ご挨拶

福岡女子大学後援会の会員であります保護者の皆様方には、日ごろから後援会活動に対してご理解ご協力を賜り、誠に有難うございます。
本会は昭和25年に発足して以来、本学の教育振興を図り、学生の皆さんの大学生活をよりよいものとするため、大学と協力して活動を行ってきました。

ご承知のとおり、福岡女子大学は、日本で初めての公立女子専門学校として、大正12(1923)年に創設された長い歴史と伝統を持つ大学であり、幾多の優秀な人材を輩出しています。また、平成23年4月には、「次代の女性リーダーの育成」という建学理念により、めまぐるしく変化していく時代の要請に応えられる、グローバルな視点を持つ女性を社会に送り出すという使命を果たすべく国際文理学部が創設され、新たな時代を迎えることになりました。
後援会といたしましても、学生の皆様の大学生活をよりよいものにするという設立趣旨に基づき、大学と協力して、大学祭や体育祭、卒業式などの学校行事のほか、施設整備費、福利厚生費、各種資格取得助成費、TOEIC・TOEFL受験費、インターンシップ参加費、キャリアコンサルティング実施費、書籍購入費等への助成など、メニューの充実を図っているところです。
国際文理学部が創設され早や7年目となり、大学の価値も全国的に高い評価を受けるようになり、後援会活動のより一層のきめ細やかな対応が必要とされてくると思いますので、皆様のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

なお、活動報告の場として、毎年6月に総会を実施しております。大学側と保護者の方との間で直接意見を交換できる貴重な機会ともなっていますし、終了後に行われる学内ツアーも毎回好評です。ぜひご参加頂きますようお願い致します。本学学生がより充実した学生生活を送ることができる様、皆様のご意見を賜りますようお願い申し上げます。

福岡女子大学後援会会長 橋本 美紀