学部・大学院

人間環境学部 栄養健康科学科

人間の健康を目的とした食生活の確立

学科の特色と教育目的

人間環境学部 栄養健康科学科

本学科は、人間が生きていく上で不可欠な「食」の科学に関する理論と技術を総合的に学び、食と人・健康・社会環境に関する基礎教育と、管理栄養士として必要な知識や技術を系統的に習得できる専門教育を充実させ、「食と健康に関する専門家」として社会の各分野で活躍できる人材の育成を目的にしています。

食事は人間の健康を直接左右するものであり、人間の健康の維持・増進あるいは医療など、健康寿命の延伸や生活の質の向上には欠かすことができないものです。この「食」と「健康」の関わりを主要テーマとして、研究・教育を行うことが本学科の最大の特徴です。

アドミッション・ポリシー(学生受入方針)

本学科では、以下のような「人」を求めています。

取得可能な資格

本学を卒業すると学士の学位が授与されます。また、資格取得に必要な科目を履修した場合は次の資格が得られます。
(要件:所定の科目・単位を修得することによって、卒業と同時に取得できます。)

  • 管理栄養士国家試験受験資格
  • 栄養士免許
  • 栄養教諭一種免許状
  • 中学校教諭一種免許状(家庭)
  • 高等学校教諭一種免許状(家庭)
  • 学校図書館司書教諭資格

活躍できる分野(卒業後の進路)

  • 病院や学校、保健福祉施設、スポーツ分野等で栄養ケア&マネージメントを担う管理栄養士、栄養・食生活行政や食育・栄養教育等、食環境づくりを担う公務員
  • 中学校・高等学校の家庭科教員
  • 食品関連企業の商品開発や広報
  • 大学や研究所の教育及び研究