福岡女子大学
福岡女子大学 地域連携センター
地域連携センター 女性生涯学習研究部門 研究支援部門 地域交流部門
研究者データベース
英語版へ
研究者詳細情報
国際文理学部 国際教養学科
研究者一覧へ戻る
准教授

小西 鉄

コニシ テツ

略歴

2015年3月  京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士後期課程 研究指導認定退学
2015年4月  京都大学東南アジア地域研究研究所 連携研究員
2015年4月  京都大学アジア研究教育ユニット 研究員
2015年10月 大阪国際大学 非常勤講師 など
2016年3月  博士(地域研究)
2016年4月  国立国会図書館関西館 非常勤調査員
2016年10月 立命館大学政策学部 非常勤講師 など
2017年4月  大阪経済法科大学経済学部 助教
2018年4月  大阪経済法科大学経済学部 准教授
2020年4月  福岡女子大学国際文理学部 准教授(~現在)
2020年4月  大学間共同利用法人人間文化研究機構 総合地球環境学研究所 共同研究員 (~現在)
2021年4月  福岡大学人文学部 非常勤講師(~現在)

取得学位

専門職修士(公共政策)
博士(地域研究)

研究テーマ

インドネシアのビジネス・金融・経済:
・ビジネス・ファミリーの経済権力 
・金融監督の実効性
・熱泥炭地でのビジネスの社会的責任と取組

研究概要

ビジネスと政治が密接にかかわるインドネシアにおいて、違法企業に対する制裁の実効性を検証するため、上場企業全体に対する金融監督の実効性とその決定要因を分析・論証している。特に、インドネシアの証券市場の発展とその監督制度の変容、上場企業の不透明性、それらに対する制裁の実効性、および金融当局への企業による政治的介入を検討する。本来、証券市場は株主利益の保護を目的として規制が数多く、上場企業の金融取引やガバナンスに対する監視や規制の水準も明確にされているため、上場企業に対する制裁は高い実効性をもつはずだが、インドネシアでは極めて低い水準にある。本研究では、その要因やメカニズムを初めて実証的に分析している。さらに、研究対象を証券市場部門のほか、銀行部門や保険部門など金融部門にも広げていく。金融監督と政治権力の密接な関係は中銀流動性支援流用事件として銀行部門でも見られ、国営保険会社をめぐる経済事件も発覚してきたからである。

主要研究業績等

学会発表

  • Konishi, Tetsu(2021) Effectivity of Financial Regulation on Indonesia’s State-owned Enterprises: Case Studies on PGN and Jiwasraya. The 12th International Convention of Asia Scholars. held by International Institute for Asian Studies on August 27, 2021
  • Konishi, Tetsu(2020) Pengawasan Keuangan Indonesia: Sejarah dan Pandemi. Online Seminar “Meujudkan Indonesia Bebas Pengangguran.” held by Takeastand Indonesia Institute. on March 27, 2021
  • Konishi, Tetsu(2020) Soal Lockdown di Jepang dan Efek Ekonomi (Lockdown and its Economic Impacts in Japan). TV program of ”Closing Bell”, CNBC Indonesia, on January 11, 2021
  • 小西 鉄(2020) インドネシアにおける国有企業に対する金融監督の実効性:国有ジワスラヤ保険社事件からの一考察 インドネシア研究懇話会(KAPAL)再編第二回研究大会、web開催
  • Konishi, Tetsu(2020) "Menakar Kunjungan PM Jepang. (Prospects about Japanese Prime Minister's Visit)" TV program of "Profit", CNBC Indonesia, on October 19, 2020.
  • Konishi, Tetsu(2020) Creative Economy in Japan. Leadership Program for Future Senior Directors of the Central Bank of Indonesia, by Sekolah Pimpinan Tinggi Bank Indonesia, and School of Business and Management, Institute Teknologi Bandung
  • Konishi, Tetsu(2020) Perkembangan Pasar Modal Indonesia dan Risk Ekonomi Politic nya: Sebelum dan setelah Covid 19 (Development of Indonesian Capital Market and its Risk of Political Economy: Before and After Pandemic) Zoom Meeting "Pilihan Strategi Pemulihan Ekonomi di Masa Pandemi" oleh Staf Khusus Presiden Republik Indonesia Bapak Arif Budimanta ("Strategic Option for Economic Recovery in the Pandemic Era" held by Presidential Special Staff, Mr. Arif Budimanta.)
  • Konishi, Tetsu(2020) "Ekonomi Jepang Pasca Abe (Japanese Economy in the Post Abe)" TV Program of "Profit", CNBC Indonesia, on September 1, 2020
  • Konishi, Tetsu(2020) "Ancaman Resesi Ekonomi Indonesia (Thread of Recession on Indonesian Economy)" TV program of "Profit", CNBC Indonesia, on July 28, 2020.
  • 小西 鉄(2020) 「インドネシアにおける金融監督の実効性: 国有保険会社ジワスラヤ社事件からの考察」 アジア政経学会2020年度春季大会、自由論題、web書面開催
  • Konishi, Tetsu(2020) "The 'Corona Shock' Impact on Japanese Economy" Seminar of "Kebijakan Fiskal dalam Penanganan Covid-19: Studi Kasus Jepang, UK, dan USA (Fiscal Policy amid the Covid 19 Pandemic: Study Cases of Japan, the UK and the US.)". Diskusi online by INDEF
  • Konishi, Tetsu(2019) Financial Supervision in Indonesia: VUCA in Stock Market. INDEF School of Political Economy, Ritsumeikan University, Kyoto
  • Konishi, Tetsu(2019) Financial Supervision on VUCA in Indonesian Stock Market preparing for the upcoming Digital Era. International Conference for the Challenges of Disruption Era in Econonmic Development and Public Policy
  • Konishi, Tetsu(2018) Forward Perspective for Research about Business in Indonesian Peatland: Case Study of Riau province. The 3rd Anniversary of Indonesia-Kyoto Collaborative Agreements for Peatland Restoration in Indonesia, Kyoto University, Japan
  • 小西 鉄(2018) 「インドネシアにおける金融監督の実効性:証券市場のダイナミズムと問題の所在 」 アジア政経学会2018年度秋季大会、新潟大学
  • Konishi, Tetsu(2017) Effectiveness of Financial Supervision in Indonesian Stock Market: Case Study of Bakrie Group. 2017年度第4回経済学研究会月例研究会、大阪経済法科大学
  • Konishi, Tetsu(2017) Effectiveness of Financial Supervision in Indonesia: Case Study of Bakrie Group and Its Beyond. The 3rd Seminar of Next Generation Researchers' Group in Emerging State Project in Fiscal 2017, supported by JSPS KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research on Innovative Areas), Graduate Institute for Policy Studies, Tokyo
  • Konishi, Tetsu(2016) Development of Financial Supervision for Capital Market in Indonesia. Asian Conference for Young Scholars of Southeast Asian Studies (AYSEA 2016), National Cheng Chi University, Taiwan
  • 小西 鉄(2016) 「インドネシアにおける資本市場監督:政治的ビジネスに対する実効性」 アジア政経学会2016年秋季大会、自由論題、北九州国際会議場
  • Konishi, Tetsu(2016) Financial Supervision of Capital Market: Effectiveness against Political Business. The 3rd Seminar of Next Generation Researchers' Group in Emerging State Project in Fiscal 2016, supported by JSPS KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research on Innovative Areas), Graduate Institute for Policy Studies, Tokyo
  • Konishi, Tetsu(2015) Effectiveness of Financial Supervision against Political Businesses in Indonesia. The 2nd Seminar of Next Generation Researchers' Group in Emerging State Project in Fiscal 2015, supported by JSPS KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research on Innovative Areas), Graduate Institute for Policy Studies, Tokyo
  • 小西 鉄(2014) 「インドネシア財閥バクリグループによる債務処理戦略:政治権力の私的利用と英国上場石炭企業ブミ社の創設」 東南アジア学会第91回研究大会、自由研究発表、南山大学
  • 小西 鉄(2013) 「インドネシア財閥バクリグループの新たな政治経済戦略:英国石炭会社ブミ社の創設と誤算」 アジア政経学会西日本大会、自由論題、大阪市立大学
  • Konishi, Tetsu(2013) Business Conflict over Bumi Plc. in Indonesian Political Economy: Bakrie vs. Rothschild. International Conference on Constructing Southeast Asia, Gadjah Madah University, Indonesia
  • 小西 鉄(2009) 「ポストスハルト時代のパームオイルプランテーション制度をめぐる政治分析:スマトラを事例として」 アブラヤシ研究会、同志社大学

関連専門分野

インドネシア経済/政治経済、東南アジア経済、地域研究

所属学会

アジア政経学会、東南アジア学会、日本国際政治学会

外部資金の獲得状況

科学研究費(若手研究)(2018-2022)「インドネシアにおける企業への制裁:上場企業への金融監督の実効性に関する実証研究」
りそなアジアオセアニア財団・調査研究助成(2016-2018)「インドネシアにおける資本市場監督の実効性」
科学研究費(新学術領域研究)「新興国の政治と経済」政治経済班・次世代研究者海外学術調査2件
京都大学教育研究振興財団・在外長期研究(2011-2012)「ポスト・スハルト期インドネシアにおけるビジネスと政治」

担当講義科目

学部

担当科目 開講期 開講年度 内容
ファーストイヤーゼミ 後期 2021年度
東アジア地域研究演習 通年 2021年度
卒業研究演習 通年 2021年度
卒業論文 通年 2021年度
グローバリズムと多様性社会(第9-11回担当) 1Q 2021年度
東アジア経済論 2Q 2021年度
地球環境と人類の未来(第4-6回担当) 2Q 2021年度
国際開発論 4Q 2021年度
東アジア地域研究入門(第13-14回担当) 4Q 2021年度

活用可能な分野(社会への貢献等)

我が国の東南アジア理解への一助となる。
日本企業が東南アジア諸国へビジネス展開する際に参照となる。

研究者としてのニーズ

企業や金融機関が東南アジア諸国へ進出する際の創意工夫。

関連領域

  • 社会システム
  • 国際交流
 

キーワード

インドネシア、地域研究、金融監督の実効性、ビジネス・ファミリー、経済権力

高校等への出前講義テーマ

東南アジアの企業グループ、東南アジア経済、ビジネスと政治、国際経済など

ページTOPへ