会則

福岡女子大学後援会会則

制定 昭25.4.
第1条 本会は福岡女子大学後援会と称し、事務局を福岡女子大学(以下「本学」という。)内に置く。
第2条 本会は、本学の教育振興を図り、もってその教育の効果の実現に寄与することを目的とする。
第3条 本会の目的を達成するため、概ね次の事業を行う。
(1) 教育の助成に関する事項
(2) 施設の援助に関する事項
(3) 福利厚生の助成に関する事項
(4) その他、大学運営に必要な助成に関する事項
第4条 本会は在学学生の保護者でこれを組織する。
第5条 本会の経費は、次に掲げる収入をもってこれに充てる。
(1) 入会金 入学生1人につき一時金40,000円とし、入学手続の際全額納入するものとする。(大学院の学生については、徴収しない。)
(2) 会 費 学生1人につき年額10,000円とし、入学生は入学手続の際、在学生は前期授業料納期までにそれぞれ全額納入するものとする。ただし、授業料を免除された者は会費を免除できるものとする。
(3) 一般寄付金
(4) その他
第6条 本会に次の役員を置く。
(1) 理事45人以内とし、うち会員中から32人以内並びに副学長1人、各学部長、国際化推進センター長、入試・広報・キャリア支援センター長、学術情報センター長及び事務局長
(2) 会 長 1人
(3) 副会長 1人
(4) 監 事 2人(理事以外の会員)
2 役員任期は、会員にあっては学生在学期間とする。ただし、欠員を生じた場合は次の総会において補充する。
第7条 本会に顧問を置き、学長を推薦する。
第8条 本会の役員は、次の方法により選出する。
(1) 会員中からの理事は、総会において選出する。
(2) 会長及び副会長は、前号により選出された理事の中から理事会において選出する。
(3) 監事は総会において選出する。
第9条 本会役員の任務は次のとおりとする。
(1) 会長は会務を総理し、総会及び理事会の議長となる。
(2) 副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときは、会長の任務を代行する。
(3) 理事は理事会を構成し、理事会は次の事項を行う。
イ 収入支出予算案の編成及び予算の執行
ロ 収入支出決算の報告
ハ 総会決議事項の処理
ニ その他会務の遂行
(4) 監事は、毎年1回以上会計監査を行い、その結果を総会及び理事会において報告する。
第10条 総会は毎年1回5月又は6月に開く。ただし理事会で必要と認めたときは、臨時総会を開くことができる。
2 理事会は、会長が認めたときに招集する。
第11条 総会で行う事項は、次のとおりとする。
(1) 収入支出予算の議決および決算報告の認定
(2) 会務報告の承認
(3) 会則の変更
(4) その他必要事項
第12条 総会は、会員の3分の1以上の出席がなければ成立しない。又、理事会は、理事の2分の1以上の出席がなければ成立しない。ただし、総会は会員の、理事会は理事の委任状をもって出席にかえることができる。
第13条 総会及び理事会の議決は、出席者の過半数をもって決する。可否同数のときは議長がこれを決する。
第14条 本会の事務局に書記を置くことができる。
第15条 本会の会計年度は、4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

附 則
この会則は、平成14年6月8日から適用する。
この会則は、平成18年4月1日から適用する。
この会則は、平成20年4月1日から適用する。
この会則は、平成23年4月1日から適用する。