福岡女子大学
福岡女子大学 地域連携センター
地域連携センター 女性生涯学習研究部門 産学官地域連携 地域交流部門
研究者データベース
英語版へ
研究者詳細情報
国際文理学部 食・健康学科
研究者一覧へ戻る
助教

南 育子

ミナミ イクコ

略歴

2006年3月 岡山県立大学 保健福祉学部 栄養学科 卒業
2008年3月 岡山県立大学大学院 保健福祉学研究科 博士前期課程 栄養学専攻 修了
2012年3月 岡山大学大学院 自然科学研究科 博士後期課程 バイオサイエンス専攻 修了
       博士(農学)取得
2012年4月 岡山大学大学院 環境生命科学研究科 博士研究員
2013年4月 九州栄養福祉大学 食物栄養学部 食物栄養学科 助教
2017年4月 福岡女子大学 国際文理学部 食・健康学科 助教

取得学位

博士(農学)

研究テーマ

1.食品処理による食品の変質の解析
2.食物アレルゲン等の食品に存在する危害要因の低減化

研究概要

 保存や衛生化の為の様々な処理により、食品は構成する分子が変化し変質する。食品処理法の一つである食品照射技術に着目し、食品に電子線等を照射し食品成分の変化を解析している。これにより適切な照射条件を確立し、また食品への照射技術の新たな応用の可能性を検討する。特に照射による脂質酸化の抑制、またタンパク質の照射処理による低アレルゲン化について研究している。
 また、統計処理法を用いて、食品に関する様々な指標の総合的な評価、及び食に関する認識についてのアンケート調査の解析を行っている。

主要研究業績等

外部資金の獲得状況

科学研究費 若手研究(B)(代表)2014~2017年度「食品への照射技術の新たな応用の可能性の検討」
公益財団法人ひと・健康・未来研究財団 平成27年度研究助成 食品分野(代表)2015~2018年「食物アレルギー原因食品の低アレルゲン化への照射技術の応用」
平成27年度私立大学等経常費補助金特別補助 大学間連携等による共同研究(代表)2015年度「食品成分および機能性物質の変質の解析」

担当講義科目

学部

担当科目 開講期 開講年度 内容
人間構造機能学実験Ⅰ 前期 2017年度
微生物学実験 前期 2017年度
人間構造機能学実験Ⅱ 後期 2017年度
栄養生理学実験 後期 2017年度
食品安全学実験 後期 2017年度

活用可能な分野(社会への貢献等)

食品分析、統計処理法による評価・解析、衛生教育・指導

研究者としてのニーズ

製造・加工技術、検査手法

高校等への出前講義テーマ

食品安全性、食物アレルギー、食中毒・感染症予防、高校生物・化学の大学教育への接続

ページTOPへ