福岡女子大学
福岡女子大学 地域連携センター
地域連携センター 女性生涯学習研究部門 産学官地域連携 地域交流部門
研究者データベース
英語版へ
研究者詳細情報
国際文理学部 国際教養学科
研究者一覧へ戻る
准教授

徐阿貴

ソアキ

略歴

お茶の水女子大学大学院人間文化研究科人間発達科学専攻博士後期課程修了

トロント大学大学院社会学研究科修士課程修了

上智大学外国語学部フランス語学科卒業、国際関係副専攻修了

取得学位

博士(社会科学)、お茶の水女子大学

MA in Sociology, University of Toronto

研究テーマ

移民女性の社会参加および政治化過程の分析

朝鮮半島から/への移民

東アジアにおけるグローバル化と多文化主義

公共圏、シティズンシップ概念のジェンダー視点からの検討

研究概要

在日朝鮮人女性、および韓国への結婚移民を対象に、とくに組織連帯の形成過程について、ホスト国家の外国人政策および市民運動との関わりに焦点をあてて実証的研究を行っている。

主要研究業績等

  • Seo, Akwi(2017) "Toward Postcolonial Feminist Subjectivity: Korean Women’s Redress Movement for “Comfort Women” Rethinking Japanese Feminisms, Honolulu: University of Hawai'i Press
  • Seo, Akwi(2017) Creating Subaltern Counterpublic: Korean Women in Japan and Their Struggle for Night School Trans Pacific Press & Kyoto University Press
  • 徐阿貴(2015) 「在日朝鮮人一世女性のアイデンティティとジェンダー」 宮島喬・佐藤成基・小ヶ谷千穂編『国際社会学』、有斐閣
  • 徐阿貴(2015) 「韓国における結婚移住女性の自助グループ推進施策の検討」 『訪韓学術研究者論文集』第14号
  • 徐阿貴(2014) 「移住女性による主体的な〈多文化〉の表象―ソウル国際女性映画祭の試み」 『アジア太平洋研究センター年報』第11号
  • Seo, Akwi (2013) "Soin aux personnes âgées et construction de l'identité ethnique" Hommes et Migrations, n.1302, pp. 117-24.
  • 徐阿貴(2012) 『在日朝鮮人女性による「下位の対抗的な公共圏」の形成――大阪の夜間中学を核とした運動』/Creating Subaltern Counterpublics: Korean Women in Japan and Their Struggle for Night School 御茶の水書房
  • 徐阿貴(2011) 「在日朝鮮女性による「対抗的な公共圏」の形成と主体構築――大阪における夜間中学独立運動の事例から」 『新編日本のフェミニズム グローバリゼーション』岩波書店
  • Seo, Akwi(2009) "Formation of ethnic identity through elder care: An analysis of Korean women’s inter-generational solidarity in a day home in Osaka"(単著)Journal of Asian Women’s Studies, vol. 17.
  • 徐阿貴(2008) 「在日朝鮮人女性にみる世代間の連帯とエスニシティ――東大阪におけるデイハウスの事例から――」 『国際移動と〈連鎖するジェンダー〉―越境する主体/変容するアジア』、作品社。

学会発表

  • Seo, Akwi(2017) "Marriage Migrant Women’s Political Agency in Korean Multiculturalism" National Women's Studies Association, Baltimore, USA
  • 徐阿貴(2017) 「韓国における結婚移住女性への女性運動の関与 ―ジェンダー化された多文化政策と連帯のゆくえ」 国際ジェンダー学会2017年大会、明星大学

関連専門分野

社会学

移民研究

ジェンダー研究

所属学会

日本社会学会

関東社会学会

国際ジェンダー学会

女性・戦争・人権学会

移民政策学会

外部資金の獲得状況

科学研究費補助金基盤研究C「韓国における結婚移住女性の政治的主体化ートランスナショナルな組織活動を中心に」(代表者)2015-2017年。
科学研究費補助金基盤研究C「韓国の多文化主義と結婚移住女性の文化的権利―政策・運動・主体」(代表者)2012-2014年。


  • 受賞歴

    • 2013年06月 第7回ことばとジェンダー賞特別賞受賞

    • 2013年02月 第32回山川菊栄記念婦人問題研究奨励金(通称・山川菊栄賞)受賞

  • 担当講義科目

    学部

    担当科目 開講期 開講年度 内容
    異文化理解 前期 2017年度
    社会調査法 前期 2017年度
    国際関係演習Ⅱ 前期 2017年度
    国際社会学 後期 2017年度
    社会学入門 後期 2017年度
    国際関係演習Ⅳ 後期 2017年度
    サービスラーニングB 通年 2017年度
    サービスラーニング 通年 2017年度
    卒業研究演習 通年 2017年度
    卒業論文 通年 2017年度

    大学院

    担当科目 開講期 開講年度 内容
    国際社会学特別研究Ⅰ 前期 2017年度
    国際社会学特別研究Ⅱ 後期 2017年度

    活用可能な分野(社会への貢献等)

    移民問題、ジェンダーに関する講義

    関連領域

    • 社会システム
    • 女性生涯学習研究
    • 国際交流
     

    キーワード

    移民、ジェンダー、植民地、多文化主義、在日朝鮮人、韓国・朝鮮

    高校等への出前講義テーマ

    移民と日本社会
    映画にみるジェンダー、エスニシティ

    ページTOPへ