, Sakamoto N, Kuwahara K, Nagahama S, Kato N, Fukasawa K, Nakamoto K, Ohtsu M, Matsui A, Kochi T, Eguchi M, Imai T, Nishihara A, Tomita K, Murakami T, Shimizu C, Shimizu M, Miyamoto T, Uehara A, Yamamoto M, Nakagawa T, Yamamoto S, Honda T, Okazaki H, Sasaki N, Kurotani K, Pham NM, Kabe I, Mizoue T, Sone T, Dohi S; Japan Epidemiology Collaboration on Occupational Health Study Group.(2014) Comparison of body mass index, waist circumference, and waist-to-height ratio for predicting the clustering of cardiometabolic risk factors by age in Japanese workers--Japan Epidemiology Collaboration on Occupational Health study. Circ J 2014;78:1160-8.
  • Nanri A, Mizoue T, Poudel-Tandukar K, Noda M, Kato M, Kurotani K, Goto A, Oba S, Inoue M, Tsugane S; Japan Public Health Center-based Prospective Study Group.(2013) Dietary patterns and suicide in Japanese adults: the Japan Public Health Center-based Prospective Study. Br J Psychiatry 2013;203:422-7.
  • Nanri A, Shimazu T, Takachi R, Ishihara J, Mizoue T, Noda M, Inoue M, Tsugane S; Japan Public Health Center-based Prospective Study Group.(2013) Dietary patterns and type 2 diabetes in Japanese men and women: the Japan Public Health Center-based Prospective Study. Eur J Clin Nutr 2013;67:18-24.
  • Nanri A, Hayabuchi H, Ohta M, Sato M, Mishima N, Mizoue T.(2012) Serum folate and depressive symptoms among Japanese men and women: a cross-sectional and prospective study. Psychiatry Res 2012;200:349-53.
  • Nanri A, Mizoue T, Noda M, Takahashi Y, Matsushita Y, Poudel-Tandukar K, Kato M, Oba S, Inoue M, Tsugane S; Japan Public Health Center-based Prospective Study Group.(2011) Fish intake and type 2 diabetes in Japanese men and women: the Japan Public Health Center-based Prospective Study. Am J Clin Nutr 2011;94:884-91.
  • Nanri A, Foo LH, Nakamura K, Hori A, Poudel-Tandukar K, Matsushita Y, Mizoue T.(2011) Serum 25-hydroxyvitamin d concentrations and season-specific correlates in Japanese adults. J Epidemiol 2011;21:346-53.
  • Nanri A, Mizoue T, Noda M, Takahashi Y, Kato M, Inoue M, Tsugane S; Japan Public Health Center-based Prospective Study Group.(2010) Rice intake and type 2 diabetes in Japanese men and women: the Japan Public Health Center-based Prospective Study. Am J Clin Nutr 2010;92:1468-77.
  • Nanri A, Kimura Y, Matsushita Y, Ohta M, Sato M, Mishima N, Sasaki S, Mizoue T.(2010) Dietary patterns and depressive symptoms among Japanese men and women. Eur J Clin Nutr 2010;64:832-9.
  • Nanri A, Mizoue T, Takahashi Y, Kirii K, Inoue M, Noda M, Tsugane S.(2010) Soy product and isoflavone intakes are associated with a lower risk of type 2 diabetes in overweight Japanese women. J Nutr. 2010;140:580-6.
  • Nanri A, Mizoue T, Matsushita Y, Sasaki S, Ohta M, Sato M, Mishima N.(2010) Serum folate and homocysteine and depressive symptoms among Japanese men and women. Eur J Clin Nutr 2010;64:289-96.
  • Nanri A, Mizoue T, Matsushita Y, Poudel-Tandukar K, Sato M, Ohta M, Mishima N.(2009) Association between serum 25-hydroxyvitamin D and depressive symptoms in Japanese: analysis by survey season. Eur J Clin Nutr 2009;63:1444-7.
  • Nanri A, Mizoue T, Yoshida D, Takahashi R, Takayanagi R.(2008) Dietary patterns and A1C in Japanese men and women. Diabetes Care 2008;31:1568-73.
  • Nanri A, Yoshida D, Yamaji T, Mizoue T, Takayanagi R, Kono S.(2008) Dietary patterns and C-reactive protein in Japanese men and women. Am J Clin Nutr 2008;87:1488-96.
  • Nanri A, Moore MA, Kono S.(2007) Impact of C-reactive protein on disease risk and its relation to dietary factors. Asian Pac J Cancer Prev 2007;8:167-77.

学会発表

  • Nanri A, Yoshimaru N, Eguchi M, Kochi T, Kabe I, Mizoue T(2022) Eating behaviors and depressive symptoms among Japanese workers 第22回国際栄養学会議、東京
  • 南里明子、劉天鴿、江口将史、幸地勇、加部勇、溝上哲也(2022) 食行動と肥満および糖尿病との関連:古河健康栄養調査 第69回日本栄養改善学会学術総会、岡山(ハイブリッド形式)
  • 南里明子、横尾純奈、江口将史、幸地勇、加部勇、溝上哲也(2021) 乳製品摂取とメタボリックシンドロームとの関連について 第32回日本疫学会学術総会(オンライン開催)
  • Nanri A, Mizoue T(2021) Confectionery intake and risk of depressive symptoms among Japanese workers 第80回日本公衆衛生学会総会、東京(ハイブリッド方式)
  • 南里明子(2021) 生活習慣病に関連する食事パターン 令和3年度生涯教育研修会 学校健康教育実務研修(大分県栄養士会)(オンライン)
  • 南里明子、長野真弓、梅木陽子、太田雅規(2021) 食事パターンとLOX-indexとの関連について 第68回日本栄養改善学会学術総会(誌上発表/オンライン開催)
  • 南里明子(2021) 職域における抑うつと栄養・食生活(MD大会企画シンポジウム7「うつ病の栄養学的問題と治療的役割」) 第18回日本うつ病学会総会/第21回日本認知療法・認知行動療法学会[合同開催]、横浜(ハイブリッド形式)
  • 南里明子(2020) 緑茶摂取とインフルエンザとの関連 第36回茶学術研究会(動画配信)
  • 南里明子、中元健吾、坂本宣明、今井鉄平、溝上哲也(2020) 緑茶摂取とインフルエンザとの関連 第31回日本疫学会学術総会(オンライン開催)
  • 南里明子、宮地那奈、幸地勇、江口将史、加部勇、溝上哲也(2020) 食べる速さとメタボリックシンドロームとの縦断的関連:古河健康栄養調査 第67回日本栄養改善学会学術総会(誌上開催)
  • 南里明子、劉天鴿、幸地勇、江口将史、加部勇、溝上哲也(2019) 朝食、昼食、夕食における米飯摂取と糖代謝異常との関連:古河健康栄養調査 第30回日本疫学会学術総会、京都
  • 南里明子(2019) 生活習慣病に関連する食事パターン 2019年度生涯教育研修会 学校健康教育実務研修(福岡県栄養士会)
  • 南里明子(2019) 栄養疫学の基礎知識(教育講演) 第9回日本リハビリテーション栄養学会学術集会、福岡
  • 森田理恵子、四角目真帆、南里明子(2019) 女子学生における食習慣と月経異常との関連 第7回日本食育学会学術大会、福岡
  • 佐々木愛実、永井千佳、末松明菜、宮地那奈、劉天鴿、南里明子、溝上哲也(2019) 食事バランスガイドに基づいた食事スコアと抑うつ症状との関連 第7回日本食育学会学術大会、福岡
  • 南里明子、髙崎綾音、幸地勇、江口将史、加部勇、溝上哲也(2018) 魚介類の調理法と糖代謝異常との関連について:古河栄養疫学調査 第29回日本疫学会学術総会、東京
  • 南里明子、溝上哲也(2018) 脳由来神経栄養因子に関連する生活習慣要因について:古河栄養疫学調査 第77回日本公衆衛生学会総会、福島

外部資金の獲得状況

令和3~6年度 科学研究費助成事業 基盤研究(C)「糖尿病予防のための食要因に関する職域疫学研究」
平成25~28年度 科学研究費助成事業 若手研究(A)「うつの予測因子としての脳由来神経栄養因子と食事・栄養要因に関する職域疫学研究」
平成25年度 上原記念生命科学財団 研究奨励金「脳由来神経栄養因子とビタミンDに関する疫学研究」
平成23~25年度 国立国際医療研究センター国際医療研究開発事業「血中ビタミンD濃度とインフルエンザ発症に関するコホート研究」
平成21~23年度 科学研究費助成事業 若手研究(B)「葉酸の摂取及び血中濃度と抑うつに関する職域疫学研究」


  • 受賞歴

    • 2019年04月 第30回日本医学会総会奨励賞

    • 2019年04月 公立大学法人福岡女子大学教職員表彰

    • 2012年09月 日本脂質栄養学会  第21回大会大塚賞学術賞

    • 2012年01月 日本疫学会  第22回日本疫学会学術総会奨励賞

  • 担当講義科目

    学部

    担当科目 開講期 開講年度 内容
    食・健康科学基礎演習 後期 2018年度
    食・健康科学総合演習 後期 2018年度
    公衆栄養学臨地実習 後期 2018年度
    臨地実習事前・事後指導 通年 2018年度
    卒業研究演習 通年 2018年度
    卒業論文 通年 2018年度
    公衆栄養学I 1Q 2018年度
    公衆栄養学実習 2Q 2018年度
    公衆栄養学II 2Q 2018年度
    応用栄養学II 3Q 2018年度
    生物物理・統計論 3Q 2018年度

    大学院

    担当科目 開講期 開講年度 内容
    公衆栄養学特論 前期 2018年度
    公衆栄養学特別演習 後期 2018年度

    活用可能な分野(社会への貢献等)

    糖尿病や抑うつに関連する栄養素、食品、食事パターンについての情報提供(国内外の研究から)

    ※現在、本学卒業生を対象とした「女性の健康と食に関する疫学研究」を実施しております。調査票を順次郵送しておりますので、お手元に届きましたら、ぜひご協力をいただけますようよろしくお願い申し上げます。

    研究者としてのニーズ

    調査への協力やデータ提供(例えば健診データなど)
    糖尿病や抑うつ、栄養に関するバイオマーカーについての情報や測定技術

    関連領域

    • 食健康
     

    高校等への出前講義テーマ

    糖尿病や抑うつに関連する食事要因について(国内外の研究の紹介、解説など)
    人を対象とした調査実施の大変さや食事調査について

    ページTOPへ