福岡女子大学
福岡女子大学 地域連携センター
地域連携センター 女性生涯学習研究部門 研究支援部門 地域交流部門
研究者データベース
英語版へ
研究者詳細情報
言語教育センター
研究者一覧へ戻る
Andrew GALLACHER
講師

Andrew GALLACHER

アンドリュー ガラチャー

略歴

2002年05月 トレント大学(カナダ)(優等生の理学士号取得:心理学、副専攻 コンピュータ学) 卒業
2002年11月 株式会社ジオス英会話、熊本建軍校 英語教師
2006年03月 株式会社ジオス英会話、熊本校 ヘッドティーチャー・エリアマネージャー
2007年10月 株式会社ジオス英会話、企業事業部 プロジェクトマネージャー
2008年04月 アドベンチャーイングリッシュスクール、宗像校 教頭・カリキュラム管理者
2015年12月 ノッティングハム大学芸術学部英語学科 (英)(修士号:応用言語学、英語教育) 修了
2011年04月 九州産業大学、語学教育研究センター 非常勤講師
2011年04月 九州工業大学、教養教育院 非常勤講師
2012年04月 九州産業大学 付属九州産業高校 常勤英語教師
2015年04月 九州産業大学、語学教育研究センター 常勤講師
2016年04月 福岡教育大学、教育学部 非常勤講師

研究テーマ

スマートフォンアプリの開発、または英語の発音研究と関連するデータ収集

研究概要

私の最新の研究では、新しい英単語の発音を学習する際に、音声、視覚、第一言語の意味の3つの情報を含む短いビデオクリップを閲覧できるスマートフォンアプリケーションを開発し、英語の発音学習におけるより多様で包括的な学習ツールの必要性を訴えています。このアプリケーションでは、複数の発音モデル(ワールドイングリッシュのアクセント)を提供することで、日本人学習者が不必要にネイティブスピーカーだけをモデルにする負担を軽減することを期待しています。また、研究者にとっては、データ収集のためのツールとしても活用できます。位置情報、タイムスタンプ、使用時間、単語選択などの分析結果をオンラインレポジトリに蓄積し、定量的な分析が可能です。このように収集したデータを分析することで、日本人の英語発音学習者にとって、より効率的な学習方法の実現につながることが期待されます。

主要研究業績等

学会発表

関連専門分野

Second Language Acquisition [SLA], Learner Motivation, Learner and Teacher Autonomy, Computer Assisted Language Learning [CALL], Vocabulary Research

活用可能な分野(社会への貢献等)

このアプリケーションは、教育工学の分野、特に英語教育に関して使用することを目的としています。データ収集の面では、英語の発音学習の本質を検証したい研究者向けのアプリケーションです。

研究者としてのニーズ

専門的な英単語リストなどのデータベースへのアクセス。声優の仕事をする意思のある英語のネイティブスピーカーとノンネイティブスピーカー。デジタルコンテンツ制作に必要なハードウエア、ソフトウエア。

高校等への出前講義テーマ

English language instruction, English grammar, Western culture, Western history, Communications, Media, Psychology, Sociology, Discourse

ページTOPへ