福岡女子大学
福岡女子大学 地域連携センター
地域連携センター 女性生涯学習研究部門 産学官地域連携 地域交流部門
研究者データベース
英語版へ
研究者詳細情報
国際文理学部 国際教養学科
研究者一覧へ戻る
山根 健至
講師

山根 健至

ヤマネ タケシ

略歴

1977年大阪府生まれ
立命館大学大学院国際関係研究科博士後期課程修了 博士(国際関係学)
フィリピン大学第三世界研究所客員研究員(2006年)
立命館大学衣笠総合研究機構ポストドクトラルフェロー(2008年-2009年)
立命館大学立命館グローバル・イノベーション研究機構専門研究員(2010年-2014年)
立命館大学非常勤講師(2008年-2014年)
龍谷大学非常勤講師(2012年-2014年)
2014年10月より福岡女子大学国際文理学部講師

取得学位

博士(国際関係学)

研究テーマ

東南アジア現代政治

研究概要

①東南アジア諸国の民主化と民主主義の展開について、また、安全保障や平和構築における市民社会などの非国家主体の役割りについて、主にフィリピンを対象に研究している。
②人身売買等の越境的問題に対して、東アジア地域でどのような地域的なガバナンスが形成されているのかを、その重層性に着目して研究している。

主要研究業績等

  • 山根健至(2016) 『フィリピンの国軍と政治:民主化後の文民優位と政治介入』(単著)法律文化社、2014年

関連専門分野

地域研究
比較政治学
国際関係論
安全保障論

所属学会

日本比較政治学会、アジア政経学会、日本国際政治学会、東南アジア学会、日本平和学会

外部資金の獲得状況

日本学術振興会科学研究費補助金・若手研究B・研究代表者(2015年-2017年)
日本学術振興会科学研究費補助金・基盤研究A・研究分担者(2015年-2017年)
日本学術振興会科学研究費補助金・若手研究B・研究代表者(2012年-2014年)
日本学術振興会科学研究費補助金・基盤研究B・研究分担者(2012年)
公益財団法人・村田学術振興財団第27回研究助成(2011年)


担当講義科目

学部

担当科目 開講期 開講年度 内容
グローバリズムと多様性社会 前期 2017年度
今日の東アジア社会 前期 2017年度
東アジア地域研究演習Ⅰ 前期 2017年度
東南アジアの政治と社会 前期 2017年度
東アジアの政治と社会 前期 2017年度
東アジア地域関係論 後期 2017年度
東アジア地域研究演習Ⅲ 後期 2017年度
東アジア地域研究入門 後期 2017年度
国際開発論 後期 2017年度
卒業研究演習 通年 2017年度
卒業論文 通年 2017年度

大学院

担当科目 開講期 開講年度 内容
東アジア政治論特別研究Ⅰ 前期 2017年度
東アジア政治論特別研究Ⅱ 後期 2017年度

活用可能な分野(社会への貢献等)

東南アジアの政治情勢

高校等への出前講義テーマ

東南アジアの現在
日本と東南アジアの関係

ページTOPへ