大学院の紹介

人文社会科学研究科言語文化専攻 博士後期課程

研究科の特徴と教育目的

グローバルな視点から、高度な専門知識を有し自立したリーダーとしての研究能力を備えた人材の育成を目的とし、福岡女子大学大学院の特色を活かして、多彩な分野において活躍できる女性を養成します。

人文社会科学研究科の理念・目的等に関する規則

アドミッション・ポリシー(学生受入方針)

福岡女子大学大学院人文社会科学研究科博士後期課程のアドミッション・ポリシー

  • (1) 人間の文化や言語あるいは国際的な経済、政治、社会や企業活動等から生じる問題や現象に関心 が高く、自立した研究者としての素養と独創性を有すること。
  • (2) 研究に対する倫理観を有し、真摯に取り組む姿勢を持っていること。
  • (3) 研究成果を女性が活躍する男女共同参画型社会の創造のために提案・還元する意欲を有すること。このアドミッション・ポリシーに基づき、各専攻では以下のような者を募る。言語文化専攻・歴史や言語文化活動に強い関心と研究意欲をもち、自立した研究者を目指す者・社会において専門知識を活かし、リーダーとして国内外で文化を発信し広く活躍できる者・教育の現場で活躍し指導的立場に立とうとする者・生涯を通じて研究者としての研究活動をめざす者社会科学専攻現代の国際社会のあり方や企業などの経済活動に強い関心を持ち、国際社会の複雑化する課題解決に 意欲がある人を求める。修了後の進路は多様であるが、高度な専門能力を基に次代の女性リーダーとして国際社会での活躍や専門的な研究・実務活動を行うことを期待する。

カリキュラム・ポリシー

人文社会科学研究科のカリキュラム・ポリシーは、次のとおりである。
人文社会科学研究科では、大学院の目的及びアドミッション・ポリシーに基づき、グローバル化し多様化する国際社会が求める豊かな人間性と高度な専門能力を備え、社会の各分野で次代をリードする人材を育成するため、2つの専攻(言語文化専攻及び社会科学専攻)を置き、次の方針に沿ってカリキュラム(教育課程)を編成する。

  • (1) 研究の倫理観をもって学生が自らの研究を国際的な広い視野から発想・展開し、独創的な研究を行う能力の基盤を育成するために、専攻横断的な共通科目を設ける。
  • (2) 国外の連携機関との教育研究交流や海外での調査活動を通して、学生に社会との密接なつながりをもつ研究への視点を与えるため、国際研究活動の機会を設ける。
  • (3) 学生が自らの研究テーマに沿って系統的な履修を行い、研究実施能力、研究の妥当性に対する判断力、文献調査能力等を育成するため、専門科目を設ける。
  • (4) 専門性の確保と学際的な学びを両立させ、深みと広がりをもった研究能力を育成するため、修士特別研究を設ける。

ディプロマ・ポリシー

人文社会科学研究科のディプロマ・ポリシーは、次のとおりである。

  • (1) 所定の単位を修得し、広い視野と探究心、及び高度な専門性を活かし、次代の女性リーダーとして社会や教育研究分野で活躍する能力や、女性のライフステージで直面する課題を克服し、生涯学究的な態度を失わずに多方面で活躍する能力を身に付けていること。
  • (2) 所定の年限在学し、修士論文の審査及び最終試験に合格すること。

スケジュール

  事項・内容 担当者
1年次
4月 ●新入生オリエンテーション
履修規定説明、履修登録指導
研究科長(専攻長)
教務担当教員
  ●研究概要書の提出及び指導教員・副指導教員決定 専攻会議・教授会
5月末 ●指導体制の確認  
  ●博士論文研究題目の決定 指導教員・副指導教員
4月~9月 ●研究計画書の作成  
   研究開始(定期的に報告)  
10月~3月 ●履修状況や研究の進捗状況に応じた研究指導、学会発表指導等 指導教員・副指導教員
  ●(年次報告)論文構想報告書  
2年次
4月~3月 ●研究計画書の修正(定期的に報告) 指導教員・副指導教員
  ●(年次報告)論文構想報告会  
  ●履修状況や研究の進捗状況に応じた研究指導
(学会発表、学術雑誌への論文発表等)
指導教員、副指導教員
3年次
4月~7月 ●研究計画書の修正(定期的に報告) 指導教員・副指導教員
7月 ●予備論文提出 研究科教授会
   予備論文審査 審査委員(主査・副査)
8月 ●博士論文提出資格審査 提出資格判定 研究科教授会
11月末 ●博士論文提出 研究科教授会
12月~  公開審査の実施 審査委員(主査・副査)
2月末  審査結果と修了判定 研究科教授会
3月 ●修了者の学位授与  

社会人の入学について

  • (1) 社会人の受け入れ生涯学習の一環として、大学を卒業し企業、教育機関、官公庁、各種施設等で活躍している社会人が、さらに高度な学域や技術を修得するために大学院へ進学しようとする機運が高まっています。本研究科では、このような向学の志を抱く社会人に積極的に応えるために、一般選抜に準じた選抜試験を課したうえで受け入れ、下記の制度をはじめ種々の履修方法を準備しています。
  • (2) 社会人学生の長期履修制度について意欲ある社会人の入学を促進するために、入学時における自らの計画と申告に基づき、博士前期課程同様、標準修業年限を超える年限で課程を修了することを認める「長期履修学生制度」を導入します。なお、「出産、介護等相当の事由があると認められる者」についても、これを認めます。

遠隔指導について

多様な学習環境に配慮した研究指導の在り方として、交換留学制度に基づき、海外の協定校に留学するが学生と留学生特別選抜及び社会人特別選抜により入学した学生を対象に、インターネット電話サービス等を用いた遠隔指導を行うことができるものとします。但し、沿革指導は修士(博士)論文作成のための指導に限ります。なお、本指導方法を受けることができる学生は、研究科教授会で認証された者に限ります。