福岡女子大学
福岡女子大学 地域連携センター
地域連携センター 女性生涯学習研究部門 産学官地域連携 地域交流部門
研究者データベース
英語版へ
研究者詳細情報
国際文理学部 食・健康学科
研究者一覧へ戻る
准教授

舟木 淳子

フナキ ジュンコ

略歴

お茶の水女子大学家政学部食物学科卒業(家政学士)
お茶の水女子大学大学院家政学研究科食物学専攻修了(家政学修士)

1989年 福岡女子大学 講師
1992年 福岡女子大学 助教授
2007年 福岡女子大学 准教授

取得学位

博士(農学)

研究テーマ

調理・加工に酵素処理等を適用することによる食品物性改変に関する研究

研究概要

人は食べ物を食べて“おいしい”と感じることにより、幸せを感じる。人が“おいしい”と感じる状態を作り出すことにより、人々の幸せに貢献したいと考え、研究を行っている。そのために、食品を人がおいしいと感じる状態になるよう、酵素の働きなどを使って、テクスチャーや味の改善を試みている。また、苦味の抑制など、人の側に直接働きかける研究も行っている。

主要研究業績等

  • Junko Funaki, Michiko Minami, Sachie Abe, Reiko Ueda, Wakako Eto, Kenji Kugino, Mutsuko Kugino, Keiko Abe, Kiyoshi Toko, Tomiko Asakura(2017) Effect of proteolytic modification on texture and mastication of heat-treated egg white gels J. Food Process. Preserv., 41, e12857, 1-8

関連専門分野

調理科学
調理学
食品学

所属学会

日本調理科学会
日本家政学会
日本農芸化学会
日本食品科学工学会

外部資金の獲得状況

戦略的イノベーション創造プログラム(次世代農林水産業創造技術)(分担)「食シグナルの認知科学の新展開と脳を活性化する次世代機能食品開発へのグランドデザイン」平成26年度〜平成30年度

科学研究費 基盤研究(C)(代表)「酵素を用いた調理によるテクスチャー改善の試みとその高齢者向け食品開発への応用」平成24年度~平成26年度
  • 受賞歴

  • 担当講義科目

    学部

    担当科目 開講期 開講年度 内容
    調理学 前期 2017年度
    調理科学実験 前期 2017年度
    調理学応用実習 前期 2017年度
    食・健康科学基礎演習 後期 2017年度
    調理科学 後期 2017年度
    調理学基礎実習 後期 2017年度
    食・健康科学総合演習 後期 2017年度
    卒業研究演習 通年 2017年度
    卒業論文 通年 2017年度

    大学院

    担当科目 開講期 開講年度 内容
    調理科学特論 前期 2017年度
    調理科学特別演習 後期 2017年度

    活用可能な分野(社会への貢献等)

    おいしくて体によい食品を作るための研究を行うことにより、社会に貢献したいとと考えている。

    関連領域

    • 食健康
     

    キーワード

    おいしさ, テクスチャー, 味,酵素

    高校等への出前講義テーマ

    食感とおいしさ

    フォト研究紹介


    ページTOPへ