福岡女子大学
福岡女子大学 地域連携センター
地域連携センター 女性生涯学習研究部門 産学官地域連携 地域交流部門
研究者データベース
英語版へ
研究者詳細情報
国際文理学部 体験学習担当
研究者一覧へ戻る
教授

野依 智子

ノヨリ トモコ

略歴

1984年 立命館大学文学部史学科日本史学専攻卒業
2002年 北九州市立大学大学院人間文化研究科人間文化専攻修士課程修了
2007年 九州大学大学院人間環境学府発達・社会システム専攻博士後期 単位取得 満期退学
2007年 北九州市立大学、福岡県立大学非常勤講師
2010年 独立行政法人国立女性教育会館研究国際室研究員

取得学位

2002年 修士(人間関係学)
2007年 博士(教育学)

研究テーマ

・労働と家族の関連からみた女性労働研究とホームレス研究
・女性のキャリア形成のプロセスに関する研究
・女子学生のキャリア形成プログラムの開発
・大学の男女共同参画に関する課題と可能性

研究概要

 労働と家族の関連の視点、すなわち「男性稼ぎ主」の視点から炭鉱の女性労働の歴史研究とホームレス問題の現代研究を行なっている。
 近代の筑豊炭鉱における女性鉱夫の変容過程、すなわち労働者家族が近代家族に移行する過程を「家族賃金」観念の形成過程とそのイデオロギー装置に着目しつつ明らかにしている。
 現在、雇用と賃金体系は崩壊しつつあるにも関わらず、残存するイデオロギーとしての「家族賃金」観念と「男性稼ぎ主」世帯をモデルとした社会保障制度は、さらなる女性労働の地位の低下、例えば母子世帯の母親の多就労と生活難を生み出してもおり、いっそうの労働市場におけるジェンダー化と女性の貧困化を進行させているともいえる。こうした現代的課題に歴史的視点からアプローチしている。
 一方、ホームレス研究では、ホームレスが路上にいたるプロセスの分析から、彼/彼女らの生育家族の多くが母子世帯または祖父母世帯で、「男性稼ぎ主」を持たない家族であること、もしくは、家族を養えるだけの収入が得られない「男性稼ぎ主」世帯であるという視点で調査している。
 女性のキャリア形成については、キャリアには職業キャリアと社会活動キャリアがあるとした上で、中高年を対象に、NPOなどで働くことも中断再就職の一つであるととらえ、中高年女性がキャリアを形成しながら地域の課題解決や地域づくりになることを明らかにした。また、女子学生対象では、女性の自立には継続就労が重要であるとして、男女共同参画の視点つまり女性のキャリアを長期的視野でとらえ、ライフサイクルを理解した上でキャリアを考えるという視点でプログラム開発を行っている。

主要研究業績等

所属学会

・日本社会教育学会、社会政策学会、日本NPO学会、日本労働社会学会、九州教育学会、歴史学研究会

外部資金の獲得状況

①科学研究費補助金【基盤研究C】「社会的に排除されたホームレスの自立支援における社会関係資本の構築に関する研究」(研究代表者・野依智子・九州大学)2009年度ー2011年度

②科学研究費補助金【研究成果公開促進費・学術図書】『近代筑豊炭鉱における女性労働と家族-「家族賃金」観念と「家庭」イデオロギーの形成過程』(執筆者・野依智子・九州大学)課題番号215228、2009年度

③科学研究費助成金【基盤研究C】「若年ホームレスの生活支援と就労意欲の醸成のためのシステム構築に関する研究」(研究代表者・野依智子・国立女性教育会館)課題番号24531050、2012年度-2014年度


担当講義科目

学部

担当科目 開講期 開講年度 内容
女性リーダー育成論 前期 2017年度
フィールド実践・研究推進論Ⅰ 前期 2017年度
社会と企業 前期 2017年度
女性リーダー育成実習 前期 2017年度
フィールド実践・研究推進論Ⅱ 後期 2017年度
サービスラーニングA 通年 2017年度
サービスラーニング 通年 2017年度

大学院

担当科目 開講期 開講年度 内容
キャリア・デザインとライフ・プラン 前期 2017年度

活用可能な分野(社会への貢献等)

・ジェンダー史、女性労働、女性キャリア教育、社会教育と社会的排除、ホームレス問題、女性と貧困、若年の生活困窮

関連領域

  • 文化・歴史
  • 社会システム
  • 体験学習
  • 女性生涯学習研究
  • 地域交流
 

キーワード

女性労働と家族、ジェンダー、ホームレス、女性のキャリア形成、社会教育、大学の男女共同参画

ページTOPへ