福岡女子大学
福岡女子大学 地域連携センター
地域連携センター 女性生涯学習研究部門 研究支援部門 地域交流部門
研究者データベース
英語版へ
研究者詳細情報
国際文理学部 環境科学科
研究者一覧へ戻る
松尾 亮太
教授

松尾 亮太

マツオ リョウタ

略歴

1991年-1995年 京都大学理学部
1995年-2000年 東京大学大学院理学系研究科(生物化学専攻)
2000年-2001年 三菱化学生命科学研究所 特別研究員
2001年-2005年 東京大学大学院薬学系研究科 助手
2005年-2012年 徳島文理大学香川薬学部 講師
2012年-2013年 徳島文理大学香川薬学部 准教授
2013年-2019年 福岡女子大学 国際文理学部 准教授
2019年-現在  福岡女子大学 国際文理学部 教授

取得学位

2000年 博士(理学)

研究テーマ

1.ナメクジにおける嗅覚情報処理機構
2.ニューロンにおけるゲノムDNA倍数化機構
3.神経再生機構
4.ナメクジの眼外光感知機構

研究概要

陸上での繁栄をほしいままにしている軟体動物「ナメクジ」の脳には、我々人間にはない数々の能力が備わっている。ヒトのわずか10万分の1程度の神経細胞しか持たないナメクジの脳が、一体どこまでのことをやってのけるのか?当研究室では、分子生物学、組織化学、生理学、行動学の手法を用いて、ナメクジの脳が持つ高いポテンシャルを明らかにしている。

主要研究業績等

  • Matsuo R, Kobayashi S, Furuta A, Osugi T, Takahashi T, Satake H, and Matsuo Y(2020) Distribution and physiological effect of enterin neuropeptides in the olfactory centers of the terrestrial slug Limax. J Comp Physiol A (in press)
  • Nishiyama H, Nagata A, Matsuo Y, and Matsuo R(2019) Light avoidance by a non-ocular photosensing system in the terrestrial slug Limax valentianus. J Exp Biol 222, jeb208595
  • Matsuo R, Koyanagi M, Nagata A, and Matsuo Y(2019) Co-expression of opsins in the eye photoreceptors of the terrestrial slug Limax valentianus. J Comp Neurol 527, 3073-3086
  • Matsuo Y, Yamanaka A, and Matsuo R(2018) RFamidergic neurons in the olfactory centers of the terrestrial slug Limax. Zoological Lett 4, 22
  • Fujisaki Y, and Matsuo R(2017) Context-dependent passive avoidance learning in the terrestrial slug Limax. Zool Sci 34, 532-537
  • Matsuo R, Takatori Y, Hamada S, Koyanagi M, and Matsuo Y(2017) Expression and light-dependent translocation of beta-arrestin in the visual system of the terrestrial slug Limax valentianus J Exp Biol 220, 3301-3314
  • Matsuo R, Fukata R, Kumagai M, Kobayashi S, Kobayashi A, and Matsuo Y. (2016) Distribution and modulatory effect of histaminergic neurons on the oscillatory activity in the olfactory center of the terrestrial slug Limax. J Comp Neurol 524, 119-135.
  • Koga Y, Matsuo Y, and Matsuo R. (2016) Olfactory memory storage and/or retrieval requires the presence of the tentacle that was used during acquisition of that memory in the terrestrial slug Limax. Zool Sci 33, 78-82.
  • Matsuo R, Tanaka M, Fukata R, Kobayashi S, Aonuma H, and Matsuo Y. (2016) Octopaminergic system in the central nervous system of the terrestrial slug Limax. J Comp Neurol 524, 3849-3864.
  • Suenaga Y, and Matsuo R. (2016) Length of memory retention period depends on the extent of protein synthesis in the terrestrial slug Limax. Neurosci Lett 630, 222-227.
  • Matsuo R, Kobayashi S, Wakiya K, Yamagishi M, Fukuoka M, and Ito E. (2014) The cholinergic system in the olfactory center of the terrestrial slug Limax. J Comp Neurol 522, 2951-2966.
  • Matsuo Y, Uozumi N, and Matsuo R.(2014) Photo-tropotaxis based on projection through the cerebral commissure in the terrestrial slug Limax. J Comp Physiol A 200, 1023-1032.

学会発表

関連専門分野

神経科学、分子生物学、行動学、組織化学、神経生理学

所属学会

日本動物学会、日本分子生物学会、日本比較生理生化学会

外部資金の獲得状況

2019年度 大隅基礎科学創成財団 基礎科学(一般)研究助成(代表)
2019年度 科学研究費補助金 基盤C(代表)
2016年度 臨床研究奨励基金 研究助成(代表)
2016年度 科学研究費補助金 基盤C(代表)
2014年度 内藤記念財団 科学奨励金・研究助成(代表)
2013年度 山田科学振興財団 研究助成(代表)
2013年度 科学研究費補助金 基盤C(代表)
2012年度 ブレインサイエンス振興財団 研究助成(代表)
2012年度 住友財団 基礎科学研究助成(代表)
2012年度 倉田記念日立科学技術財団 倉田奨励金(代表)
2011年度 成茂神経科学研究助成基金 (代表)
2010年度 科学研究費補助金 基盤C(代表)
2010年度 成茂動物科学振興基金 (代表)
2005年度 科学研究費補助金 若手B(代表)
2003年度 科学研究費補助金 若手B(代表)






  • 受賞歴

  • 担当講義科目

    学部

    担当科目 開講期 開講年度 内容
    環境生命論および実習Ⅰ 前期 2019年度
    生命科学演習Ⅲ 前期 2019年度
    動物生理学実験 前期 2019年度
    分子生物学 後期 2019年度
    動物生理学 後期 2019年度
    環境生命論および実習Ⅱ 後期 2019年度
    卒業研究演習 通年 2019年度
    卒業論文 通年 2019年度

    大学院

    担当科目 開講期 開講年度 内容
    環境生理学特論 前期 2019年度
    環境自然科学特別演習Ⅲ 後期 2019年度

    活用可能な分野(社会への貢献等)

    スーパーサイエンスハイスクール等における高大連携
    科研費補助金による研究成果に関するアウトリーチ活動(ひらめき☆ときめきサイエンス等)

    関連領域

    • 環境科学
    • 食健康
    • 地域交流
     

    キーワード

    ナメクジ、脳神経、記憶学習、神経再生、光感知機構

    フォト研究紹介


    ページTOPへ