福岡女子大学
福岡女子大学 地域連携センター
地域連携センター 女性生涯学習研究部門 産学官地域連携 地域交流部門
研究者データベース
英語版へ
研究者詳細情報
国際文理学部 国際教養学科
研究者一覧へ戻る
教授

佐藤 秀樹

サトウ ヒデキ

略歴

1994年 九州大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学
     九州産業大学経済学部 専任講師(~1997年)
1997年 九州産業大学経済学部 助教授(~2006年)
1998年 九州国際大学経済学部 非常勤講師(~2003年;2010年~2012年)
2000年 佐賀大学経済学部 非常勤講師(~2001年)
2005年 福岡工業大学社会環境学部 非常勤講師(~2007年)
     熊本大学法学部 非常勤講師(~2006年)
2006年 九州産業大学経済学部 教授(~2017年)
     新宮町上下水道料金等審議会長(~2008年)
2012年 九州共立大学経済学部 非常勤講師(~2014年)
2017年 福岡女子大学国際文理学部 教授

取得学位

博士(経済学)

研究テーマ

・政府の価値判断と貧困層への課税に関する理論的研究
・途上国の政策課題に対する経済理論的アプローチ

研究概要

 政策の遂行に必要な財源を確保するために、政府がどのように所得税を課すべきか、という問いは、1970年代以降、経済学の研究対象となっている。この研究に関して、特に、政府の価値判断に着目し、それが課税構造にどのような影響を及ぼすか、を研究してきた。そして、政府の価値判断と実現する課税構造とが一致する、いわば政府の自己実現は唐突に生起するという、不連続な課税構造という概念を提唱した。また、その不連続な課税構造は、法の条件にどのように左右されるか、ということについて、更に、研究を進めている。
 経済をグローバルに見渡すと、極度の貧困・飢餓、環境汚染、腐敗・汚職等、シリアスな政策課題が山積している。このような課題の一つ一つ(例えば、途上国において、腐敗・汚職を防止することや労働環境を改善すること等)に着目し、丹念に研究してきた。現在は、大気汚染による健康被害を削減するための政策効果について研究を進めている。

主要研究業績等

  • Sato,H.(2017) Optimal income tax structure with favoritism in Naitoh,T. et al. eds.Applied Approaches to Societal Institutions and Economics. Singapore: Springer: 145-150.
  • Sato,H.(2017) Pollution from Cournot duopoly industry and the effect of ambient charges Journal of Environmental Economics and Policy, 6(3):305-308.

学会発表

  • 佐藤秀樹(2017) ノンポイントソース汚染に対する環境政策 日本経済政策学会西日本部会第99回大会(大分大学)

所属学会

日本応用経済学会、日本経済学会、九州経済学会、日本経済政策学会、International Association of Regional Studies・日本地域学会、日本法と経済学会、日本計画行政学会

担当講義科目

学部

担当科目 開講期 開講年度 内容
グローバリズムと多様性社会 前期 2017年度
国際経済のしくみ 前期 2017年度
国際経済・マネジメント演習Ⅰ 前期 2017年度
ファーストイヤー・ゼミⅠ 前期 2017年度
マクロ経済学Ⅰ 前期 2017年度
マクロ経済学Ⅱ 後期 2017年度
開発経済学 後期 2017年度
経済成長 後期 2017年度
国際経済・マネジメント演習Ⅲ 後期 2017年度
ファーストイヤー・ゼミⅡ 後期 2017年度
経済政策 後期 2017年度
公共経済学 後期 2017年度
卒業研究演習 通年 2017年度
卒業論文 通年 2017年度

大学院

担当科目 開講期 開講年度 内容
マクロ経済学特別研究Ⅰ 前期 2017年度
マクロ経済学特別研究Ⅱ 後期 2017年度

活用可能な分野(社会への貢献等)

経済理論的な見地から、政策課題への助言等
主として途上国の経済問題に関する実践的な教育

研究者としてのニーズ

途上国・新興国の人々の暮らしに関連した(フィールド調査やビジネス等の)情報

関連領域

  • 社会システム
 

高校等への出前講義テーマ

市場の機能とその成果(需要と供給の概念を用いつつ、私益と公益とが両立する理由を説明します。)

ページTOPへ