福岡女子大学
福岡女子大学 地域連携センター
地域連携センター 女性生涯学習研究部門 産学官地域連携 地域交流部門
研究者データベース
英語版へ
研究者詳細情報
国際文理学部 環境科学科
研究者一覧へ戻る
弓削 昌弘
准教授

弓削 昌弘

ユゲ マサヒロ

略歴

1990-1991 九州大学 教務員
1991-1992 九州大学 助手
1992-2003 福岡女子大学 講師
2003-2007 福岡女子大学 助教授 
2007- 同准教授

研究テーマ

脊椎動物の形態形成

研究概要

生物のからだがどのようにして形作られているかを、アフリカツメガエルを実験材料としてもちい、個体・細胞・遺伝子の三つのレベルから解析をおこなっている。主に用いている実験方法は、胚の顕微手術、細胞質の移植、蛍光色素による細胞の標識、胚に遺伝子を組み込むトランスジェニックなどである。
 現在幾つかのテーマに取り組んでいる。代表的なものとして、アフリカツメガエル初期胚の背腹軸の形成機構の解析があげられる。動物の体が作られるには、前後・左右・背腹の三つの軸が形成されることが必要である。受精直前のカエルの卵は球形であるが、受精直後に卵の表面で一方向への回転が起こる。この結果、背腹軸が決定する。当研究室は、回転直後に背側を決める情報が背側細胞質に局在するようになることを、細胞質の移植実験で明らかにし背側決定因子と命名した。他の卵の腹側予定の部分に注射してやると、本来の頭や背中の他にもう一つ別の頭や背中(これを二次胚と呼ぶ)が出来たのである。現在、背側が決定されてから、形態形成の中心であるオーガナイザーがどのようにして作られるかをオーガナイザー遺伝子のグースコイドの発現機構を中心に解析中である。

主要研究業績等

関連専門分野

発生生物学
細胞生物学

所属学会

日本発生生物学会
日本動物学会
日本分子生物学会

担当講義科目

学部

担当科目 開講期 開講年度 内容
環境生命論および実習Ⅰ 前期 2017年度
発生生物学 前期 2017年度
発生生物学実験 前期 2017年度
基礎生命科学 前期 2017年度
現代社会における生命と健康 後期 2017年度
生命科学演習Ⅱ 後期 2017年度
細胞の生物学 後期 2017年度
環境生命論および実習Ⅱ 後期 2017年度
卒業研究演習 通年 2017年度
卒業論文 通年 2017年度

大学院

担当科目 開講期 開講年度 内容
発生生物学特論 前期 2017年度
環境自然科学特別演習Ⅲ 後期 2017年度

活用可能な分野(社会への貢献等)

再生医療の基礎となる臓器形成のメカニズムの研究
インターネットを利用した理科教育に関する情報の提供

高校等への出前講義テーマ

クローンと再生医療 -iPS細胞の現在と未来-~一人の人間の細胞はほとんどがクローン細胞だと考えられている。このクローン細胞の分化をコントロールすれば、様々な組織をつくりだし、再生医療に利用することができる。近年iPS細胞という、多分化能をもったクローン細胞が登場してきた。この講義では、クローン細胞とは何か、どのようにしてiPS細胞などの分化をコントロールして再生医療に応用するか等についての話題を提供する。

ページTOPへ