福岡女子大学
福岡女子大学 地域連携センター
地域連携センター 女性生涯学習研究部門 産学官地域連携 地域交流部門
研究者データベース
英語版へ
研究者詳細情報
国際文理学部 国際教養学科
研究者一覧へ戻る
吉田 信
准教授

吉田 信

ヨシダ マコト

略歴

福島県郡山市出身
1988年4月立命館大学国際関係学部入学
1993年3月立命館大学国際関係学部卒業
1993年4月神戸大学大学院法学研究科博士前期課程入学
1995年3月神戸大学大学院法学研究科博士前期課程修了
1995年4月神戸大学大学院法学研究科博士後期課程入学
1996年9月オランダ国立ライデン大学社会科学部留学(~97年8月)
1999年3月神戸大学大学院法学研究科博士後期課程退学
1999年4月神戸大学法学部講師
2000年4月神戸大学大学院法学研究科講師(~03年3月)
2003年4月国立民族学博物館地域企画研究交流センター外来研究員(~04年3月)
2004年4月福岡女子大学文学部助教授
2006年4月京都大学東南アジア研究所客員助教授(~07年3月)
2006年9月京都大学東南アジア研究所ジャカルタ駐在事務所(~07年3月)
2007年4月福岡女子大学文学部准教授
2011年4月福岡女子大学国際文理学部准教授

取得学位

修士(政治学)

研究テーマ

オランダをめぐる法・政治の諸問題
・戦後補償
・植民地の問題
・移民問題
・国籍/市民権
・男女共同参画

研究概要

 オランダを対象に幅広い問題に関心を寄せています.
 近年の研究としては,オランダの旧植民地であった東インドの法制度や戦後補償をめぐる問題がひとつの柱です.他に,オランダ本国での男女共同参画についても研究を進めています.

主要研究業績等

関連専門分野

国際関係論
政治学
歴史学
帝国研究
憲法

所属学会

東南アジア学会
日本国際政治学会
日本平和学会
日蘭学会
オランダ王立言語地誌民族研究所(KITLV)

外部資金の獲得状況

2016-17年 科学研究費補助金新学術領域 研究代表者
2015-17年 科学研究費補助金基盤研究(C)研究代表者
2014年 EUIJ九州研究助成
2013年 EUIJ九州研究助成
2011-13年 科学研究費基盤研究(C)研究代表者
2010-11年 科学研究費基盤研究(C)研究分担者
2007-09年 科学研究費若手研究(B)「オランダ領東インドにおける台湾籍民の法的地位をめぐる研究」
2007-09年 科学研究費基盤研究(C)研究分担者
2007年 財団法人中村治四郎育英会 中村奨励金「オランダ領東インドにおける台湾籍民の活動について」
2005-06年 科学研究費若手研究(B)「文明と野蛮の間:『日本人法』の成立と蘭領東インドにおける住民区分の変容」
2002-04年 科学研究費補助金基盤研究(C)(1)研究分担者
2003年 りそなアジア・オセアニア財団調査研究助成「植民地が植民地になるとき:憲法上の植民地規定の変遷から」
2002年 学術振興野村基金「オランダにおける市民権の研究」
2001-02年 科学研究費若手研究(B)「オランダ植民地統治の研究」
1999年 神戸大学若手研究者助成「定住外国人の市民権に関する研究」

担当講義科目

学部

担当科目 開講期 開講年度 内容
政治理論 前期 2017年度
国際関係演習Ⅰ 前期 2017年度
国際政治史 前期 2017年度
ヨーロッパ政治史 前期 2017年度
ファーストイヤー・ゼミⅠ 前期 2017年度
現代社会における生命と健康 後期 2017年度
国際関係演習Ⅲ 後期 2017年度
現代ヨーロッパの政治と社会 後期 2017年度
国際関係論Ⅱ 後期 2017年度
政治思想史 後期 2017年度
ファーストイヤー・ゼミⅡ 後期 2017年度
卒業研究演習 通年 2017年度
卒業論文 通年 2017年度

大学院

担当科目 開講期 開講年度 内容
国際関係論特別研究Ⅰ 前期 2017年度
国際関係論特別研究Ⅱ 後期 2017年度

活用可能な分野(社会への貢献等)

<審議会>
・古賀市情報公開・個人情報保護審査会会長
・粕屋北部消防組合情報公開審査会会長
・玄海環境組合情報公開審査会会長
・粕屋北部消防組合行政不服審査会委員

<テーマ>
・欧州,特にオランダや北欧における男女共同参画の現状
・地域からの国際化
・外国人移民をめぐる政策提言
・多文化教育

関連領域

  • 社会システム
  • 地域交流
  • 国際交流
 

キーワード

男女共同参画,国籍 , 市民権 , 多文化主義 , 国際化 , 共生 , 移民 , 定住外国人 , 植民地

高校等への出前講義テーマ

 女性の社会進出,とりわけ労働市場への女性の参加は,日本のみならず世界共通の課題です.女性の労働市場への参加を促すシステムをいち早く実現したオランダや北欧各国の現状を学ぶことにより,日本の将来を考えてみたいと思います.

フォト研究紹介


ページTOPへ