福岡女子大学
福岡女子大学 地域連携センター
地域連携センター 女性生涯学習研究部門 産学官地域連携 地域交流部門
研究者データベース
英語版へ
研究者詳細情報
国際文理学部 国際教養学科
研究者一覧へ戻る
教授

山下 哲生

ヤマシタ テツオ

略歴

1978年 東京大学法学部第二類卒業 法学士取得
1978年 外務省入省
1978年 外務省アジア局
1979年 在アメリカ合衆国日本国大使館 外交官補 在外上級研修員
1980年 米国ハーバード大学ロースクール法学修士課程修了 法学修士号(LL.M)取得
1983年 外務省国際連合局原子力課
1986年 外務省北米局北米第一課 課長補佐
1988年 外務省経済局国際機関第二課 首席事務官
1990年 在インドネシア日本国大使館 一等書記官
1993年 欧州共同体日本政府代表部 一等書記官
1995年 欧州共同体日本政府代表部 参事官
1996年 外務省総合外交政策局総務課企画官
1996年 外務省中南米局中南米第二課長
1997年 外務省外務大臣官房 儀典官
1999年 財団法人 交流協会台北事務所総務部長
2001年 在ドイツ日本国大使館 参事官
2002年 在ドイツ日本国大使館 公使
2002年 在バングラデシュ日本国大使館 公使
2004年 独立行政法人 宇宙航空研究開発機構 国際部参事
2007年 在スウェーデン日本国大使館 公使
2008年 在トロント日本国総領事館 総領事
2001年 株式会社 輸出入・港湾関連情報センター 審議役
2004年 立命館アジア太平洋大学 教授
2017年 福岡女子大学大学院人文社会科学研究科社会科学専攻 教授

取得学位

法学修士号(LL.M)

研究テーマ

国際交流、国際機構、国際協力論、グローバル化と地域主義、日本政治外交史、国際連合平和維持活動への日本の参加と日本国憲法第9条

研究概要

日本国憲法と自衛隊、国際法と自衛隊
 日本国憲法、自衛隊法をはじめとする日本国法制度における自衛隊は、軍隊か。国際法において、自衛隊は軍隊か。自衛隊は合憲か。自衛隊の海外での活動は、これまでの憲法解釈において、合憲、合法、正当なものか。日本は、国際連合加盟国に対して武力攻撃が発生した場合には、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持に必要な措置をとるまでの間、個別的又は集団的自衛の固有の権利を持っているか。

担当講義科目

学部

担当科目 開講期 開講年度 内容
国際機構法 前期 2017年度
国際関係入門 前期 2017年度
ファーストイヤー・ゼミⅠ 前期 2017年度
国際関係演習Ⅱ 前期 2017年度
国際関係特別講義 後期 2017年度
ファーストイヤー・ゼミⅡ 後期 2017年度
国際関係演習Ⅳ 後期 2017年度

大学院

担当科目 開講期 開講年度 内容
国際機構論特別研究 後期 2017年度

活用可能な分野(社会への貢献等)

 外交、国際関係に関する動きについて、歴史的な背景を含めて解説をする。欧州、アジア諸国、米州諸国の状況と日本の置かれている状況の違いについて、男女共同参画社会、少子高齢化、難民・移民の受け入れなどについて解説する。

研究者としてのニーズ

日本国憲法、自衛隊などに関する受け止め方。集団的自衛権の行使に関する判断。

高校等への出前講義テーマ

日本の外務省は、どういう仕事をしているのでしょうか。外国に派遣されている大使館、総領事館に勤務している外交官はどういう仕事をしているのでしょうか。

ページTOPへ