福岡女子大学
福岡女子大学 地域連携センター
地域連携センター 女性生涯学習研究部門 産学官地域連携 地域交流部門
研究者データベース
英語版へ
研究者詳細情報
国際文理学部 体験学習担当
研究者一覧へ戻る
和栗 百恵
准教授

和栗 百恵

ワグリ モモエ

略歴

1973年生

1993年 東京都立町田高等学校卒業

1997年 中央大学総合政策学部卒業(第1期生)

1999年 米国スタンフォード大学大学院教育研究科修了

1999年 スリランカLanka Jathika Sarvodaya Shramadana Sangamaya (Assistant to Executive Director)

2000年 財団法人日本環境財団ソーシャルデザイン研究所職員

2002年 中央大学総合政策学部客員講師

2003年 中央大学総合政策学部特任講師

2007年 早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター客員講師(常勤)[2008-2010年は客員講師(非常勤)、2010年-2013念は客員准教授(非常勤)]

2008年 大阪大学グローバルコラボレーションセンター特任助教

2009年 福岡女子大学大学改革推進室准教授

2010年 福岡女子大学国際文理学部准教授

取得学位

Master of Arts in Education (International Comparative Education), Stanford University School of Education

研究テーマ

大学教育における体験的な学習手法の開発と評価指標研究、サービスラーニング(社会参加型学習)、地域と大学の連携、キャリア教育

研究概要

「大学教育における体験学習の実践研究」。

ご専門は何ですか?と訊かれそう返すとき、戸惑いに出逢う。「経済学」「政治学」、あるいは「数学」や「文学」とは毛色が違う、聞き慣れない、何だかよくわからない分野。そんなとき私は、次のような説明を試みる。
①全入時代と言われる大学教育では、学生が学ぶ意味を見出したり、学ぶ意欲を自ら燃やし続けたりするための仕掛けや支援が重要である
②知識基盤社会と言われる21世紀、変化が激しい社会で生きていくためには、構成主義的アプローチ(学ぶ意味は学習者自身が構築する)で学ぶ訓練が必要
③生きる営みが加速度的にコンビニ/インスタント/ヴァーチャル化している日々にあって、他者や社会、自然との関係性を意識化し紡ぎ直すような学習によって学生が自らを社会に文脈化できるようになり、「学ぶ」と「生きる」が統合されていく
④様々なプロセスを創り出し、成功体験だけではなく失敗体験を通して、あるいは、踏ん張りを効かせるような体験を通して、レジリエンス(復元力、回復力)が培われる。

2011年4月に新設された国際文理学部7つの特色のひとつである体験学習。それを通して、「自らが社会を創っていく」認識と行動力を持つ学生を地域の皆さんと共に育てる、同時に地域の課題解決に資するプログラムを展開する。それが私の実践研究です。

主要研究業績等

関連専門分野

教育学(高等教育研究)

所属学会

大学教育学会
初年次教育学会
大学教育における「海外体験学習」研究会

外部資金の獲得状況

福岡県「世界に打って出る若者育成事業」2011年~2016年
福岡県まちとむら交流事業助成金2011年~2013年
体験学習受入先による交通費・活動費負担2011年~2012年
体験学習受入先と共同申請・福岡市水産ベンチャー育成事業採択2011年
  • 受賞歴

  • 担当講義科目

    学部

    担当科目 開講期 開講年度 内容
    フィールド実践・研究推進論Ⅰ 前期 2017年度
    フィールド実践・研究推進論Ⅱ 前期 2017年度
    フィールド実践・研究推進論Ⅰ 後期 2017年度
    フィールド実践・研究推進論Ⅱ 後期 2017年度
    フィールドスタディA 通年 2017年度
    国際インターンシップA 通年 2017年度
    フィールドワークA 通年 2017年度
    サービスラーニングA 通年 2017年度

    活用可能な分野(社会への貢献等)

    学生のかかわりによって推進される案件については、分野を問わずご相談ください。これまで、地域活性化、農水産漁業、国際協力、サービス業、環境教育、男女共同参画推進等の「現場」で、学生たちが様々な活動に携わっています。「大学教育と人材育成」「キャリア教育」に関する講演の他、新卒社員育成・働く上での「ふりかえり(リフレクション)」に関する研修(単発から半年に渡るものまで)の開発、実施をしています。また、参加型の場づくり・ワークショップ等のファシリテーター・コーディネーターとしての活動もしています。

    研究者としてのニーズ

    組織内人材育成における課題、新卒・新人の傾向、活躍しているスタッフの資質・能力等についての情報。

    関連領域

    • 体験学習
    • 地域交流
    • 国際交流
     

    キーワード

    体験的な学習, キャリア教育, アクションラーニング, 学習動機, 生涯学習, 地域貢献, 国際協力, 持続可能な社会のための教育

    高校等への出前講義テーマ

    -「大学で学ぶ」を問い直す、考えられるようなワークショップ式講義。国際協力、イスラム教、グローバル化等のテーマに沿って、「大学で『学ぶ』」を捉えなおすワークショップ実践の経験が多数あります。

    ページTOPへ