福岡女子大学
福岡女子大学 地域連携センター
地域連携センター 女性生涯学習研究部門 産学官地域連携 地域交流部門
研究者データベース
英語版へ
研究者詳細情報
国際文理学部 環境科学科
研究者一覧へ戻る
池田 宜弘
教授

池田 宜弘

イケダ ノリヒロ

略歴

1984年 九州大学理学部化学科卒業
1986年 九州大学大学院理学研究科修士課程修了
1989年 九州大学大学院理学研究科博士課程修了
1989年 日本学術振興会奨励研究員
1990年 九州大学理学部 助手
1994年 福岡女子大学家政学部 助教授
1995年 福岡女子大学人間環境学部 助教授(学部改組による)
2001年 ドイツマックスプランク研究所(1年間の海外研究員)
2005年 福岡女子大学人間環境学部 教授
2011年 福岡女子大学国際文理学部 教授(学部新設による)

取得学位

理学博士

研究テーマ

吸着現象および界面分子膜形成の解明・応用に関する研究

研究概要

界面活性剤や両親媒性物質と呼ばれる化学物質は、様々な物質界面に吸着を起こし、分子が規則的に配列・配向した界面分子膜を作り、界面状態を変化させることが知られている。さらに、界面分子膜の構造は、最近のナノテクノロジーにおけるナノ構造体の基本的な骨格構造となっているほか、生体組織においても類似の構造が存在し、種々の機能を発揮しているが知られている。研究では、この基本的な分子集合体(界面分子膜)の形成およびそれに伴う界面状態の変化を物理化学的な立場から分析し、単なる現象としてではなく、界面分子膜に伴うエネルギー変化などの定量的な分析も含めた研究を行っている。さらに、この界面分子膜形成あるいは界面という特殊な分子環境領域を利用することで、新しい視点に立った環境評価や環境浄化などに関する研究を行っている。

主要研究業績等

関連専門分野

物理化学
界面化学
コロイド化学
基礎化学

所属学会

日本化学会
アメリカ化学会

外部資金の獲得状況

地域イノベーション戦略支援事業:2009~2010年度「MPZを用いた自己再生型光触媒複合フィルター」
財団法人ソルトサイエンス研究財団2007年度「食品乳化剤のエマルション膜形成に及ぼす添加塩効果」
その他、企業からの受託研究(2008年度・2011年度)「新規界面活性剤の物性評価」等

担当講義科目

学部

担当科目 開講期 開講年度 内容
環境物質論および実習Ⅰ 前期 2017年度
ファーストイヤー・ゼミⅠ 前期 2017年度
基礎物理化学 前期 2017年度
基礎化学 前期 2017年度
物質と環境 後期 2017年度
環境物質論および実習Ⅱ 後期 2017年度
基礎物理化学演習 後期 2017年度
ファーストイヤー・ゼミⅡ 後期 2017年度
環境科学演習 後期 2017年度
環境物質基礎実験 後期 2017年度
機器分析学実験 後期 2017年度
機器分析学実験 後期 2017年度
基礎分析化学 後期 2017年度
卒業研究演習 通年 2017年度
卒業論文 通年 2017年度

大学院

担当科目 開講期 開講年度 内容
物理化学特論 前期 2017年度
環境自然科学特別演習Ⅰ 後期 2017年度

活用可能な分野(社会への貢献等)

・企業:洗剤や界面活性剤が関連する洗浄・界面改質・製品開発など
    界面評価、界面分析技術など
・教育:シャボン玉など界面活性剤の関連する現象についての出前講義など
    化学理論を理解させるための学生実験の計画・指導など。

キーワード

洗剤, 界面活性剤, 機能性薄膜, 分子膜, 化学教育

フォト研究紹介



ページTOPへ