学部・大学院

学科ポリシー

国際教養学科ポリシー

教育目標

グローバル時代の社会や文化について学び、それらを相対的に捉える力と国際コミュニケーション能力を身に付け、国際共生の理念を踏まえ、国内外で文化交流、国際協力、ビジネス活動など幅広い分野で積極的に活躍できる人材を育成するための教育研究を行う。

学位授与方針【学士(国際教養)】(ディプロマ・ポリシー)

以下の能力等を有し、所定の単位を修得した者に学位を授与する。

教育編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

国際教養学科では、グローバル時代の世界の社会や文化について学び、国内外で文化交流、国際協力、ビジネス活動など、幅広い分野で積極的に活躍出来る人材を育成する。その教育目標を達成するため、以下の方針に基づき、教育課程を編成し実施する。

アドミッション・ポリシー

日本、東アジア、欧米の言語や歴史、文化に真摯な関心を持ち、グローバル化された現代を生きる上で重要な政治や法律、経済や経営を学んで、多様な視点から地域や国際社会に貢献する強い意志を持った学生を求める。学生の選抜にあたっては、以下のような学生の受け入れを目指す。

<入学者選抜の基本方針>

・国際社会におけるさまざまな課題の探求や解決に意欲的に取り組むことのできる学生
・国際教養学科の専門分野を学習するために必要な基礎学力を有している学生
・主体性、協調性があり、国際社会で女性リーダーとして貢献する意欲を持った学生
・国際教養学科の専門分野に強い関心を持ち、基礎的な理解力、論理的思考力、表現力があり、かつ、学習意欲の高い学生

<入学者選抜方法>

環境科学科ポリシー

教育目標

人間社会の「持続可能性」を実現するため、自然科学と社会科学の文理に亘る学問的知識を統合して考える能力を修得させ、国際化する多様な現代社会の中で環境や社会システムの問題を解決に導くことができる人材を育成するための教育研究を行う。

学位授与方針【学士(環境科学)】(ディプロマ・ポリシー)

以下の能力等を有し、所定の単位を修得した者に学位を授与する。

教育編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

環境科学科では、自然科学と社会科学の文理に亘る学問的知識を統合して考える能力を修得させ、国際化する多様な現代社会の中で環境や社会システムの問題を解決に導くことができる人材を育成する。その教育目標を達成するため、以下の方針に基づき、教育課程を編成し実施する。

アドミッション・ポリシー

環境科学科は、環境と調和する世界の実現に関心を持ち、社会システムや、地域や国のあり方、或いは市民生活と環境との関係について科学的に学ぶ意欲を持った学生を求める。学生の選抜にあたっては、以下のような学生の受け入れを目指す。

<入学者選抜の基本方針>

・環境に関するさまざまな課題の探求や解決に意欲的に取り組むことのできる学生
・環境科学科の専門分野を学習するために必要な基礎学力を有している学生
・主体性、協調性があり、国際社会で女性リーダーとして貢献する意欲を持った学生
・環境科学科の専門分野に強い関心を持ち、基礎的な理解力、論理的思考力、表現力があり、かつ、学習意欲の高い学生

<入学者選抜方法>

食・健康学科ポリシー

教育目標

食・健康学科は、「人間の健康の維持・増進に関する専門知識・技能」、「食の安全・安心や食文化」を併せて多元的なものの見方や考え方、総合的な判断力や創造力を身に付け、食のグローバル化が進む社会で「食と健康」という人の生存に関する最も本質的な課題の解決に貢献できる人材を育成するための教育研究を行う。

学位授与方針【学士(食・健康学)】(ディプロマ・ポリシー)

以下の能力等を有し、所定の単位を修得した者に学位を授与する。

教育編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

食・健康学科では、食の安全・安心や食文化、人間の健康の維持・増進に関する専門知識・技能を併せて多元的なものの見方や考え方、総合的な判断力や創造力を身に付け、食のグローバル化が進む社会で「食と健康」という人の生存に関する最も本質的な課題の解決に貢献できる人材を育成する。その教育目標を達成するため、以下の方針に基づき、教育課程を編成し実施する。

アドミッション・ポリシー

食・健康学科は、現代の市民生活における健康を、栄養の視点や、食の供給や安全についての国際的視点から捉え、科学的に学ぶ意欲を持った学生を求める。学生の選抜にあたっては、以下のような学生の受け入れを目指す。

<入学者選抜の基本方針>

・食と健康に関するさまざまな課題の探求や解決に意欲的に取り組むことのできる学生
・食・健康学科の専門分野を学習するために必要な基礎学力を有している学生
・主体性、協調性があり、国際社会で女性リーダーとして貢献する意欲を持った学生
・食・健康学科の専門分野に強い関心を持ち、基礎的な理解力、論理的思考力、表現力があり、かつ、学習意欲の高い学生

<入学者選抜方法>