福岡女子大学
福岡女子大学 地域連携センター
地域連携センター 女性生涯学習研究部門 産学官地域連携 地域交流部門
研究者データベース
英語版へ
研究者詳細情報
国際文理学部 AEP担当
研究者一覧へ戻る
講師

Timothy PRITCHARD

ティモシー プリッチャード

略歴

2016/4 – current Lecturer – Fukuoka Women’s University, Fukuoka City.
2006/4 – 2016/3 Lecturer - Kyushu Sangyo University, Fukuoka City.
2006/4 - 2008/2 Lecturer - Fukuoka Jogakuin Junior College, Fukuoka City.
2006/4 - 2008/2 Instructor - Interac Co., Ltd, Fukuoka City.
2005/9 - 2006/4 Assistant Language Teacher - Interac Co., Ltd., Fukuoka City.
2004/10 - 2009/12 Master Degree – TEFL/TESL. University of Birmingham, England.
2002/7 - 2005/7 Assistant Language Teacher, Kashii Senior High School, Fukuoka.
1992/8 - 2002/7 Aeronautical Information Analyst, SITA, London, England.
1989/9 – 1992/7 Bachelor of Science Degree - B.Sc., Biological Sciences, Plymouth University, England


取得学位

Master Degree – TEFL/TESL. University of Birmingham, England

研究テーマ

EFL Student Motivation; Positive Psychology; Attributions for Success and Failure

研究概要

My research is based on the attributions (or reasons) why students believe they succeed and fail, and how these beliefs, along with past experiences, affect student motivation to study English. I am also examining fixed and growth mindsets in students, along with short and long-term goals, and how these factors can affect student motivation to study English and ultimately how English proficiency is affected in the long-term.

主要研究業績等

所属学会

2002 – current: The Japan Association for Language Teaching (JALT).
2002 - current: English Teachers in Japan (ETJ) member.
2006 - current: Japan Association of College English Teachers (JACET).
2014, 2015, 2016: JALT PanSIG Conference Treasurer.
2014 – 2016: JALT National officer - Treasurer Liaison,
2014 - current: Fukuoka Chapter Treasurer and Bilingualism Special Interest Group (Bilingualism SIG) Treasurer.


担当講義科目

学部

担当科目 開講期 開講年度 内容
学術英語リーディングⅤ 前期 2017年度
学術英語リーディングⅠ 前期 2017年度
学術英語コミュニケーションⅠ 前期 2017年度
学術英語ライティングⅢ 前期 2017年度
学術英語リーディングⅡ 前期 2017年度
学術英語コミュニケーションⅢ 前期 2017年度
英語上級Ⅲ 後期 2017年度
学術英語ライティングⅣ 後期 2017年度
学術英語リーディングⅢ 後期 2017年度
学術英語ライティングⅡ 後期 2017年度
学術英語コミュニケーションⅡ 後期 2017年度
学術英語リーディングⅣ 後期 2017年度

関連領域

  • 外国語教育
 

ページTOPへ