大学院の紹介

人間環境科学研究科 博士前期課程

研究科の特徴と教育目的

人間環境科学研究科人間環境科学専攻は、健康科学・生活科学・理学・工学・社会科学といった学問領域を統合化することによって、健康科学と環境科学及びその基盤である自然科学の観点から、「健康な生活を支える環境調和型社会づくり」を目指す「人間環境科学」の発展に寄与します。そのため、環境自然科学領域、栄養健康科学領域、環境マネジメント領域を設置し、高度な研究能力と知識を持ち、創造性に富む人材の育成を教育理念としています。
研究科・専攻の学生には、教員と学生の距離が近い少人数教育の利点を生かして実験・実習・フィールドワークを自主的に実施し、大学院での学びを積極的に社会に還元することが求められる。したがって、学生には下記のような能力・意欲を期待します。

  • (1) 健康・環境分野に関心が深く、自らを高める向上心に満ち、かつ知的好奇心や創造性に富んでいること。
  • (2) 研究・実験に対し、積極的かつ主体的に取り組む姿勢を持っていること。
  • (3) 化学や生物学を中心とする一般的な自然科学の知識を有していること。
  • (4) 健康環境・自然環境・生活環境に関わる現実的諸問題に関心が高いこと。
  • (5) 研究成果を健康な生活を支える環境調和型社会の創生のために社会に提案・還元する意欲を有すること。

人間環境科学研究科の理念・目的等に関する規則

アドミッション・ポリシー(学生受入方針)

人間環境科学研究科のアドミッション・ポリシーは、次のとおりです。
生活科学・理学・工学・社会科学といった学問領域を統合化することによって、健康科学と環境科学及びその基盤である自然科学の観点から、「健康な生活を支える環境調和型社会づくり」を目指す「人間環境科学」の発展に寄与します。そのため、環境自然科学領域、環境マネジメント領域、栄養健康科学領域を設置し、高度な研究能力と知識を持ち、創造性に富む人材の育成を教育理念としています。 研究科・専攻の学生には、教員と学生の距離が近い少人数教育の利点を生かして実験・実習・フィールドワークを自主的に実施し、大学院での学びを積極的に社会に還元することが求められます。 したがって、学生には下記のような能力・意欲を期待します。

  • (1) 健康・環境分野に関心が深く、自らを高める向上心に満ち、かつ知的好奇心や創造性に富んでいること。
  • (2) 研究・実験に対し、積極的かつ主体的に取り組む姿勢を持っていること。
  • (3) 化学や生物学を中心とする一般的な自然科学の知識を有していること。
  • (4) 健康環境・自然環境・生活環境に関わる現実的諸問題に関心が高いこと。
  • (5) 研究成果を健康な生活を支える環境調和型社会の創生のために社会に提案・還元する意欲を有すること。

また、意欲ある社会人の入学を促進するために、入学時における自らの計画と申告に基づき、標準修業年限を超える年限で課程を修了することを認める「長期履修学生制度」を導入します。

カリキュラム・ポリシー

人間環境科学研究科のカリキュラム・ポリシーは、次のとおりです。
人間環境科学研究科では、大学院の目的及びアドミッション・ポリシーに基づき、「健康な生活を支える環境調和型社会づくり」に関する専門知識と技術を理解し、独創性と先端性に優れた研究を可能とする能力を身に付けた人材を育成するため、3つの領域(環境自然科学領域、栄養健康科学領域、環境マネジメント領域)を置き、次の方針に沿ってカリキュラム(教育課程)を編成します。

  • (1) 「健康な生活を支える環境調和型社会づくり」のために必要な種々の基盤となる専門知識・方法論の必要性を認識させ、かつ、複数の専門領域を統合させることによって、環境や社会の問題を解決に導くことができる可能性を理解させるため、基本科目を設けます。
  • (2) 国内外の社会での実践で貢献できる人材育成を目指し、大学・公的機関・民間企業等での体験的学習を実施する研究科共通(キャリア)科目を設けます。
  • (3) 各専門領域での高度な専門的知識や技術の修得を目指し、環境自然科学領域、環境マネジメント領域、栄養健康科学領域における専門科目を設けます。
  • (4) 専門領域における研究能力を養うため、教員が協働して指導する特別研究を設けます。

ディプロマ・ポリシー

人間環境科学研究科のディプロマ・ポリシーは、次のとおりです。

  • (1) 所定の単位を修得し、「健康な生活を支える環境調和型社会づくり」を目指す「人間環境科学」の基礎から応用までを幅広く理解し、健康科学および環境科学の様々な分野における研究、または高度な専門性を必要とする職業を担いうる能力、かつ様々な専門分野を統合する能力を身に付けていること。
  • (2) 所定の年限在学し、修士論文または特定の課題についての研究の成果の審査及び最終試験に合格すること。

スケジュール

   事項・内容 担当者
1年次 4月初旬 ●指導教員の決定 研究科長(専攻長)
5月初旬 ●研究課題の決定  
  ●指導教員による研究指導 指導教員など
2年次 2月上旬 ●修士論文の提出と予備審査 指導教員
2月中旬 ●修士論文発表会 指導教員
2月下旬 ●論文審査と修了判定 指導教員
3月下旬 ●修士号の授与 指導教員