国際化推進基金

国際化推進基金の概要

平成23年4月の新学部(国際文理学部)の発足に伴い、その教育理念をより強力に実現するためには、大学の国際化を積極的に推進するための新たな財源が必要となりました。


このため、学生納付金と県が交付する運営費交付金以外の新たな財源として、「福岡女子大学 国際化推進基金」を創設し、地域、企業の皆様、卒業生の皆様等からの寄附を広く募り、グローバル化にマッチした教育体制、人材育成の充実強化を図っております。


「福岡女子大学 国際化推進基金」の目的

福岡女子大学(以下「本学」という)と海外の大学との学生の交流、学術交流、本学学生の海外における学習活動を促進することにより、本学の国際化を推進し、以て教育活動の充実に寄与することを目的としています。

福岡女子大学 国際化推進基金の事業内容

1.日本人学生の海外留学に対する奨学金の支給
大学の交流協定に基づく海外留学(6ヶ月~1年)
大学が指定する海外研修や体験学習等の短期プログラムに参加する日本人学生に対する奨学金の給付。
2.優秀な外国人学生の留学生招致
海外からの留学生に対する奨学金の給付。
3.その他
基金の目的を達成するために必要な事業。

海外の交流協定校

海外の交流協定校

※国際舞台で活躍する人材を育成するため、アジアをはじめ海外の大学と交換留学に関する連携協定を積極的に進めています。
本基金の活用により、長期・短期の海外留学プログラム(交換留学、文化・語学研修、海外体験学習)を幅広く実施していきます。

「福岡女子大学 国際化推進基金」の推進体制

福岡女子大学国際化推進基金管理運営委員会

学長を委員長とする、学外の方(法人経営協議会委員、同窓会役員)を含めた「福岡女子大学国際化推進基金管理運営委員会」を設置し、基金の活用や募金活動に関する企画・立案など、基金の目的を達成するための事業を行います。

福岡女子大学国際化推進基金管理運営委員会