福岡女子大学
福岡女子大学 地域連携センター
地域連携センター 女性生涯学習研究部門 産学官地域連携 地域交流部門
研究者データベース
英語版へ
研究者詳細情報
国際文理学部 国際教養学科
研究者一覧へ戻る
准教授

村長 祥子

ムラオサ ショウコ

略歴

東京外国語大学外国語学部英米語学科 卒業
東京大学大学院人文科学研究科修士課程(英語英文学専攻) 修了
東京大学大学院人文社会系研究科博士課程(英語英米文学専門課程) 単位取得満期退学
2002年~ 福岡女子大学文学部 専任講師
2005年 ~ 福岡女子大学文学部 准教授

取得学位

文学修士

研究テーマ

中世期英語の文献学的研究

研究概要

古英語・初期中英語散文の言語研究。

主要研究業績等

関連専門分野

中世英語文献学
英語史
英語学

所属学会

日本中世英語英文学会
日本英文学会

担当講義科目

学部

担当科目 開講期 開講年度 内容
欧米言語文化概論 前期 2017年度
英語文法論 前期 2017年度
欧米言語文化演習Ⅱ 前期 2017年度
英語学入門 前期 2017年度
英米言語文化文献講読Ⅲ 後期 2017年度
英語の歴史 後期 2017年度
欧米言語文化演習Ⅳ 後期 2017年度
卒業研究演習 通年 2017年度
卒業論文 通年 2017年度

大学院

担当科目 開講期 開講年度 内容
英語と文化特別研究Ⅰ 前期 2017年度
英語圏言語文化文献講読Ⅲ 前期 2017年度
英語学特殊研究演習ⅣA 前期 2017年度
英語と歴史特別研究Ⅰ 後期 2017年度
英語圏言語文化文献講読Ⅳ 後期 2017年度
英語学特殊研究演習ⅣB 後期 2017年度

活用可能な分野(社会への貢献等)

英語の歴史やアングロ・サクソン時代の文学について公開講座等で紹介可能。

キーワード

中世期英語, 文献学, 統語論

高校等への出前講義テーマ

英語の歴史~英語は1300年程前に初めて文献に登場します。当時の英語は現代の英語とは違う姿をしていました。両者の違いを実例を交えながら紹介し、どのように現代の英語が発達してきたかをお話しします。

ページTOPへ