福岡女子大学
福岡女子大学 地域連携センター
地域連携センター 女性生涯学習研究部門 産学官地域連携 地域交流部門
研究者データベース
英語版へ
研究者詳細情報
国際文理学部 AEP担当
研究者一覧へ戻る
講師

大谷 英理果

オオタニ エリカ

略歴

2009年3月 西南学院大学文学部英文学科卒業
2011年3月 九州大学大学院人文科学府言語文学専攻修士課程修了
2011年4月―2012年3月 尚絅大学非常勤講師
2012年4月―2013年3月 福岡県立博多青松高等学校非常勤講師
2014年4月―2016年3月 長崎大学多文化社会学部コーチングフェロー
2016年4月 福岡女子大学国際文理学部講師(現在に至る)

取得学位

修士(文学)

研究テーマ

19世紀~20世紀初頭のイギリス・ニュージーランド文学研究

研究概要

 19世紀以降、観光旅行が技術の発達と共にモダンな現象として徐々に大衆化されていき、資本主義化の進展の中で様々な問題が生じてきた。しかしながら、旅行が、他国を理解するための平和的な手段であることに変わりはない。こういった背景の中で、作家のテクストに描かれる人間の移動(旅や旅行)と異文化描写を考察し、様々な学問領域で盛んになってきている観光研究を参照して、イギリス文学(特に、E. M. ForsterやVirginia Woolf)に描かれる旅行表象の研究を行ってきた。また、ジェンダー表象の偏差への関心から、数は少ないが女性作家もしくは女性旅行家による小説・日記・紀行文などを考察し、そこに描き出された女性の声を拾い上げていくことを行っている。
 現在は、旅行や移住の視点から英文学作品の分析を引き続き行うと共に、特に、英国植民地期のニュージーランド社会を舞台としたKatherine Mansfieldの作品群の歴史・社会・文学的研究に力を入れている。

主要研究業績等

関連専門分野

ニュージーランド社会史

所属学会

日本英文学会
日本ヴィクトリア朝文化研究学会
日本ヴァージニア・ウルフ協会

担当講義科目

学部

担当科目 開講期 開講年度 内容
学術英語リーディングⅡ 前期 2017年度
学術英語ライティングⅢ 前期 2017年度
学術英語コミュニケーションⅠ 前期 2017年度
学術英語リーディングⅠ 前期 2017年度
学術英語リーディングⅤ 前期 2017年度
学術英語リーディングⅣ 後期 2017年度
学術英語コミュニケーションⅡ 後期 2017年度
学術英語リーディングⅢ 後期 2017年度

関連領域

  • 文化・歴史
 

キーワード

観光旅行、移住、英文学、女性作家

ページTOPへ