福岡女子大学
福岡女子大学 地域連携センター
地域連携センター 女性生涯学習研究部門 産学官地域連携 地域交流部門
研究者データベース
英語版へ
研究者詳細情報
国際文理学部 国際教養学科
研究者一覧へ戻る
坂口 周
講師

坂口 周

サカグチ シュウ

略歴

1999年3月 早稲田大学第一文学部文学科文芸専修卒業
2001年3月 東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻修士課程修了
2003年9月 英国・ロンドン大学ゴールドスミス校大学院修士課程メディア&コミュニケーション専攻修了
2007年3月 東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻博士課程単位取得満期退学
2007年4月 津田塾大学学芸学部非常勤講師(2011年9月まで)
2011年8月 中国・広東外語外貿大学外籍教師(2012年7月まで)
2012年10月 実践女子大学文学部助教(2014年9月まで)
2014年10月 福岡女子大学国際文理学部講師(現在に至る)

取得学位

修士(学術)
MRes in Media & Communications

研究テーマ

日本近現代の文学と文化
視覚文化論

研究概要

文学研究と文化研究のそれぞれのあり方とその絡み方を見直すこと、を課題としています。もう少し具体的にいうと、①近現代文学の展開を、映画などに代表される「視覚文化」やその背後の「メディア知」との連係の中に置いて、「主観」の変容史を精彩に記述すること、②関連して、戦後思想のなかで「大衆」(ポップ)という概念が果たしてきた理論的役割の整理、③日本近現代の評論や文化論、あるいは実際の作品表象における「世界」概念の移り変わりについての考察、④文芸批評の実践、等々です。

主要研究業績等

  • 坂口周(2017) 【書評】上田岳弘『塔と重力』(『週刊読書人』2017・9・22)
  • 坂口周(2017) 「姦通」の遠近法―原作小説と清順映画:内田百閒/泉鏡花/竹久夢二(『ユリイカ』2017・5)
  • 坂口周(2016) 『意志薄弱の文学史―日本現代文学の起源―』(慶應義塾大学出版会、2016)

学会発表

  • 坂口周(2016) 「世界文学」という自己意識の展開―昭和年代以後の「世界」と「セカイ」の相関性について― シンポジウム「世界文学の現在」(慶應義塾大学日吉キャンパス)
  • 坂口周(2011) 内田百閒における夢の方法―負債の心理とオカルティズム― 実践女子大学公開講座
  • 坂口周(2009) The Transformation of the Japanese Magical: From Grotesque to Pop "Japanese Literature and World Literature" Daiwa Foundation Award(University of Warwick, UK)

関連専門分野

メディア論
比較文学
世界文学

所属学会

日本近代文学会
日本文学協会
日本比較文学会
昭和文学会
表象文化論学会
AJLS
  • 受賞歴

    • 2014年05月 講談社  第57回群像新人文学賞評論部門優秀作

  • 担当講義科目

    学部

    担当科目 開講期 開講年度 内容
    現代日本文化 前期 2017年度
    明治・大正時代の文化と文学 前期 2017年度
    日本言語文化演習Ⅰ 前期 2017年度
    近代日本文学講義 前期 2017年度
    日本言語文化演習Ⅲ 後期 2017年度
    現代日本文学講義 後期 2017年度
    卒業研究演習 通年 2017年度
    卒業論文 通年 2017年度

    大学院

    担当科目 開講期 開講年度 内容
    視覚文化特別研究 前期 2017年度
    日本学特別演習Ⅰ 前期 2017年度
    近・現代文学特別研究 後期 2017年度
    日本学特別演習Ⅱ 後期 2017年度

    活用可能な分野(社会への貢献等)

    市民講座・他大学での講演

    関連領域

    • 文化・歴史
     

    キーワード

    映画、批評理論、心理学、精神分析

    高校等への出前講義テーマ

    近現代文学における「散歩」の表象について

    ページTOPへ