福岡女子大学
福岡女子大学 地域連携センター
地域連携センター 女性生涯学習研究部門 研究支援部門 地域交流部門
研究者データベース
英語版へ
研究者詳細情報
国際文理学部 国際教養学科
研究者一覧へ戻る
講師

河原 梓水

カワハラ アズミ

略歴

2006年3月 立命館大学文学部史学科卒業
2008年3月 立命館大学大学院博士前期課程文学研究科人文学専攻修了
2011年3月 日本学術振興会特別研究員DC2
2012年8月 立命館大学大学院博士後期課程文学研究科人文学専攻修了
2015年4月 立命館大学衣笠総合研究機構専門研究員
2017年4月 日本学術振興会特別研究員PD
2017年10月 ベルリン自由大学歴史文化学部日本学研究所客員研究員
2020年4月 福岡女子大学国際文理学部国際教養学科 講師

取得学位

博士(文学)

研究テーマ

サドマゾヒズム・SMをめぐる、戦後日本の性文化史、思想史、メディア史。

研究概要


戦後の性文化雑誌を史料として活用するための基礎研究をやっています。『奇譚クラブ』という、サディズム、マゾヒズム、フェティシズム、同性愛など、当時周縁的とされていたセクシュアリティに特化した性風俗雑誌を主な分析対象としています。これらの雑誌で展開した、サドマゾヒズムを通じた(反)/近代化論や民主化論、身体論などを抽出して、戦後思想の中に位置づけようとしています。

最近は現代日本の商業SMにも関心を持って取り組んでいます。当事者コミュニティの成長、風営法の規制、プレイとしてのSMの成立などを踏まえながら、SMという欲望の形式がいかに形成されるのかに興味を持っています。

主要研究業績等

学会発表

  • 河原梓水(2022) (登壇者)第9回臨床哲学フォーラム「狂気な倫理:『愚か』で『不可解』で『無価値』とされる生の肯定」(規範の外の生と知恵) 大阪大学豊中キャンパス
  • 河原梓水(2021) 京大・緊縛シンポにおける偽史の流布 日本倫理学会第72回大会ワークショップ ・「〈 応用〉することの倫理――緊縛シンポ、ブルーフィルム、ジェンダー」、京都大学
  • 河原 梓水(2020) 日本の商業BDSMと「真のSM」の追求 第2回臨床哲学フォーラム(規範の外の生と知恵)BDSMをめぐる生の営み――ケアとは何か?

関連専門分野

日本古代史、日本近現代セクシュアリティ研究、変態研究、精神医学、精神分析、性的マイノリティ、BDSM、フェミニズム

所属学会

続日本紀研究会
日本社会文学会
Antitled友の会
昭和文学会
メディア史研究会


外部資金の獲得状況

1. (代表)サントリー文化財団2022年度研究助成「学問の未来を拓く」、「SM研究:支配と暴力をめぐる欲望の歴史・文化・実践」、2022年度-2023年度
2. (代表)科研費・若手研究、「戦後日本におけるサドマゾヒズムの脱病理化と規範化」、2021-2024年度
3. (代表)科研費・若手(B)、「戦後日本におけるアブノーマルなセクシュアリティと近代化/反近代化論」、2017-2020年度
4. (代表)科研費・特別研究員奨励費、「近代日本におけるサドマゾヒズムの歴史的・思想史的研究」、2017年度-2019年度
5. (代表)立命館大学・2016年度研究推進プログラム(科研費獲得推進型)、「国際比較に基づく古代日本における華夷思想の受容と展開の研究」、2016年度
6.(代表)高梨学術奨励基金・若手研究助成、「古代日本における華夷秩序と夷狄認識―蝦夷の帰化・同化を中心に―」、2014年度
7. (代表)科研費・特別研究員奨励費、「宮廷儀礼参列者の分析に基づく日本古代国家による蝦夷統制過程の研究」、2011-2013年度


担当講義科目

学部

担当科目 開講期 開講年度 内容
日本言語文化演習 通年 2021年度
漢文学実践研究 1Q 2021年度
日本文化の科学的解析(オムニバス) 2Q 2021年度
現代日本社会論 2Q 2021年度
現代社会における生命と健康(オムニバス) 3Q 2021年度
現代日本文化 4Q 2021年度

関連領域

  • 文化・歴史
  • 医療
 

キーワード

サディズム マゾヒズム SM BDSM 奇譚クラブ 沼正三 村上信彦 

フォト研究紹介


ページTOPへ