福岡女子大学
福岡女子大学 地域連携センター
地域連携センター 女性生涯学習研究部門 産学官地域連携 地域交流部門
研究者データベース
英語版へ
研究者詳細情報
国際文理学部 環境科学科
研究者一覧へ戻る
准教授

小崎 智照

コザキ トモアキ

略歴

1999年 九州芸術工科大学芸術工学部工業設計学科卒業
2001年 九州芸術工科大学大学院芸術工学研究科博士前期課程修了 修士(芸術工学)取得
2004年 九州芸術工科大学大学院芸術工学研究科博士後期課程修了 博士(芸術工学)取得
2004年 九州大学大学院芸術工学研究院学術研究員
2006年 九州大学ユーザーサイエンス機構学術研究員
2009年 九州大学大学院芸術工学研究院学術研究員
2010年 独立行政法人労働安全衛生総合研究所任期付研究員
2011年 九州大学大学院芸術工学研究院 助教
2016年 同 准教授
2017年 福岡女子大学国際文理学部環境学科 准教授

取得学位

博士(芸術工学)

研究テーマ

人間に適した環境条件
人間の生理心理特性の性差

研究概要

 温湿度や光など我々をとりまく住環境因子による人間への生理心理的作用について研究し、人間にとって適した住環境のあり方について取り組んでいます。また、それら人間の生理心理反応の性差差についても検討し、文化や気候といったものが人間の生理心理特性へどのように作用するのかについても研究しています。

主要研究業績等

  • 日高勇樹、矢野雅人、高倉潤也、草野洋介、小崎智照(2017) 100Hzの高速点滅光のデューティー比の差異が動向反応に与える影響
  • Kozaki T, Kubokawa A, Taketomi R, Hatae K(2016) Light-induced melatonin suppression at night after exposure to different wavelength composition of morning light, Neuroscience Letters, 616, 1-4
  • Kozaki T, Kubokawa A, Taketomi R, Hatae K(2015) Effects of day-time exposure to different light intensities on light-induced melatonin suppression at night, Journal of Physiological Anthropology, 34, 27
  • Kozaki T, Arata A, Kubokawa A(2013) Salivary Melatonin Concentrations in a Sitting and a Standing Position, Journal of Hormones, 2013, Article ID 236325
  • Kozaki T, Miura N, Takahashi M, Yasukouchi A(2012) Effect of reduced illumination on insomnia in office workers, Journal of Occupational Health, 54, 331-335

学会発表

  • Tomoaki KOZAKI, Yuki HIDAKA, Masato YANO, Jun-ya TAKAKURA, Yosuke KUSANO(2017) Melatonin Suppression under 100 Hz flicker light and non-flicker light. 13th International Conference of Physiological Anthropology
  • 小崎智照、日高勇樹、高倉潤也、草野洋介(2017) 100Hzの高速点滅光と非点滅光によるメラトニン分泌への作用 日本生理人類学会第75回大会
  • 日高勇樹、矢野雅人、小崎智照(2017) LEDの調光特性がメラトニン分泌抑制に及ぼす作用 日本人間工学会第58回大会

外部資金の獲得状況

平成27年度日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究B)
 研究題目「メラトニン分泌抑制を軽減するLED 照明の点滅特性」(課題番号:15H04431)(代表)
平成26年度新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
 研究課題「ヒューマンファクターを考慮した省エネ照明システムの開発」(分担)
平成25年度日本学術振興会科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
 研究題目「異なる調光方式のLED 照明によるメラトニン分泌抑制作用」(課題番号:25560027)(代表)
平成23年度日本学術振興会科学研究費補助金(若手研究B)
 研究題目「メラトニン分泌開始位相を維持する日中の光特性に関する研究」(課題番号:23770290)(代表)
平成20年度日本学術振興会科学研究費補助金(若手研究B)
 研究題目「メラトニン分泌を促進する日中の人工照明光特性の解明」(課題番号:20700577)(代表)
  • 受賞歴

    • 2016年05月 日本生理人類学会  論文奨励賞

    • 2008年05月 The 8th International Congress of Physiological Anthropology  Presentation Award

    • 2004年05月 九州芸術工科大学  学生表彰

    • 2003年05月 日本生理人類学会  第49回大会発表奨励賞

  • 担当講義科目

    学部

    担当科目 開講期 開講年度 内容
    持続可能社会の設計 前期 2017年度
    環境生活論および実習Ⅰ 前期 2017年度
    環境生活演習Ⅰ 前期 2017年度
    ファーストイヤー・ゼミⅠ 前期 2017年度
    環境衛生学 前期 2017年度
    環境人間工学 前期 2017年度
    ファーストイヤー・ゼミⅡ 後期 2017年度
    環境生活論および実習Ⅱ 後期 2017年度
    卒業研究演習 通年 2017年度
    卒業論文 通年 2017年度

    大学院

    担当科目 開講期 開講年度 内容
    生活環境衛生学特論 前期 2017年度
    環境マネジメント特別演習Ⅰ 後期 2017年度

    活用可能な分野(社会への貢献等)

    人間の生理特性に適した光・温熱環境に関する知見の提供
    生物学の観点から性差を尊重した男女共同参画社会等に関する知見の提供

    研究者としてのニーズ

    人間の概日リズム系に適した光環境を実現する新たな照明技術
    省エネと快適性を兼ね備えたオートモーティブならびに住環境の次世代空調技術

    関連領域

    • 環境科学
     

    高校等への出前講義テーマ

    受験に備えた照明術
    (学習効果を妨げない照明の使い方について、光による生理作用とそのメカニズム)

    ページTOPへ