福岡女子大学
福岡女子大学 地域連携センター
地域連携センター 女性生涯学習研究部門 産学官地域連携 地域交流部門
研究者データベース
英語版へ
研究者詳細情報
国際文理学部 国際教養学科
研究者一覧へ戻る
教授

長岡 真吾

ナガオカ シンゴ

略歴

1986年 島根大学法文学部文学科卒業
1989年 文学修士取得(筑波大学大学院)
1991年 筑波大学大学院博士課程文芸・言語研究科満期退学
1991年 岩手大学人文社会科学部 講師
1996年 筑波大学現代語・現代文化学系 講師
2005年 島根大学法文学部 助教授
2008年 同 教授
2014年 アメリカ合衆国ワシントン州立ワシントン大学シンプソン人文学センター 客員研究員
2017年 福岡女子大学国際文理学部 教授

研究テーマ

米国文学・文化における民族表象
文化衝突/交流における交雑文化の生成

研究概要

 国や文化を問わず「民族」は日常生活から一般社会、政治や法律など様々な領域で重要な意味を持っている。集団や共同体を定義する際の基本とみなされて迫害や殺戮の根拠とされてきた一方で、「民族」は文化の領域においても様々な形で表現され、創造され、継承されてきた。これまでは、特にアメリカ合衆国の文学を「民族文学」という視点から捉え直し、現代先住民作家を主たる対象にしながら、民族性がどのように文化表象において記号化されたり再創造されたりしているかについて、その諸相を可視化することに貢献してきた。差別されてきた民族に属する作家は基本的に告発と対立を形象化する傾向があるが、一方では主流文化との相互浸透によって生まれた独自の交雑(ハイブリッド)性を積極的に創作活動に取り込もうとする試みも見られる。そのような文化交流と文化創造の現場ではどのように創作・表現活動が行われているのかについて研究を進めている。
 また、文化交流・文化的交雑性という観点をラフカディオ・ハーン/小泉八雲の作品や伝記的解釈にも適用する研究も進めている。

主要研究業績等

外部資金の獲得状況

2002‒2005年度 科学研究費基盤研究(B)「Epistemological Framework と英米文学」共同研究者(研究代表者:鷲津浩子)
  • 受賞歴

  • 担当講義科目

    学部

    担当科目 開講期 開講年度 内容
    近・現代アメリカの文化と文学Ⅰ 前期 2017年度
    欧米文学と映像メディア 前期 2017年度
    ファーストイヤー・ゼミⅠ 前期 2017年度
    欧米言語文化演習Ⅱ 前期 2017年度
    英米言語文化文献講読Ⅳ 後期 2017年度
    欧米言語文化演習Ⅲ 後期 2017年度
    ファーストイヤー・ゼミⅡ 後期 2017年度
    欧米文化理論 後期 2017年度
    卒業研究演習 通年 2017年度
    卒業論文 通年 2017年度

    大学院

    担当科目 開講期 開講年度 内容
    英語圏文学と文化特別研究Ⅰ 前期 2017年度
    英語圏文学・言語とジェンダー特別演習 前期 2017年度
    比較文学研究Ⅰ 前期 2017年度
    英語圏文学と歴史特別研究Ⅰ 後期 2017年度
    英語圏言語文化文献講読Ⅱ 後期 2017年度

    活用可能な分野(社会への貢献等)

    民族的対立における個人レベルでの内的諸相の解明や、民族的差異を対立や敵対としてではなく異種混交の創造的ソースと捉える観点の提供など。一般参加を含む英語小説の読書会の開催など。

    研究者としてのニーズ

    民族表象に関するさまざまな事例。メディアや商品展開などにおける具体的な民族表象の例や、民族性にかかわる資料。

    高校等への出前講義テーマ

    言葉や作品が「力」をもつしくみ。
    (例1:「行間を読みなさい」といわれるけれど、行間には何も書かれていない。どうして見えないものが読めるのか? 例2:ある言葉を辞書で調べるといくつもの意味が載っているのに、どうして普通に話している時にはどの意味でいったのかがすぐわかるのか?)

    ページTOPへ