福岡女子大学
福岡女子大学 地域連携センター
地域連携センター 女性生涯学習研究部門 研究支援部門 地域交流部門
研究者データベース
英語版へ
研究者詳細情報
国際文理学部 食・健康学科
研究者一覧へ戻る
助教

田中 貴絵

タナカ ヨシエ

略歴

2006年 3月 西南女学院大学保健福祉学部栄養学科 卒業
2008年 3月 山口大学大学院医学系研究科 博士前期課程 修了
2008年 3月 修士(生命科学)学位修得
2012年 3月 山口大学大学院医学系研究科 医学博士課程 修了
2012年 3月 博士(医学)学位取得
2012年 4月 山口大学大学院医学系研究科 学術研究員
2013年 4月 西南女学院大学保健福祉学部栄養学科 教育支援職員
2014年 4月 熊本県立大学環境共生学部食健康学科 研究室助手
2015年 4月 西南女学院大学保健福祉学部栄養学科 助手
2021年 4月 福岡女子大学国際文理学部食・健康学科 助教

取得学位

博士(医学)

研究テーマ

食育活動と地域社会への影響に関する研究

研究概要

高齢化の進む現代において、健康寿命の延伸や生活習慣病の予防は重要な課題である。健全な食生活を実践すことや栄養バランスに配慮した食生活の重要性を広く伝えることは生活習慣病の予防につながる。これまでの研究では地域住民への食育活動を通して食への関心、行動変容についての影響を検討している。

主要研究業績等

  • 甲斐達夫, 上森洋子, 緒方冴香, 田中貴絵, 青木るみ子(2021) テンペの呈味性向上に関する研究/Study on Improving the Taste of Tempeh 食品加工技術, Vol.40, No.4, 2020, 1-11
  • 宮原知子, 田中貴絵, 長光里奈, 甲斐達男(2018) 小麦粉加工食品への焼酎粕の利用可能性の検討―蒸しケーキをモデルケースとして― 調理食品と技術, Vol 24, No.4, 162-168, 2018
  • Hiroki Sakai, Kenji Matsuura, Yoshie Tanaka, Takeshi Honda, Teruo Nishida, Makoto Inui(2015) Signaling mechanism underlying the promotion of keratinocyte migration by angiotensin II Mol Pharmacol. 2015, 87(2), 277-85
  • Hiroki Sakai, Yasuhiro Ikeda, Takeshi Honda, Yoshie Tanaka, Kozo Shiraishi, Makoto Inui(2014) A cell-penetrating phospholamban-specific RNA aptamer enhances Ca2+ transients and contractile function in cardiomyocytes J Mol Cell Cardiol, 2014, 76, 177-85
  • Yoshie Tanaka, Takeshi Honda, Kenji Matsuura, Yoshihiro Kimura, Makoto Inui(2009) In vitro selection and characterization of DNA aptamers specific for phospholamban J Pharmacol Exp Ther, 2009, 329(1), 57-63

学会発表

  • *Yoshie Tanaka, Masayo Oumi, Yasuko Sakaida, Tatsuya Tagawa, Toshiyuki Tsujisawa, Hisako Hikiji, Atsuko Nakamichi, Etsuko Teshima, Aiko Ishii, Atsumi Nagata(2022) Joint Activities by Universities for the Improvement of Improving Lifestyle Habits of Community-residing Adults: Influence of the Number of Times Participating on Food Preferences and Lifestyle Improvement 22nd IUNS-ICN International Congress of Nutrition in Tokyo, Japan
  • 田中貴絵、石井愛子、永田純美、長光里奈、辻澤利行、近江雅代(2021) 「食と健康」に関する地域密着型食育活動の展開 ~参加回数が食嗜好および生活習慣改善に及ぼす影響~ 第47回福岡県栄養改善学会
  • 田中貴絵, 石井愛子, 手嶋英津子, 引地尚子, 辻澤利行, 中道敦子, 高橋甲枝, 永田純美, 長光里奈, 髙崎智子, 八木康夫, 近江雅代(2020) 「食と健康」に関する地域密着型食育活動の展開〜参加回数が食嗜好および生活習慣改善に及ぼす影響〜 第67回栄養改善学会学術総会(誌上開催)
  • 近江雅代, 境田靖子, 田川辰也, 手嶋英津子, 高橋甲枝, 辻澤利行, 引地尚子,中道淳子, 石井愛子,田中貴絵, 永田純美, 八木康夫(2019) 「食と健康」に関する地域密着型食育活動の展開〜2018年度事業概要ならびに参加の行動変容〜 第66回日本栄養改善学会学術総会
  • 石井愛子, 田中貴絵, 手嶋英津子, 山田志麻, 境田靖子, 田川辰也, 近江雅代(2017) 北九州市における大学連携事業としての食育活動の展開〜第4報:参加回数と生活習慣改善との関連性〜 第64回日本栄養改善学会学術総会
  • 田中貴絵,田川辰也(2017) 正常若年成人女性における内因性女性ホルモンの血管拡張機能への影響 第64回日本栄養改善学会学術総会
  • 酒井大樹, 池田安宏, 本田健, 田中貴絵,白石宏造, 乾誠(2014) ホスホランバンアプタマーによる心筋収縮能およびCa2+トランジェントの増強作用 第67回日本薬理学会西南部会
  • 田中貴絵, 本田健, 酒井大樹, 乾誠(2011) RNA aptamers against phospholamban with improved stability and efficacy (中安定性と高力価を持つホスホランバン・RNAアプタマー) 第85回日本薬理学会年会
  • 田中貴絵, 乾誠(2011) ホスホランバン・アプタマーの作成と機能解析 第117回山口大学医学会学術講演会
  • 田中貴絵, 乾誠(2008) ホスホランバン・アプタマーの心筋小胞体カルシウム輸送系への効果の検討 第61回日本薬理学会西南部会
  • 田中貴絵, 本田健, 乾誠(2007) ホスホランバン・アプタマーによる心筋小胞体カルシウム輸送促進作用 第81回日本薬理学会年会

所属学会

日本栄養改善学会
日本薬理学会
山口大学医学会

外部資金の獲得状況

共同受託研究等実績)一般社団法人全国栄養士養成施設協会 社会貢献活動への助成金(分担)(2018-2020)『「食と健康」に関する地域密着型食育活動の展開』、西南女学院大学共同研究費(分担)(2016-2020)

担当講義科目

学部

担当科目 開講期 開講年度 内容
給食の運営(校外実習) 集中 2022年度
給食経営管理実習Ⅰ 1Q 2022年度
臨地実習事前事後指導 1Q 2022年度
給食経営管理実習Ⅱ 2Q 2022年度
臨地実習事前事後指導 2Q 2022年度
調理学応用実習 3Q 2022年度
応用栄養学実習 4Q 2022年度

活用可能な分野(社会への貢献等)

食品廃棄物の有効利用に関する研究

研究者としてのニーズ

食品廃棄物の有効利用に関する研究

関連領域

  • 食健康
 

高校等への出前講義テーマ

食と健康について

ページTOPへ