大学案内

福岡女子大学 <プライド><ユニーク>

100周年とその後に向けた将来構想

福岡女子大学 <プライド><ユニーク> 教育で一流の大学を目指す

2023年に創立100周年を迎える福岡女子大学の教職員及び学生は、その後に向けた将来構想の内容に基づき、「教育で一流の大学を目指す」ために必要な愛校心や心構えである<プライド>を持ち、他大学等に例のない、多くの<ユニーク>な目標を設定して、その実現と実行に取り組んでいます。

公立大学法人福岡女子大学

理事長・学長梶山 千里

沿革・歴史

  • 1、公立初の女子高等教育機関(福岡県女子専門学校)として1923年に創立
  • 2、建学の精神:「次代の女性リーダーを育成」

国際性

  • 1、全寮制
    • English TimeとEnglish Dayの実施
    • 月曜日に学生の自主企画による全員参加の寮活動を実施し、月曜日はアルバイト禁止
  • 2、学生の約70%が卒業までに海外留学を経験
    • 交換留学制度や語学研修など短中長期の海外経験に加え、アジア食文化プログラム(EAT)などの充実した海外体験学習を実施するほか、留学経験の代替支援策としてのEnglish Villageを開催。
    • JASSOよりの支援は最近5年間(2013~2017年度)で約3億円
  • 3、海外有力大学と交流協定を締結し、海外からの外国人向け短期留学プログラムWJC(The World of Japanese Contemporary Culture Program)などの事業を実施(全寮生に占める留学生の割合は約35%)
  • 4、ASEAN-EU域内大学コンソーシアム福岡(Consortium of ASEAN-EU-Fukuoka Universities)によるアジア・欧州の有力大学との交流

教育

  • 1、福岡女子大美術館の設立
    • 日常における志・感性教育、精神文化の醸成への活用に加え、アートマネジメント能力を備えた人材育成や薪能の開催
  • 2、「感性」授業を2018(平成30)年度よりスタート
  • 3、福岡女子大精神文化の醸成
    • 志・感性教育:薪能、ノーベル賞受賞者による若手育成講演会、弱者支援の活動、等
  • 4、文理統合教育
    • Diversityから教育のInnovationを導き出す
  • 5、大学の運営・経営に学生が協力
    • 大学の教職員委員会に学生が参加
  • 6、学生の自己進捗状況のチェックシステム「学修ポートフォリオ」を開発
  • 7、学生と教職員の行動指針として、建学の精神等を記載した「UIマニュアル」を全教職員と学生が常時携帯
  • 8、大学教育再生加速プログラム(文部科学省)を活用した、地域課題探索型の長期学外学修教育の実施
  • 9、内閣府・福岡県の共同事業「女性トップリーダー育成研修」事業に参画
  • 10、「クォーター制」を2018(平成30)年度より全教科で一斉スタート
  • 11、海外高等学校との高大連携
    • ベトナム国家大学付属ハノイ外国語学校より、毎年留学生を受入れ
  • 12、英語教育の重視
    • 2年次までに学術英語プログラム(AEP)15単位を修得

施設

  • 1、大学施設の全床面積の約90%を建て替え(2011~2017年)、2017(平成29)年度に全面改築完了
    • 図書館は県産木材を多く使用し、「森の図書館」をイメージ
  • 2、美術館・図書館等大学施設を一般開放
  • 3、2018年4月から、全面禁煙(スモークフリー)キャンパスを実施

100周年

  • 1、2023年の福岡女子大100周年を迎えるに当たり、「100周年後の未来に向けて」の将来構想を発表
    • Shaping the Future(Our Centennial & Beyond)
  • 2、100周年記念事業として、2つのセンター(女性リーダーシップセンター、国際フードスタディセンター)を設立、文理統合教育の推進と教職協働を促進
  • 3、福岡女子大オーケストラを創設。2023年までに結成し演奏をスタート
  • 4、THE(Times Higher Education)世界ランキング(日本版)で、日本の大学約800校中、総合ランキング48位
    (福岡県で3位、女子大学では2位)