福岡女子大学
福岡女子大学 地域連携センター
地域連携センター 女性生涯学習研究部門 産学官地域連携 地域交流部門
研究者データベース
英語版へ
研究者詳細情報
国際文理学部 食・健康学科
研究者一覧へ戻る
助手

森田 理恵子

モリタ リエコ

略歴

2009年3月 福岡女子大学大学院 人間環境学研究科 栄養健康科学専攻 修了
2016年4月 福岡女子大学 国際文理学部 食・健康学科 助手

取得学位

修士(人間環境学)

研究テーマ

1.Cells Alive Systemの食物分野における有用性検証
2.うま味成分を用いた減塩検討

研究概要

1.Cells Alive System(CAS)の食物分野における有用性検証
 CASで凍結させた食品は鮮度・美味しさを長期維持できるといわれており、そのエビデ
 ンス構築を行い、導入効果検討を行っている。

2.うま味成分を用いた減塩検討
 食塩とうま味成分のどのような種類・組み合わせで最も美味しく感じるか官能評価を行
 い、食塩摂取低減の取り組み方法を検討している。

主要研究業績等

学会発表

  • 森田理恵子、早渕仁美、YangZhu、梅木陽子、藤谷祥司、松本英希(2017) 食塩摂取低減を目的としたうま味成分活用効果の定量的検証~汁物を想定したNaCl・MSG混合溶液の官能評価~ 日本栄養・食糧学会第71回大会(沖縄)

所属学会

日本栄養改善学会、日本栄養・食糧学会

担当講義科目

学部

担当科目 開講期 開講年度 内容
公衆栄養学実習 前期 2017年度
公衆衛生学実習 前期 2017年度
栄養教育論実習 後期 2017年度
公衆栄養学臨地実習 後期 2017年度
臨地実習事前・事後指導 通年 2017年度

関連領域

  • 食健康
 

ページTOPへ