福岡女子大学
福岡女子大学 地域連携センター
地域連携センター 女性生涯学習研究部門 研究支援部門 地域交流部門
研究者データベース
研究者詳細情報
女性リーダーシップセンター
研究者一覧へ戻る
品川 啓介
教授

品川 啓介

シナガワ ケイスケ

略歴

富士通株式会社、キヤノンマーケティングジャパン株式会社を経て大学教員に至る。

2016年 4月 立教大学大学院ビジネスデザイン研究科 特任教授
2018年 4月 立命館大学大学院テクノロジー・マネジメント研究科 教授(特別契約教員)
2022年 4月 福岡女子大学女性リーダーシップセンター 教授

取得学位

博士(工学 名古屋大学)、博士(技術経営 立命館大学)

研究テーマ

学術研究における経路依存の発生過程および企業の研究開発への影響の解明
グランドチャレンジ(SDGsを含む)におけるイノベーティブな行動指針の導出方法の解明
高熱伝導・高強度セラミクスの開発

研究概要

自然科学分野の学術研究における進歩の経路並びに経路依存の解明に関わる研究を行っている。例として、青色発光ダイオード用結晶材料の開発において競合関係にあったGaN研究と ZnSe研究が挙げられるが、その進歩において、異なるタイプの経路が存在することを発見した。具体的には、「個々の学術界の論文累積数推移は科学進歩の代理変数となる」という仮説をもとに論文書誌情報を用いた定量的分析を行い、GaN研究において見られる研究数の急増がZnSe研究にはないこと、その急増は「イノベーションの普及理論(疫学に倣った概念で画期的なアイデアが発生すると構成員はそれに急速に感染するという理論)」を応用することで解釈できること、さらにGaN研究の急増の起点には、後にノーベル賞受賞者が輩出されるような画期的な研究が存在するのに対し、ZnSe研究ではそれらが見られないことを明らかにした。また、ZnSe研究はGaN研究で知識爆発が起きた後も単調増加していることから、経路依存(それまでに蓄積された知識に囚われ他領域の進歩や現況の認識を欠いたまま、自領域の研究に邁進してしまう現象)が生じているという仮説を導き、研究者へのインタビューから様々な分野で実際に経路依存が生じていたことを明らかにした。最近では、この研究で得た概念を基に社会科学における研究(ソーシャルイノベーション、SDGs分野)の発展パタンやトレンド分析も行っている。

主要研究業績等

  • k.shinagawa(2019) Does path dependency in scientific community shape technological uncertainty? International Journal of Japan Association for Management Systems /Vol.11/No.1/pp41-48
  • 品川啓介(2017) ハイテク分野の製品イノベーションに資する科学の認識に関する研究 ビジネスクリエーター研究/8号/pp.19-39
  • 品川啓介(2016) ハイテク製品開発における科学知識の爆発-青色LED開発及び先端半導体露光装置開発の発展経路検証- ビジネスクリエーター研究/7号/pp.61-75
  • 品川啓介(2014) 科学知識の爆発とプロセスイノベーション:青色発光ダイオード製品開発研究の定量分析 研究技術計画/29 巻 2_3 号/pp.200-213
  • 品川啓介(2014) プロセスイノベーションの製品開発における役割の定量的実証研究-青色発光ダイオード開発を例に ビジネスクリエーター研究/5号/pp.43-55
  • 品川啓介(2009) サイエンス型産業における新規事業策定のための論文書誌データベースの応用に関する研究 ビジネスクリエーター研究/1号/pp.67-83
  • K Shinagawa, J Yamamoto, S Ohgawara et. al.(2004) "Effects of Nitrogen Addition to Microwave Oxygen Plasma in Surface Wave with Disk-Plate Window and Photoresist Ashing"/Japanese Journal of applied physics(43), pp.6858-6862
  • K Shinagawa, J Yamamoto, K Kusaba et. al.(2002) "Ashing Properties in a Surface-Wave Mode Plasma with a Quartz Window" Japanese Journal of applied physics(41), pp.1224-1229
  • K Kusaba, K Shinagawa, M Furukawa et. al.(2001) "Surface Wave Plasma Production Employing High-Permittivity Material for Microwave Window" Japanese Journal of applied physics (40), pp.L1179-L1182
  • K.Shinagawa et. al.(2001) "Ashing Properties in a Surface-Wave Mode Plasma with a High-Permittivity Alumina Window." Japanese Journal of applied physics (40), pp.5856-5860
  • H.Shindo, K.Shinagawa, M.Furukawa et. al.(1999) "Oxygen Microwave Plasma Density Enhancement by Surface Waves with a High-Permittivity Material Window" Japanese Journal of applied physics (38), pp.4905-4909
  • S. Fujimura, K.shinagawa et.al.(1994) "Sodium contamination free ashing process using O2+H2O plasma downstream"/ Journal of Vaccum Science & technology (B12) pp.2409-2413
  • S. Fujimura, K.shinagawa et.al.(1991) "Resist stripping in an O2+H2O plasma downstream"
  • S. Fujimura, K.shinagawa et.al.(1990) "Additive nitrogen effects on oxygen plasma downstream ashing" Journal of Vaccum Science & technology (B9) pp.357-361

学会発表

  • WU Dongjian 澤口 学 品川 啓介(2022) EUVL装置製造企業ASMLのオープンイノベーションの特徴研究 日本経営システム学会第68回全国研究発表大会(2022年5月21日(土)~22日(日))
  • Keisuke Shinagawa(2022) Detection of promising science that contributes to high-tech business innovation The XXXIII ISPIM Innovation Conference "Innovating in a Digital World", held in Copenhagen, Denmark on 05 June to 08 June 2022
  • k.shinagawa(2021) Are the SDGs challenges to tame problems? The ISPIM Innovation Conference, Berlin, Germany(オンライン開催)
  • k.shinagawa(2020) Creative thinking for deriving fruitful research themes of SDGs ISPIM Connects Global 2020(オンライン開催)
  • k.shinagawa(2018) Does path dependency in scientific progress influence technological turbulence? ISPIM Connects Fukuoka, Fukuoka, Japan
  • k.shinagawa(2018) Creative thinking process towards the Nobel Prize in Physics The ISPIM Innovation Conference – Innovation, The Name of The Game, Stockholm, Sweden on 17-20 June 2018.
  • k.shinagawa(2017) What can the SECI model tell us about scientific innovation? ISPIM Innovation Summit Melbourne, Australia
  • k.shinagawa et al.(2013) The Impact of Science-Based Process Innovation on Blue LED Success The 6th ISPIM Innovation Symposium, Melbourne, Australia
  • k.shinagawa et al.(2012) Science-based Process Technology Impact on Product Success; the LED Case The 5th ISPIM Innovation Symposium, Seoul, Korea
  • k.shinagawa et al.(2012) The Role of a "Scientific Seed Theory" in Scientific Innovation The 23th ISPIM Conference, Barcelona, Spain
  • k.shinagawa et al.(2011) The innovation process of dominant scientific theory: How does “an explosion of scientific knowledge” occur in studies on gallium nitride? The 4th ISPIM Innovation Symposium Wellington, New Zealand
  • k.shinagawa et al.(2010) Radiation cooling effects on recent advanced electronic device performances with alumina Renewable Energy 2010, Yokohama, Japan
  • k.shinagawa et al.(2010) How scientific knowledge influence the market growth; Study on the correlation between the MEMS study and market International Conference on Electronics Packaging 2010, Sapporo, Japan, pp.646-651
  • k.shinagawa et al.(2010) Radiation cooling effects on recent advanced electronic device performances with alumina International Conference on Electronics Packaging 2010 Sapporo, Japan, pp.760-765
  • k.shinagawa et al.(2009) Radiation cooling effects on recent advanced electronic device performances with alumina 24th European Photovoltaic Solar Energy Conference, Hamburg, Germany, pp.3581-3585
  • 品川啓介, 西村元延他(2009) 高放射率を有するアルミナ筐体による高輝度白色LEDの温度上昇低減 平成21年度照明学会第42回全国大会講演論文集、pp.103-104
  • k.shinagawa and M.Nishimura et al.(2009) Radiation Cooling Effects on LSI Chip Temperature with an Alumina Heat Sink of High Infracted Emissivity Material
  • K.Shinagwa, N.Nakamura and S.Fujimura(1992) High ashing rate of ion implanted resist layer 14th Annual Symposium on Dry Process Tokyo, Japan, pp75-80
  • K.Kondo, K.Shinagwa and S.Fujimura(1991) Effects of H2O Downstream on After Corrosion 13th Annual Symposium on Dry Process, Tokyo, Japan, pp.117-122
  • k.shinagawa(1990) Effects of Plasma-Wafer Distance in O2+N2 Downstream Ashing The 8th Symposium on Plasma Processing Montreal, Canada

関連専門分野

【経営分野】 イノベーション・マネジメント、リーダーシップ論、知識経営論
【工学分野】 半導体プロセス、プラズマ化学、高放射率セラミクスによる電子デバイス(PV, Blue LED, LSI)冷却

所属学会

ISPIM*学会員 *The International Society for Professional Innovation Management
日本ソーシャル・イノベーション学会会員 (2021年度より理事)
AOM**学会員 **The Academy of Management

外部資金の獲得状況

科研費基盤研究C 「学術研究における経路依存の発生過程および企業の研究開発への影響の解明」2017-2022
  • 受賞歴

    • 2021年05月 立命館大学  立命館大学 大学教員のコロナ禍でのグッドプラクティス賞 「ハイブリッド環境における「プラクティカム(学外実習)の実施」による

    • 1992年02月 富士通株式会社  富士通株式会社電子デバイス事業本部本部長賞  「O2+H2Oダウンフロー・アッシングによるAlコロージョンの完全防止」による

  • 活用可能な分野(社会への貢献等)

    研究・技術開発戦略、各種イノベーション戦略策定、組織におけるSDGs策定、ソーシャル・イノベーションの実践

    高校等への出前講義テーマ

    「イノベーションって何だろう?―デザイン思考・アート思考発想法―」「SDGsを念頭においたアイデア発想法」「SDGsを念頭においた新規事業発想法」など

    ページTOPへ