学部・大学院

国際文理学部 食・健康学科

食と健康に関する知識を身につけ、国際的な視点で食や健康問題の解決に貢献できる女性へ

社会の大きな変化に伴い、世界各地で食生活の改善や栄養問題の解決などが課題となっている現在。食の安全性や食物供給の海外依存など国内の問題はもちろん、発展途上国における食糧難の問題などを積極的に解決できる人材が必要です。これらの食や健康に関する課題を主体的に解決するために、高度な専門知識と技術を修得することを目標としています。卒業後、すぐに最前線で活躍できるように管理栄養士国家試験の受験資格取得科目を提供するとともに、関連する環境科学や国際社会の知識も習得。社会の核となって食と健康に関わる問題に積極的に取り組む人材を育成していきます。



ポリシー

教育目標

食・健康学科は、「人間の健康の維持・増進に関する専門知識・技能」、「食の安全・安心や食文化」を併せて多元的なものの見方や考え方、総合的な判断力や創造力を身に付け、食のグローバル化が進む社会で「食と健康」という人の生存に関する最も本質的な課題の解決に貢献できる人材を育成するための教育研究を行う。


学位授与方針【学士(食・健康学)】(ディプロマ・ポリシー)

以下の能力等を有し、所定の単位を修得した者に学位を授与する。
(1)食と健康の基礎として、健康の維持・増進、疾病の予防・治療・再発防止、地域での連携を主体的に探求し理解できる能力
(2)栄養状態の維持・改善を図るために必要となる知識や技能を身につけ、実社会で必要となる多職種連携や地域連携を図り、チームリーダーとして専門的立場から実践し評価する能力
(3)国際的に通用する外国語コミュニケーション能力を有し、個人や集団に対して健康状態・栄養状態を総合的に評価・判定できる能力
(4)食と健康を取り巻く栄養問題に対し、学問的な知識・方法・考え方を身につけて、様々な場面で活用する能力


教育編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

食・健康学科では、食の安全・安心や食文化、人間の健康の維持・増進に関する専門知識・技能を併せて多元的なものの見方や考え方、総合的な判断力や創造力を身に付け、食のグローバル化が進む社会で「食と健康」という人の生存に関する最も本質的な課題の解決に貢献できる人材を育成する。その教育目標を達成するため、以下の方針に基づき、教育課程を編成し実施する。
(1)大学で自ら学問するのに不可欠な基礎能力及び国際性と多元性を備えた思考力を涵養するため、「学部共通科目」を設ける。学部共通科目は、「ファーストイヤー・ゼミ」、「学術言語プログラム」、「外国語科目」、「情報活用科目」、「日本文化理解科目」、「キャリア形成科目」及び「共通基盤科目」から構成する。
(2)各学科に共通する国際、環境、健康の知識を習得させ、各学科の学びを有機的に関連づけて文理を統合した多元的かつ統合的な理解力を獲得するため、「学部共通専門科目」を設ける。
(3)食・健康学科の専門領域を体系的に学び、食と健康の諸課題の解決に貢献していくために必要な専門的思考力、判断力を涵養する。このために、「学科科目」を設け、「学科科目」に、「学科基本科目」と「専門科目」を設ける。
(4)「学科基本科目」には、調理や自然科学の基礎科目や、情報関連科目を設ける。
(5)「専門科目」には、管理栄養士養成に必要な科目を含む4つの専門科目群(「グローバル社会の食と健康」、「人の体と心の健康」、「保健・医療・福祉・介護における食と健康」、「食の安全・安心と機能」)を設置し、専門分野における体系的知識や技能を獲得する。また、「食・健康科学基礎演習」などの演習科目を通じて、主体性や表現力、コミュニケーション力を涵養する。
(6)身に付けた知識や技能を統合させ、専門分野における課題発見・解決力を養成するため、「卒業研究演習」及び「卒業論文」からなる「卒業研究」を設ける。
(7)卒業時には、管理栄養士国家試験受験資格、栄養士免許、栄養教諭一種免許、食品衛生管理者(任用)、食品衛生監視員(任用)を取得することができる。


アドミッション・ポリシー

食・健康学科は、現代の市民生活における健康を、栄養の視点や、食の供給や安全についての国際的視点から捉え、科学的に学ぶ意欲を持った学生を求める。学生の選抜にあたっては、以下のような学生の受け入れを目指す。

<入学者選抜の基本方針>
・食と健康に関するさまざまな課題の探求や解決に意欲的に取り組むことのできる学生
・食・健康学科の専門分野を学習するために必要な基礎学力を有している学生
・主体性、協調性があり、国際社会で女性リーダーとして貢献する意欲を持った学生
・食・健康学科の専門分野に強い関心を持ち、基礎的な理解力、論理的思考力、表現力があり、かつ、学習意欲の高い学生

<入学者選抜方法>
(1)一般入試(前期日程・後期日程)
 幅広い基礎学力の把握のため、大学入試センター試験(5教科)を課すとともに、個別学力検査等(前期:英語は必須、化学・生物から1科目選択、後期:小論文)では、高等学校で得た基礎学力を前提に、理解力、論理的思考力、表現力等を評価する。

(2)推薦入試
 基礎学力の把握のため、大学入試センター試験(3教科)を課すとともに、面接では、調査書等の出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、基礎知識、本学科への適性等を総合的に評価する。

(3)外国人留学生入試
 日本留学試験および英語の成績証明書によって、基礎学力や英語コミュニケーション能力等を把握する。小論文で、課題に対する理解力、論理的思考力、表現力等を評価する。面接では、成績証明書等の出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、基礎知識、本学科への適性等を総合的に評価する。

(4)帰国生特別入試
 英語の成績証明書によって、英語コミュニケーション能力等を評価する。個別学力検査等(化学・生物から1科目選択)では、基礎学力、論理的思考力、表現力等を評価する。面接では、成績証明書等の出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、基礎知識、本学科への適性等を総合的に評価する。

(5)社会人特別入試
 英語の成績証明書によって、英語コミュニケーション能力等を評価する。個別学力検査等(化学・生物から1科目選択)では、理解力、論理的思考力、表現力等を評価する。面接では、成績証明書等の出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、基礎知識、本学科の専門分野への適性等を総合的に評価する。


取得可能な資格・予想される進路

取得できる資格

  • 管理栄養士国家試験受験資格
  • 食品衛生管理者(任用)
  • 栄養士免許
  • 栄養教諭一種免許
  • 食品衛生監視員(任用)

予想される進路

  • 食品・健康関連企業の研究開発・生産管理・評価など
  • 食品・健康に関する行政・試験研究機関
  • 医療機関、福祉施設などにおける栄養管理
  • 国際NGO、NPOなどの国際協力機関
  • 栄養教諭
  • 関連する分野の大学院 など

4年間の学び

4年間の学び

管理栄養士養成課程

管理栄養士とは

厚生労働大臣の免許を受けて、管理栄養士の名称を用いて、傷病者に対する療養のため必要な栄養の指導、個人の身体の状況、栄養状態等に応じた高度の専門的知識及び技術を要する健康の保持増進のための栄養の指導並びに特定多数人に対して継続的に食事を供給する施設における利用者の身体の状況、栄養状態、利用の状況等に応じた特別の配慮を必要とする給食管理及びこれらの施設に対する栄養改善上必要な指導等を行うことを業とする者をいう。
(栄養士法 第1条2より)

管理栄養士とは

将来の進路

病院
医療における栄養の専門家として、病気の治療等を目指し、栄養管理・食事指導を行います。
福祉施設
乳幼児、高齢者、障害者を対象とした福祉施設に勤務し、栄養管理と給食管理を行います。
学校
小中学校等に勤務し、学校給食の管理や子どもたちへ食に関する指導を担当します。
研究・教育機関
研究機関や大学・企業の研究室で、栄養学等の研究や専門職育成の教育研究活動を実施。
行政
都道府県・保健所・市町村保健センターに勤務し、健康教育などの公益栄養活動を行います。
その他
学生・勤労福利厚生施設、防衛施設、矯正施設、地域活動など