福岡女子大学
福岡女子大学 地域連携センター
地域連携センター 女性生涯学習研究部門 産学官地域連携 地域交流部門
研究者データベース
英語版へ
研究者詳細情報
国際文理学部 環境科学科
研究者一覧へ戻る
庄山 茂子
教授

庄山 茂子

ショウヤマ シゲコ

略歴

1984年 福岡女子大学家政学部卒業
1993年 奈良女子大学大学院家政学研究科修了
2001年 九州芸術工科大学大学院芸術工学研究科(博士後期課程)生活環境専攻修了
1984年~1990年 福岡県立高等学校教諭
1993年~長崎県立女子短期大学 専任講師
1999年~県立長崎シーボルト大学 助教授
2004年~県立長崎シーボルト大学 教授
2008年~長崎県立大学教授 
2011年~2013年 長崎県立大学大学院国際情報学研究科長
2013年~2015年3月 長崎県立大学国際情報学部長
2015年4月 福岡女子大学国際文理学部 教授

取得学位

博士(芸術工学)

研究テーマ

快適な生活環境を実現するための色彩計画
1.景観色彩計画(建築物、屋外広告物、街路)
2.ユニバーサルデザインに配慮した色彩計画
3.被服分野における色彩計画 (医療用、介護用ユニフォーム)

研究概要

色彩は、視覚を通して得られる情報であると同時に人の心に情感を与え、生活をより豊かにしてくれます。現在、都市計画や企業の商品開発はもとより、生活のあらゆる分野で、色彩の重要性が再認識されています。そこで、色によって快適な生活環境を実現するための研究を進めています。 特に、人間に最も身近な環境である被服と色彩に関する研究では、表現メディアとしての被服に着目して、外来患者や入院患者等を対象にした心理評価をもとに信頼や思いやりを感じさせる医療用ユニフォームのデザインについて検討しています。その他、歴史的な文化や伝統に培われた「まちなか」の賑わいの再生や魅力ある景観の創出を目指して景観色彩調査やまちなみ修景計画に関する研究を行っています。

主要研究業績等

学会発表

関連専門分野

環境デザイン学
色彩心理学
被服心理学

所属学会

人間生活環境系学会
日本繊維製品消費科学会
日本生理人類学会
日本デザイン学会
日本色彩学会
日本家政学会

外部資金の獲得状況

2017~2020年度科研費基盤研究(B)「高齢者の入浴事故防止に向けた生活指導ガイドラインの作成 」(分担)
2016~2018年度科研費基盤研究(C)「循環型社会と男女共同参画社会実現に向けた職場における制服のあり方について」(代表)
2016~2018年度科研費基盤研究(C)「タブレット画面の文字と背景色の色彩がアクセシビリティと生理心理反応に及ぼす影響」(分担)
2013~2015年度科研費基盤研究(C)「異なるデザインの医療用・介護用ユニフォームに対する患者と要介護者の心理的評価」(代表)
2012~2014年度科研費基盤研究(C)「有彩色によるVDT画面が作業効率と生理的心理的反応に及ぼす影響」(分担)
2010~2012年度文部科学省「特色ある共同研究拠点の整備の推進事業」委託費「制服としての看護服の変遷と現代における看護服のデザインの違いが看護師および患者に与える心理的影響」(代表)
2008 ~2011年度科研費基盤研究(B)「 我が国の小・中学校『ものづくり教育』再構築に関する研究」(分担)
2005~2007年度科研費基盤研究(C)「虹彩色の人種間の違いが色の見えに及ぼす影響について」(代表)
2004年度 (財)石本記念デサントスポーツ科学振興財団「高齢者の快適で安全な生活支援のための色彩の役割について」(分担)

(行政機関)
2011~2013年度 長崎市中島川・寺町エリア まちなみ修景計画策定業務委託 長崎市都市計画部
2013年度 長崎市高島(北渓井坑跡周辺)地区景観色彩基準検討調査 長崎市都市計画部
  • 受賞歴

    • 2017年06月 日本繊維製品消費科学会 学会賞論文賞

    • 2015年09月 グッドデザイン賞「雨の足音プロジェクト:雨のまちぶらマップ」

    • 2013年11月 人間-生活環境系学会 人間-生活環境系学会論文賞

    • 2012年10月 長崎県立大学理事長表彰

    • 2011年11月 人間-生活環境系学会 人間-生活環境系学会論文賞

  • 担当講義科目

    学部

    担当科目 開講期 開講年度 内容
    環境生活演習Ⅲ 前期 2017年度
    環境生活論および実習Ⅰ 前期 2017年度
    生活環境デザイン 前期 2017年度
    都市空間デザイン 前期 2017年度
    生活と環境 後期 2017年度
    環境デザイン実習 後期 2017年度
    環境生活論および実習Ⅱ 後期 2017年度
    卒業研究演習 通年 2017年度
    卒業論文 通年 2017年度

    大学院

    担当科目 開講期 開講年度 内容
    環境デザイン学特論 前期 2017年度
    環境マネジメント特別演習Ⅱ 後期 2017年度
    環境科学特殊研究Ⅰ 後期 2017年度
    人間環境科学特殊演習 通年 2017年度

    活用可能な分野(社会への貢献等)

    ・地域における景観色彩計画、サイン計画
    ・企業におけるユニフォームの商品開発のためのデータ活用
    ・病院や介護施設でのユニフォーム採用のためのデータ活用

    研究者としてのニーズ

    市町村における景観計画の動向
    循環型社会形成に向けたアパレル企業の取り組み

    関連領域

    • 環境科学
     

    キーワード

    環境デザイン、景観色彩、ユニバーサルデザイン、ユニフォーム

    高校等への出前講義テーマ

    生活環境下における色彩の役割と効果

    ページTOPへ