大学案内

大学概要、沿革、校歌

大学概要

本学は、もと福岡県立女子専門学校(文科、家政科)として、大正12年(1923年)に開校しました。これは女子の高等教育を使命とし、全国で初の公立の女子専門学校です。昭和25年(1950年)、第二次世界大戦後の学制改革により、4年制の大学に昇格して福岡女子大学となりました。当初は学芸学部(国文学科、英文学科、生活科学科)のみの一学部でしたが、昭和29年(1954年)に、文学部(国文学科、英文学科)と家政学部(家政学科ー食物学専攻・被服学専攻ー、家庭理学科)の二学部の体制となりました。  
平成5年(1993年)に、大学院文学研究科修士課程(国文学専攻、英文学専攻)が設置されました。また平成9年(1997年)には、大学院文学研究科英文学専攻博士後期課程が設置されました。
一方、家政学部は平成7年(1995年)に改組されて、人間環境学部(環境理学科、栄養健康科学科、生活環境学科)となりました。また平成12年 (2000年)には、大学院人間環境学研究科修士課程(環境理学専攻、栄養健康科学専攻、生活環境学専攻)が設置されました。
平成18年には法人化され、設置者が「公立大学法人福岡女子大学」となりました。そして、平成19年度より大学改革を推進。平成23年4月新たに国際文理学部が開設され、国際化、多様化する社会で幅広く活躍できる女性リーダーの育成に取り組んでいます。

本学は、開学以来91年の歴史と伝統をもち、その間に送り出した12,300余名に及ぶ卒業生は各方面で活躍し、広く社会に貢献しています。

大学概要

大学沿革

大正12年(1923年) 4月17日わが国最初の公立女専、福岡県立女子専門学校開校。
文科59名。家政科54名。初代校長小林照朗。福岡市須崎裏町(現中央区天神五丁目)
大正14年(1925年) 福岡県女子専門学校と改称。
昭和 2年(1927年) 女専卒業生同窓会「筑紫海会」発会。
昭和12年(1937年) 須崎校舎が講堂・体育館を残し全焼。 因幡町仮校舎(旧、県立高女)で授業。
昭和20年(1945年) 6月19日空襲で校舎全焼。須崎の講堂・体育館を仕切って授業。
昭和25年(1950年) 2月20日四年制大学設置認可。初代学長、奥田譲。
4月福岡女子大学開学 4月24日第一回入学式(115名)。
昭和26年(1951年) 旧制・香椎中学あとに移転。香椎新学舎第一年度分完成。
以降逐次充実拡大。
昭和28年(1953年) 11月7日香椎(香住ヶ丘)移転完了。
昭和29年(1954年) 女子大学第一回生卒業式(94名)。
学部を文学部と家政学部の二学部体制に整備
平成 5年(1993年) 大学院文学研究科修士課程設置。
平成 7年(1995年) 第一回大学院修士誕生。 家政学部を人間環境学部に改組。
(環境理学科30名。栄養健康科学科30名。生活環境学科30名。)
平成 8年(1996年) 福岡女子大学同窓会筑紫海会創立70年祝典。
平成 9年(1997年) 大学院文学研究科英文学専攻博士後期課程を設置。
卒業生 女専(1~27回) 2297名 大学(1~44回) 6636名
合計 8933名
平成12年(2000年) 大学院人間環境学研究科修士課程を設置。
平成18年(2006年) 大学の設置者が「福岡県」から「公立大学法人福岡女子大学」となる
平成23年(2011年)

国際文理学部(国際教養学科、環境科学科、食・健康学科)開設。

「国際学友寮 なでしこ」A.B.C棟完成。

平成26年(2014年) 新キャンパス(第一期工事)完成<図書館棟、研究棟、スポーツキューブ等>
平成27年(2015年) 大学院 人文社会科学研究科修士課程、人間環境科学研究科修士課程を設置。

福岡女子大学校歌

福岡女子大学校歌