福岡女子大学
福岡女子大学 地域連携センター
地域連携センター 女性生涯学習研究部門 産学官地域連携 地域交流部門
研究者データベース
英語版へ
研究者詳細情報
国際文理学部 環境科学科
研究者一覧へ戻る
豊貞 佳奈子
准教授

豊貞 佳奈子

トヨサダ カナコ

略歴

1990年 福岡県立福岡高等学校卒業
1994年 日本女子大学家政学部住居学科卒業
1994年 東陶機器株式会社(現:TOTO株式会社)入社
(2002年-現在 関東学院大学大沢記念建築設備工学研究所 客員研究員兼任 
 2006-2008年 早稲田大学理工学総合研究センター 客員研究員兼任
 2008-2014年 独立行政法人建築研究所 交流研究員兼任
 2009-2014年 明治大学新給排水システム研究所 客員研究員兼任
 2011-2014年 OECD(経済協力開発機構)都市と成長プログラム北九州市委員)
2012年 同・環境研究グループリーダー
2014年 同・研究担当部長   
(2014年-現在 慶應義塾大学SFC研究所 上席所員兼任) 
2015年 福岡女子大学国際文理学部 准教授

取得学位

博士(工学)

研究テーマ

生活行為のモデル化と生活行為由来環境負荷量の定量化研究

研究概要

核家族化による世帯数増加等の影響で、家庭部門のCO2排出量は増加傾向にあり、住宅設備機器の選定や使い方による家庭からのCO2/エネルギー/水消費量削減が急務となっています。
省CO2対策を検討するには現状把握が重要となるため、入浴・排泄・調理等の生活行為をモデル化し、生活行為由来の環境負荷量を定量化する研究を行っています。
浴室用シャワーヘッドの性能評価実験やエコ調理実験、ASEAN等の諸外国のライフスタイル調査やモデル化研究も行っています。

主要研究業績等

関連専門分野

建築環境・設備

所属学会

(一社)日本建築学会
(公社)空気調和・衛生工学会
NPO給排水設備研究会

外部資金の獲得状況

2015年度環境省・アジア低炭素社会実現のための低炭素節水型・都市水インフラシステムの普及可能性調査事業 JCM事業(委員会として委託)、2015年~TOTO(株)共同研究:シャワーの節水規格及び実態調査に関する研究(代表)
2014年度環境省・アジアの低炭素社会実現のための低炭素節水型給排水システムの普及可能性調査事業(分担)
2013年度環境省・アジアの低炭素社会のためのJCM大規模実証支援事業(分担):節水クレジット事業環境整備およびミニマルインフラストラクチャー実現可能性調査  

  • 受賞歴

  • 担当講義科目

    学部

    担当科目 開講期 開講年度 内容
    エコライフスタイル学 前期 2017年度
    環境生活論および実習Ⅰ 前期 2017年度
    生活と環境 後期 2017年度
    環境リスク 後期 2017年度
    エコ・ライフ実験 後期 2017年度
    エコ・リサイクル実験 後期 2017年度
    環境生活演習Ⅳ 後期 2017年度
    環境生活論および実習Ⅱ 後期 2017年度
    サービスラーニングB 通年 2017年度
    サービスラーニング 通年 2017年度
    卒業研究演習 通年 2017年度
    卒業論文 通年 2017年度

    大学院

    担当科目 開講期 開講年度 内容
    人間工学特論 前期 2017年度
    環境マネジメント特別演習Ⅰ 後期 2017年度
    国際インターンシップ 通年 2017年度
    国際研究活動 通年 2017年度
    専門職特殊研修 通年 2017年度

    活用可能な分野(社会への貢献等)

    ・節水・省エネ機器普及による環境負荷削減効果試算
    ・家庭からの節水・省エネ・省CO2対策の提案

    関連領域

    • 環境科学
    • 産学官連携
     

    高校等への出前講義テーマ

    ・住宅設備の歴史とエコライフスタイル ・日本と海外の水まわり事情

    ページTOPへ