学部・大学院

人間環境学部 生活環境学科

人間の生活環境を生活者の視点からつくる。

学科の特色と教育目的

人間環境学部 生活環境学科

本学科における教育・研究の基本テーマは、人間の生活環境を生活者の視点から管理・設計することです。そのために(1)人間の生活環境に内在する多様な問題を発見する能力の養成、(2)またそれら諸問題を解決する能力の養成、(3)さらに諸問題の解を総合的にコーディネートし、人間にとって望ましい生活環境や生活財・生活手段を企画・立案・設計する能力の養成を目指しています。

以上のような目標を実現するために、本学科の専門教育科目の構成は、よこ糸として、(A)問題発見・基礎科目の課程、(B)問題解決の課程、(C)総合化の課程を位置付けています。

さらに本学科においては、具体的テーマに基づく二つのコース「生活デザイン履修コース」、「生活環境管理履修コース」を設定し、それをたて糸に位置づけています。「生活デザイン履修コース」におけるテーマは、人間を取り巻く生活環境の物理的・生物的因子(熱、空気、光、音、カビ、細菌など)や、精神的・心理的因子(美意識、生活意識、人間関係、倫理観など)に存在する諸問題の総合的な検討をとおした、調和のとれた生活空間・生活財の設計です。

また「生活環境管理履修コース」におけるテーマは、近年深刻さの度合いを増しているエネルギー・資源問題やごみ(廃棄物)問題、環境汚染の問題などに対応した資源循環型社会における環境保全です。

アドミッション・ポリシー(学生受入方針)

本学科では、以下のような「人」を求めています。

取得可能な資格

本学を卒業すると学士の学位が授与されます。また、資格取得に必要な科目を履修した場合は次の資格が得られます。

  • 中学校教諭一種免許状(家庭)
  • 高等学校教諭一種免許状(家庭)
  • 学校図書館司書教諭資格
  • インテリアプランナー登録資格
  • 2級建築士受験資格
  • 栄養教諭一種免許状

活躍できる分野(卒業後の進路)

  • 生活改善普及員
  • 消費生活アドバイザー
  • テキスタイルアドバイザー
  • その他環境評価関連分野の国・自治体・民間企業の各部門
  • 中学校・高等学校の教諭
  • 大学・短大の教育・研究職